PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

言葉にならない想いを… マット編

HAPPY BIRTHDAY to Mail!!

今年は忘れてなかったよ!(一年前の恥を自己申告する女)
というわけで、毎度お馴染みのお祝い記事を書こうと思いますが、いつもいつも「本当に本人の誕生日を祝っているのか不明」な記事をお届けしてしまう私です。
何にしたってが絡んでくる。タイトルからしてLが絡んでいる(実は)「(Lに対して)言葉にならない想いを表現」みたいなノリなわけです。だから祝う内容もL絡み。
Lが好きですから、何か?!(キャラに喧嘩売るな)

あまりあほなことばかり言ってられないので、少し真面目に語りましょう。
マットは、ワイミっ子の中でもほとんどLに興味を持ってない子だと思います。ハウスに来た当初は、多少なりとも憧れを持っていたかもしれませんが、ハウスで色々揉まれたりするうちに(色々割愛)自分の好きなことだけ追求するようになったのではないかと。
ゲームばっかりしてて、マイペースな印象が強いマット。
そんな彼の心の中に、Lはどんな風に残ったのでしょうか。
『L』には興味なくても、ひとりの人間としてのLに触れられたなら、何かしら残るものがあったと思います。暖かい何かが。

続きを読むところに妄想文あり。
※捏造設定要注意!
※マットが結婚して父親です
※奥さんは誰でしょう?



「パパ」

リビングのソファで新聞を読んでいると、息子が背後から駆け寄ってきた。

「はい、プレゼント」

そう言って、素早く膝の上に何かを置くと、こちらが言葉を発する暇もなく、あっという間にキッチンの母親の元へと駆け去っていった。
妻が、「何やってんのよ、アンタは」と苦笑する声が聞こえる。
とりあえず、新聞を読むのを中断し、膝の上の「プレゼント」を見た。

…俺が好きなゲームの女キャラの絵。しかも、ちょっと露出度の高い。

うーん、気持ちは嬉しいが…。
子供が描いた絵の割には、露出にリアリティがあるような…。

「上手に描けてるでしょ?」

妻が息子を足にくっつけたまま、大きなケーキを持って戻ってきた。ろうそくがたくさん立ってるバースデーケーキは、ご馳走が並べられたテーブルの真ん中に厳かに置かれる。

「うん、なかなかリアルだ」
「あたしが監修したのよ」

そう言ってニヤリと笑う妻の目が、若干意地悪く光って見えなくもない。
…理解のある女だったな、昔から。
「さすがは、あたしの子よね~」と、妻に頭を撫でられてる息子はというと、目が合えばわざと知らん顔をしてそっぽを向く。しかし、得意気になってる時の癖の、膨らんでいる小鼻は隠せていなかった。

「さぁ、食べましょう」
「ねぇ、ぼくのプレゼントは?」
「ご飯の後でな。パパと一緒に遊ぼう」

『お祈り』の後、歌をうたって、ろうそくの火を吹き消す。

「パパの分も吹いていいわよ」
「いいわよって、お前…」

今日は、俺と息子の誕生日。

☆☆☆

ハウスにいた時は、毎月のように誕生日会があった。
それが、Lの意向であると知ったのは、自分の誕生日会が何回か過ぎた年のこと。それまで、誕生日なんてどうでもいいと思っていた俺にとって、Lが誕生日を大切にしているという事実は、ちょっとした驚きだった。
それから、時が過ぎ、大切な人が増え、俺はゆっくりとLの思いを理解した。

『誕生日は、生まれてきた喜びを確認する日』

愛する者ができた今、その相手とも一緒に確かめ合える日だと、俺は思っている。

食事の後、息子と並んでソファーに座る。

「プレゼント、何?」
「ふっふっふ…じゃーん」

俺は、おもむろに、息子のための新品携帯ゲーム機と、そのソフトを目の前に出した。

「わぁ!買ってくれたんだ!」
「おぅ、お前ももう大きいからな。だが、驚くところはそこじゃないぜ」
「え、どこ?」

「このソフトは、パパが作ったんだ」

ソフトは、企業名が入った箱の代わりに、透明なプラスチックのケースに収められている。
でもって、カートリッジのラベルには、妻の可愛いイラストと一緒に『名探偵Lの事件簿』と書いてあるんだ。



なぁ、L
俺は、あんたを追いかけなかった
だから、俺はあんたのことをほとんど知らない
その他大勢のひとりみたいに、何にもわかっちゃいないのかもしれない
だけど、俺はあんたの『家』で、たくさんのものを得たよ
正直、しんどい思いもかなりしたけれど
胸がむず痒くって暖かくなるようなことも、たくさんあった

だから、俺はあんたにもらったものを、こいつに残していくよ
俺なりにね。



おわり。
マットがいいパパすぐる…?!

☆☆☆

『名探偵Lの事件簿』
※画像はイメージです。

IMG_000405.png
「ぶつ森」かい!

| 妄想文・SS | 17:17 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

明るい奥さんと可愛い息子。平和な日常がこんなにも愛おしいなんて…。マットの最後があまりにも悲惨だったから隊長の妄想文がとっても切ないです~。
マットがLに対して持っていた思いはニアやメロとは違っていたでしょうね。Lを継ぐ3番手だったけど…。

でもって、マット作のゲームwww欲しいわ~。
「事件の証拠を手に入れた」wwwなるほど、ぶつ森www

| まあむ | 2009/02/01 20:48 | URL | ≫ EDIT

監修したんですねwww 「そうそう、そこはもっと××でいいのよ」みたいな(何となく伏せてみました)

Lを追いかけなかった マットならではの Lへの思い。幸せな「日常」に 涙が出そうです。目の奥が つーんってしてます。

当たり前といえばそうかもですが それぞれのLへの思いの違い(スタンスの違い)が いいですね。Lの大きさをしみじみと感じます。

「ぶつ森」的 Lゲームめちゃくちゃ可愛いんですけど!!!しばらく放置していたら 部屋が スイーツの食べかすだらけになって あばばばばば みたいな事になっちゃうんですね!wwww(持ってないけど何となく知っているイメージより)

そして奥さんから マットは 何をもらったんでしょうね~♪

| Yukito | 2009/02/03 00:32 | URL | ≫ EDIT

☆拍手のお返事です☆
>>2/21「名探偵L~」の方へ
拍手&コメントありがとうございます!
あの超人気ゲーム「名探偵Lの事件簿」ご予約の方ですね、承りました!一般発売は、開発者のやる気に左右され、ただ今無期限に延長中です☆

| 夜崎 | 2009/02/03 00:54 | URL | ≫ EDIT

☆拍手のお返事です☆
>>緋陽さんへ
マットのお祝いありがとうございます~!
ははは…マットの結婚後の話とか、何書いてんでしょうね私はwwwパラレルですけど、幸せだからいいですよね~♪
あ、奥さん正解です!おめでとー!奥さんは、旦那さんの好みを熟知しているということですねww
マットは、Lよりもメロやニアと繋がりがあるキャラですから、必然的にLとの絡みが少なくなってしまうんですよね。でも、ハウスにいたからには、何かしらLの影響を受けてるはずなので…いいパパになってもらいました。
ゲーム私も欲しいですよッ!!リアルに作ってくれないかな~。
私の「ぶつ森」のLの部屋は、まさにロイヤルな感じですwwLといえばロイヤル!

| 夜崎 | 2009/02/04 23:17 | URL | ≫ EDIT

>>まあむたんへ
うぅ…ありがとうございます!もしも世界が平和だったら、マットはきっとこんなありきたりな幸せを手に入れていたんじゃないかと思いまして。子供がゲームばっかりしてんのを嘆いたりするんですよwww
マットが三番手っていうのは、なんかテキトーな感じがする私です。ていうか、ニアメロ以下はぶっちゃけランクつけなくてもいいというか(酷)みんなもそういう意識だったんじゃないかしら。

ゲーム欲しいよね!シリーズ何作でも作ってほしいよ~!事件モードと、プライベートモードがあるわけです。Lが普通に生活したりとかするよww

| 夜崎 | 2009/02/05 00:26 | URL | ≫ EDIT

>>Yukiぴょんへ
そうそう。奥さんは旦那さんの趣味を熟知してるわけです。それを指導ととって素直に描く子供。ある意味…幸せ?!
泣けちゃいますよね~、ありがとうございますっ!Lとは少し離れたところにいるからこそ、こういう幸せを手に入れることができたのかもしれませんね。ちょっと寂しいかもだけど、きっとマットにとってはそれが一番いいのです。
Lは神様でも何でもないので、こうやって色んなふうに思われてればいいんですよ~。

あ、よくご存知でwww確かに、放置していたらそんなことになるでしょう。そして、やつが出てくるのです…!ぎゃー!踏みたくない!!!あばばばば!!!
ゲーム起動してないのにお菓子食ってる…?!

奥さんからはすんごいいいものをもらいました。すんごい…

| 夜崎 | 2009/02/05 00:35 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lasthearts.blog80.fc2.com/tb.php/820-87f05a3d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。