PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

迷作劇場SS「白雪姫」

※19日(土)~20日(月)まで、夜崎とLは絶賛高飛び中です。
※その間の記事は自動更新になっております。迷作劇場SS(ショートショート)をお楽しみ下さい。
※コメント&拍手ありがとうございます!戻りましたらレスさせて頂きますね♪




『白雪姫』


その国の女王は、恐ろしい死神の力を用いて国を支配していました。
女王がただ一言死神の鏡に命を下すだけで、逆らう者は皆たちまち寿命を吸い取られ息絶えるのです。
ある日、女王は鏡の中の死神に語りかけました。

女王「どうだ、リューク?この国に、もはや僕に逆らえる人間などいやしない。愚かな人間どもは、皆神の力と最高の頭脳を持つこの僕にひれ伏すしかないのだ。そうだろ?」

リューク「ククク…ライトよ、お前は大した奴だ。だが、この国に一人だけ、お前に匹敵する頭脳を持っている人間がいるとしたら、どうする?」

女王「何だと?!」

怒り狂った女王は、鏡にその者の姿を映し出すように命じました。幽霊のように白い顔に隈のある大きな目と長い黒髪。およそ見目麗しいとは言えないその男は、なぜか「白雪姫」と呼ばれていました。
白雪姫をなき者にしようと企てる女王に、死神は真っ赤な毒リンゴを差し出しました…。

IMG_000323.jpg

毒リンゴを食べさせられた白雪姫は、ことりと息をしなくなって、その場に倒れ伏しました。
白雪姫を騙すために善人の仮面をつけて近づいてきた女王は、高笑いをしてその場を去っていきました。
残されたのは、白雪姫と一緒に暮らしていた小人たち。彼らは、哀れな白雪姫のために泣きに泣き、彼をベッドの上に運び上げました。

ニア「…もういいでしょう。エル、起きて下さい、エル…」

小人のニアがそっと白雪姫を揺すると、彼は目をぱかっと開けました。それから、口をもごもごと動かして、リンゴの欠片を吐き出したのです。

白雪姫「…まずいリンゴでした」

ワタリ「毒リンゴですからね。口をよくゆすいでおいて下さい。倒れる時、どこかぶつけませんでしたか?」

マット「メロ…お前いつまで泣いてんだよ。エルが倒れたのはフリだろ~?」

メロ「うるっせぇよ…!ちくしょー、女王の奴…見てやがれ!」

B「エル…」

小人のBが近づくと、ゆすいだ口をタオルで拭いていた白雪姫が、ニッと笑いました。

白雪姫「さぁ、これであの女王の殺人の手口もわかりました。みなさん、今までよくやってくれましたね。これで、ようやくあの男の悪事を暴き、捕まえる事ができます…」

こうして、女王は悪事を暴かれ、その座から引き下ろされ牢に入れられたのです。
めでたしめでたし。

| イラスト | 19:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lasthearts.blog80.fc2.com/tb.php/539-84761ff2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。