PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その27

はやぶさニュース!
事業仕分けにも負けず、はやぶさ2がいよいよ2015年の打ち上げを目処に開発されるそうですね!
いや~署名の力ってほんとにすごいですね……そして、スタッフの方のはやぶさにかけた情熱も、あれからちっとも薄れることがないように思います。
はやぶさの魂を受け継いだ弟分の活躍を、今後私も見守りたいと思います!

それでは、続きのはやぶさLです。
お手手繋いで懸命に飛ぶはやぶさLとミネルB。彼らが目指す故郷の星はもうすぐそこなのです。

hayabusa-4coma-27.jpg
地球が見えたぞ~~~~~~~~~~~~!!!

実に、スイングバイの時以来!漫画にして24話目の再会!長かった……(話数にすると急に実感がわく私)

さぁさぁ、いよいよです!
いよいよ、地球に彼らが帰ってきますよ!
続く!

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 22:49 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その26

続きです。

hayabusa-4coma-26.jpg

はい……というわけで、いよいよふたりは帰ってきます!地球に!

描写はなかったですが、ミネルBはあのジャムを食べきっていなくて、しかもイトカワへ旅立つ時にはやぶさLに持たされていたようです。(ようですって)
きっと。ミネルBなりに考えて、ジャムを残していたのでしょう。いざとなったらLにあげようとかね。どうでもいいですが、ミネルBのしゃべり方がだんだん幼児化しているような……。まあ、ちっちゃいから仕方ないですね☆
メロたちには……正直スマンカッタとしか……。
今回のタイトルは「愛を込めて」です。
ミネルBからはやぶさLへ。はやぶさLからミネルBへ。私からふたりへ……そんな感じです。(あ、管制室が置き去りに……)

何気に、大きいLの手とちいさいBの手を繋ぐシーンに萌えたり。


というわけで、いよいよふたりは帰ってきます!地球に!(デジャブ)
はやぶさLの連載も残すところあと5回となっております。はい、全部で31話あります。8月いっぱいの予定です。
そして、22日あたりから、以前ちょろっと言った(言った…よな?)別の連載を始めようかと考えております。
二つの予定……実現したあかつきには、暑さに負けずによく頑張ったと褒めてやってくださいww


続く!

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その25

夏休みということで、はやぶさの持ち帰ったカプセルが相模原のキャンパス内で一般公開されています。
しかし、ただいま長蛇の列ができているようで、何時間も待ちが出ています……。
ああ、こんな時、ドラえもんがいてくれたらなぁ。
ドラちゃんも、宇宙とかハワイとかに小学生連れて行かずに、こういうところに一瞬で連れてったげたほうがいいよ!
東京でも公開されるそうですが、大阪にはきてくれません。
きてくれないかなぁ……(はかない願い)

では、はやぶさLの続きです。気になる引きで大変お待たせいたしました(汗
今回もちょっと引いてますが……。

hayabusa-4coma-25.jpg
別名、ふあふあぱんつの回(台無しだ

さて、ここが「イオンエンジンをお菓子にする」設定での一番の難所でした。
何せこの、管制室の根性の救出作戦が漫画上では水の泡になってしまうのですから(汗)
現に、メロの台詞が途中で切れてて素晴らしい作戦の全貌が明らかにされない、という事態になってしまいました。
楽しみにしてくださっていた方には深くお詫び申し上げます……。

ここで説明させていただくと、このはやぶさの最大のピンチを救ったのは、限られた予算内でありとあらゆる危機的状況を想定した装備を詰め込むことができた管制室チームのド根性でした。
イオンエンジンは、キセノンガスという物質をイオン化し、その時にできるわずかな推進力をまとめてはやぶさを進ませる仕組みになっています。キセノンガスを排出する装置Aと、イオン化する装置Bのふたつがあると思ってください。
そして、イオンエンジンは4基あったうちの1基しか今はまともに動かず、さらに2基が「装置Aか装置Bのどちらか一方が使えない状態」になっていました。
そこで管制室は、2基の装置Aと装置Bを組み合わせて、正常に動く1基のエンジンにしようと思い立ったのです。
しかし、思い立ったとて実行するのは難しい……ところがどっこい!(どっこいて)管制室はちゃんとはやぶさの中に、それを可能にするための回路を搭載させていたんです!
まさに、「こんなこともあろうかと」な展開!
そうして、エンジン2基の推進力を得たはやぶさは、無事に進み続けることができたのです……。

長くなってすみません(汗)
ミネルBもとんでもないとこからジャムを取り出してますね。あ、ぱんつの中に入れてたんじゃないですよ?!
「先生」というのは、イトカワのことですね。
さて、このジャム……いったいどういう経緯でミネルBのぱんつ……じゃない、服の中に入っていたのかというと、それは、次回へ続くのです!

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 15:22 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その24

続きです。


最大のピンチと言えるかもしれない……。

はやぶさLのイオンエンジンを「お菓子を食べて進む」設定にしたのはいいものの、そのせいでここからの表現が微妙になるんじゃないかという点が悩みどころでした(汗)
本来は、イオンが尽きるわけではなく、4コマ目の解説のとおり、稼動していた二基のうちの一基が使えなくなってしまったのです。はやぶさの旅は当初の予定よりもずいぶん長くかかっているので、いろんな部品や計器類は老朽化のためいつ壊れてもおかしくない状態でした。ひどい怪我も負いましたしね……。

絶体絶命の危機に立たされたはやぶさLとミネルB。
彼らはいったいどうなってしまうのか?!

続く!

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その23

『Lと過ごす日々』33万ヒットありがとうございました!

実は、下の記事でキリバンリク受け付けますって書いてたんですよ。そしたらね……
自分でキリバン踏んだっていう。

そんな、暑さどころかうっかり自分の間の悪さにもへこたれそうになる日々ですが、日々遊びに来てくださってるみなさま、コメントや拍手をくださるみなさまに、改めて33万のお礼を申し上げます!

ここでお知らせです。
「Legendary Brains」が更新です!めでBパートに引き続きまして、今回は領主Lパートです。
メデューサの一件も解決し、再会したふたりに、淡い(?)恋心が芽生えはじめます(´∀`*)

そして、本日のはやぶさLです。


ゆっくりゆっくり地球へ近づいているはやぶさLとミネルB。
ミネルBの大きさが定まらないのはご愛嬌ということで……。

イオンエンジンで加速しつつ地球に近づいた後は、精密制御でぐいぐいと地球の引力圏に近づけます。
ここまで、本当によく帰ってきてくれたものです……。

さて、次回、何やら不穏な引きかたしてますが……
続く!

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 21:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。