PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

キラゲームプレイメモ Ep11-竜崎

長かった「DEATHNOTE キラゲーム」のプレイメモも、今回でラストとなります。みなさん、私のグダグダメモにお付き合い下さってありがとうございました。
さて、今回は攻略本にも載ってるように、隠しシナリオのプレイメモです。おまちかね、真打竜崎の登場ですよ!
この展開のためにゲームを買ったと言っても過言ではありません。そして、その中身は期待を裏切らない竜崎と竜崎ファンに優しい作りになっていました。よかった、ここまでやって本当によかった!
今までで一番長いメモになりそうですが、ここまできたらもう何かの縁です。どうぞ最後までご覧になっていって下さいな♪

※隠しシナリオなので、続きを読むところに隠しました。
未クリアの方はご注意下さい




FC2ブログランキングに登録してます。
よろしければポチッと押してやって下さい。


Episode11 正義-1
いい。竜崎が勝利を収める展開というのがすごくいい。それだけで十分頑張る気が湧いてくる。
前半のストーリーは「神曲」と大体同じです。ただ、プレイヤーキャラがまるっと逆になるので、キラゲームへの導入の仕方とかが違います。台詞も若干変ります。
ノートの科学検証が済むまでに、の方からキラの思考回路を探るためにゲームを提案。それは自らの勝利を微塵も疑わない発言であったが、静かにその時は迫っていた…。

プレイヤーキャラは月、でもL役です。この後のゲームもプレイヤーはL役となるので、ちょっと気分いいですね(月のL役は偽装っぽいけど)ボーナス条件は「崇拝者が検挙されない状態でクリア」です…また、ややこしい。誰かを守りながら戦うのはしんどいですよね。
難易度が最高になってるので、ちょっとでも疑われたらアウトです。しかも、ボーナスのために自分のみならず崇拝者も見つけ、疑われないようにしなければなりません。まずは、全員の発言をじっくり見極め、疑わしい者を見つけましょう。それにしても、黒月くんの必殺発言はL役ではなんの役にも立ちませんね…。
目星をつけたら、崇拝者をかばいつつキラの疑惑度を上げていきます。長期戦の構えでいきましょう。自分で発言するよりは、同調反論で数値を操作した方がいいです。余裕があれば、崇拝者の信頼度を上げておくと、投票パートの時に選ばれにくくなります。それと、あまりないとは思いますが、崇拝者が裁きにあっては条件が満たせませんので…。
結局、ミサがキラで、崇拝者は総一郎でした。嫌な組み合わせです。リンゴもゲット。

…で、ノートの検証が終わり、月とミサは解放。内心歯噛みする竜崎…。でも、負けず嫌いさんな竜崎の台詞は素敵すぎます。

解放その後の条件について
竜崎譲歩できるのはここまでです
ビシッとする時はビシッっとするんだもん!

さらに、隠してたノートを持ってきたミサが本部に再びやって来た時、松田に対して
竜崎いいから言う通りにして下さい
女王様!女王様!(あほか)

…色々と波乱のまま、最終局面へ…


Episode11 正義-2
今度こそ最後のゲームです!そう、Lファンにとってはこれが最後です。
本部に訪れたミサをみて、月に謀られたことを知るレム。ミサの寿命はまた半分に…。焦るレムを、ミサを疑う言葉で巧みに操る月。しかし、それは大きな誤算だった。焦るあまりに、レムは大変な失言をしてしまう…。
そこへ食いつく竜崎。ミサがかつて竜崎によって監禁されていたことを「どうして知っているのですか?」と…。
さぁ、形勢逆転です!虚を突かれた月も、なんとか言い繕って誤魔化しましたが、そんなことで竜崎の疑いは晴れることはなく…。

どんな小さな糸口でも、一度掴んだら離さない!
それが世界の名探偵、L!!
竜崎の静かな宣言が本部内に響きます。13日ルールの検証をすると。当然他の者たちは断固反対だ、しかし!ここですかさずキラゲームを宣言する竜崎!意見が分かれたらキラゲーム!まるでこの時のために捜査にキラゲームを取り入れていたのではと思わせる鮮やかさ!!
竜崎「いいですね、月くん!」
勝負です!

最後のゲームは、最高のゲームでした。素晴らしかったです。
プレイヤーキャラはもちろん竜崎!L役!絶対に負けられません!ボーナス条件は「キラを1回目の投票で検挙してクリア」です。望むところです。
1ターンで勝負をつけなければならないので、1回の発言が重要になります。竜崎は発言力があまり回復しないので、慎重に選びましょう。ですが、この回に限って「難しい!」という方…最初から月にアタリをつけましょう☆「神曲」の時にも書きましたが、月がキラの場合が圧倒的に多い気がします…作り手さんのご厚意?
私も「どうせお前だろ」とアタリをつけました(笑)それでも、素晴らしい連携プレイを見る事ができましたよ。
崇拝者(松田←後で体育館裏にこいや)の邪魔で、なかなか月に疑惑マークがつかなかった…、それでやむなく必殺発言でマークを付けたのです。でも、もう1ターンしかなくて後がない!他の人が疑われれば終わりです。が、その時!
相沢が必殺で全員の疑惑度を下げ!(月だけマークが残った)
ワタリが竜崎(私)の疑惑度↑発言の後押しをし!(月のマーク2個に!)
最後にはみんなが月に投票して、検挙!!


黒月「馬鹿野郎!誰をk
すすすすっごい~!!
ありがとう!ありがとう、みんな!

勝者竜崎「正義は必ず勝ちます」
凄いよ!ヒーローみたいだ!おめでとう!

さて、勝ったのでルールを検証しますかね…
しかし!追い詰められたレムはついに自分のノートに手を伸ばし、ワタリと竜崎の名前を書こうとする…
その時!
竜崎止めなさい、レムさん。あなたの考えている事くらいわかります
おおっ!後光が射して見えるよ竜崎!まるで黄門様のようです。かっちょいい!
既にワタリを介して世界に月とミサがキラであったと通告しているそうですよ!そのまんまるで死んだ魚のような目はなんでもお見通しなんだ!すごいや!
竜崎「もう私を殺しても、ワタリを殺しても、捜査本部の全員を殺しても、弥海沙と夜神月は逃げられません!」
説明くさいけど、なんかカッコイイぞその台詞!
というわけで、月くんおしまいです…。

竜崎「月くん…、何か言っておきたいことはありますか?おそらく13日後には…」
竜崎の言葉に、最後のあがきとばかりにキラの必要性を力説する月。原作と違って悲しい最期がないだけに、ある意味美しい引き際にも見えました。が、言ってる内容は12巻と全く変ってません。
竜崎「いいえ、キラはただの人殺しです。少なくとも私にとっては、そう…」
淡々とキラを否定する竜崎。もし、原作で竜崎がキラを追い詰めていたなら、その時彼はなんと言ったのでしょうか…。謎の多い竜崎の心の内はわかりません…。





史上最悪の凶悪事件は、キラの逮捕で幕を閉じました。
ところで。ゲームではキラは未成年だから顔を伏せて逮捕の報道されたそうですが…、ミサは未成年じゃないし、キラ事件は犯人を顔伏せて報道するような軽い事件じゃないですよね?
そんでもって…、竜崎勝利!のCGは感激するほど嬉しいんですけど…、被って流れる締めの言葉がちょっとね…。

世界が真に求めているのはLか…それとも…

ってもういいよ。原作だけで十分だから…、なんでこっちも後味悪い欝EDにするんだよ~!デスノート知らない人が遊んだら、原作の良さを疑うよ!投げっ放しにするにも、もうちょっとちゃんと投げておくれよ!

※「正義」でリンゴを獲得した場合、その合計数が20個だった時、隠しキャラで黒月が選択可能になります。

何はともあれ、お疲れ様でございました。
ゲーム第二弾でもできたらやりたいです☆



(勝手に勝利竜崎CGにアテレコ)
あの…、私のCGなんですが、どうして13種類しかないんですか?
よく見て下さい。私、結構表情豊かですよ?それに、言いたかないですけど私、主役級なんですよ?それなのに13種類…。
高田清美やさゆさんより少ないなんて…、なんだか何かに激しく負けた気がします…。嫌ですね…そんな世の中は…。

| 『キラゲーム』プレメモ | 21:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いきなりですが

 夜崎様なら、「例え世界中の人間全てがキラの崇拝者になったとしても、私だけはLの側にいつづけます」というのではないかと思いました。
 まぁ……夜崎様のお友達であるジュオン様や、私と同じ考えの人達は沢山いますので、「私だけは」ではなくて「私達は」になるのですが。
 いきなりすみませんでした。
 それでは

| ガロアリル・カルマ・ウォーカー | 2008/10/04 14:46 | URL | ≫ EDIT

>>ガロアリル・カルマ・ウォーカーさんへ
いらっしゃいませ!ようこそようこそ~♪ガロアリルさんとお呼びしてもいいでしょうか?
コメントありがとうございます♪

そうですね。もし世界がそんなことになったのなら、私はきっとそう言います。それも、ただ妄信的にLについていくのではなく、Lの正義を理解した上で私の意志でついていくのです。最後の最期までLを守りますよ!
もちろん、Lを好きな人たちみんなでLを守れば、世界が敵に回ろうとも何も恐れることはありません。
正義は必ず勝つんですよ。

| 夜崎 | 2008/10/06 22:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lasthearts.blog80.fc2.com/tb.php/68-b861fa9a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT