PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Lと月の関係性 アニメ25・26話を受けて

こんばんは。
昨日言ってた通り、本日はの関係性について私の思うところを書きたいと思います。
私は原作至上主義のL至上主義ですが、Lが生き生きとしてるならアニメだって好きですし、Lが幸せなら誰かとの恋物語だって好きです。
ぶっちゃけ、Lと月のいわゆるBL話だって好きだし、書いたりもします…ウフフ。
なので、今日はデスノ界を騒然とさせたアニメ25話と26話を受けて、彼らの関係性を掘り下げてみたいと思います。
言うまでもなく…BL要素を含んだ話題もあります。あの2話は、アニメスタッフさんの挑戦状ととりました。さぁ、思う存分萌えなさい!という!(受けて立つぜ!)

BL要素を含んだ記事です。意味の分からない方や苦手な方はご覧にならないで下さい。
なっがい上に(疲れました…)やたらと理屈っぽいです。
それでも読んで下さるという方は、下の続きを読むところからどうぞ。




FC2ブログランキングに登録してます。
よろしければポチッと押してやって下さい。


Lと月は、探偵と犯罪者。追う者と追われる者。いわゆる敵同士で、表立っての(?)位置関係は全く対称的です。
しかし、本人達が自覚していたり、第三者の意見にもあるように、ふたりは「似ている」存在でもあります。
すなわち、研ぎ澄まされた頭脳、人を惹きつけるカリスマ性、それに裏打ちされた自信、折れる事なき信念。
そして、幼稚で負けず嫌いな性格、嘘つきで、自己中心的思考の持ち主。
人よりずば抜けて優秀なふたりは、光に属すれば皆を正しい方へ導き、闇に属すれば目的のためには手段を選ばない。
このように、他の追随を受けない位置で「似ている」ふたりの関係性には、他の誰も介入できないような特別なものがあったと思います。

Lと月は敵同士として出会いました。命を懸けるに値する頭脳戦の相手として。決着は、どちらかがいなくなる形でしか有り得ない戦いです。
けれど皮肉な事に、互いに強敵と認め合った相手は、初めて出会う「自分と同じ人間」でもあったのです。
(根拠はあります。月はLのいない捜査本部で「Lがいないとぬるい」と考えていましたし、Lは月が自分より推理ができると言っています)

Lとして、キラとして、互いのしっぽを掴むために、どんな些細な事でも知ろうとするふたりは、やがて対面を果たす事になります。
あの入学式のシーン…思えば、ふたりが初めて出会ったのは、桜舞い散るキャンパスだったんですねぇ…。ロマンチックじゃあないですか…。
(あ…その前にセンターで会ってるか…。でもLはともかく、月はあの時、絶対Lのこと係わり合いになっちゃいけない相手として見てたよね…)
そこから始まるキャンパスライフ…じゃなかった。直接腹の中を探り合う攻防戦です。テニスをしたり、喫茶店でお茶したり、ホテルで会ったり(!)と、端から見れば非常に仲がよさそうですが、実はじりじりと相手を攻める布陣を引いているという、なんとも複雑な関係なのです。
よくそんなに裏の裏の裏を斯いた会話ばかりできますよね…。

で…。
このあたりから妄想になるのですが。敵同士として出会ったふたりは、勝負に負けないためにより多く相手のことを知ろうとしてましたよね。
でもそのうちに…、だんだんと「Lという人間」、「月という人間」に対して純粋な興味を持つようになったんだと思います。前述したように、ふたりは初めての同格の存在です。興味を持たないはずがありません。
さらに、そうやって相手を知るうちに、互いを「理解」できるようになっていったんだと思います。例えば、Lはキラの思想を。月はLのキラに対する執着を。
え~と、そういう描写は原作にはないので…ここは私の完全な妄想ですが…。理解と言っても認める訳じゃないんですよ。ただ、同格の存在なので…互いの思考回路が分かるんじゃないかと思って。読みまくってたじゃないですか、原作でも。

「理解」できると、相手に対する壁がひとつずつ剥がれていきます。
これが…、ちょうど5巻くらいのふたりでしょうかね…。
5巻のLは、も~それはそれは可愛いんですよ~!(ってみなさんご存知ですね)手錠生活で白月と一緒にいるなんてもう、手錠引いて連れ回したいほど可愛いんですよ~!
そう。この時のLは、白月とず~っと一緒にいるんです
話が前後しますが、Lの薄くなっていく壁がいったん止まるのが「何がなんだかわからない」のところらへんです。その後、月が白く(?)なってから急速に壁が剥がれ落ちていくんです。

キラになる前の、本来の月がLの目の前にいる。
本来の月は、正義を愛し、曲がったことは頑として認めず、熱意に溢れ、面倒見もいい…なんとも眩しい男です。
そんな月に、あてが外れたショックを受けつつも…深まる理解のため、惹かれてしまうL。「キラでない夜神月」の登場は、Lを動揺させたのではないでしょうか。月が操られていた…という推理には、もしかしたら本来の月を知ってしまったLの願望が混ざっていたのかもしれません…。「月がキラ」の線も捨ててないので、ほんの僅かなことと思いますが…。

今思えば、手錠生活の頃がLが一番幸せな時間だったのかもしれませんね…。
子供の頃も、ワタリのおかげで幸せだったと思いますが、大人になってからの運命の人との出会いはまた格別ですものね。
Lにとって、初めての対等な相手。交わす会話も高度で、知識も豊富、能力も互角、年も近い…。
白月と24時間寝食も共にしたLは、いったいどんな話をしたのでしょう。どんなことをして、一日を過ごしていたのでしょう。
喧嘩もしました。3人だけど、デートもしました。席を並べて一緒に捜査しました。肩に手を置いたり、PCの前に身を乗り出したりもしました。
まるで、本当の親友のようじゃないですか。

「月くんは私の初めての友達ですから」
あの言葉が今思い出されます…。L…、あの時は嘘のつもりで言ったのかもしれないけど、あながち嘘ではなかったんだね…。
月はLの初めての友達になれたよね…?

こう言っちゃなんですが、月はいい男ですよっ。顔も頭も性格も(白の時は)いいですよっ。いや、相手がLなのでこの際表面的なことは見ないとしても、月はLにとって特別であることはもう確かですよっ。
そんな気になる相手とずっと一緒にいれば、好意も持っちゃうってものですよ!たとえ無意識下の感情だったとしても!
(必ずしもLOVEじゃなくていいんです、この場合)
でなければ、あのLが5巻で楽しそうに(?)している様が説明つきません!(言いすぎかも)
月だって、Lのことを放っておけなかったはずです。今まで自分を疑ってきた相手ですけど、気にもしてないのなら殴って気合入れさせるなんてしないでしょう、この人。
第一、Lのあんなに可愛らしい仕草を一番近くで目の当たりにして、胸キュンしないはずがない!(断言した!)
きっと月は「ああ、こいつは僕がついててやらないと駄目なんだな」と思ったんですよ。年下のくせに生意気にも。
こんなにもお互いのことしか見ていないふたりなんです。Lの幸せを願う者として、大事な娘(!)を奪われるような心境ですが、見守ってあげたいとも思ってしまうのです…ううっ、惚れた弱み。

このように考えると…。25話で雨に濡れるのも構わずLの側へ行った月や(原作黒月なら行かないだろうなと思ってたので)足拭きのシーンも…なんとな~く?納得いくように見えません??(なっがい前置き…
Lは、月の反応が見たくて足を拭いてみたのだとか…Lが濡れててかわいそうだから月は拭いたのだとか…。いや~、妄想っていいですね!

そして…。
こんなに特別に思ってた月にLは…。
月の肩を力の限り掴んでいたL。あの手の中にはどんな想いがあったんでしょうか…?
月のあの顔を見た瞬間「!」となったのは、月がキラだと確信できたから…。そして、月のあんな顔を見せられたから?
心惹かれていた相手の自分に対する想いを知って…悲しかったの…?
………
ううう…っ…(涙)
月…駄目だ…この瞬間のお前だけは許せない…(Lが叩きつけられるのが嫌だから抱き止めたのかと思ってましたけど、あの瞬間のあいつなら、Lに自分の顔を見せるために抱き止めたに決まってる…っ
そしてやっぱりこのシーンは思い出すだけで辛いです…。

そうして…。
Lのいなくなったモニタールームで、Lの使っていたPCを探る月。
Lはもちろん「L」に関する全データを消しただろうけど…
キラ事件に関する記録だけは残していた。
あの記録は…月に見つかるの覚悟で、Lが残したんだと思ってます。
Lなら自分がいなくなった後、月がPCを探るだろうことは分かっていたはずです。月も遠慮はなかったでしょう。
むしろLは、月に見つけて欲しかったのではないでしょうか。

自分が残した成果を…
自分が生きた証を…
月と過ごした時間を…

月に見せつけるために。月の記憶に刻み付けて、決して忘れないようにするために。
これからキラとして生きていく男の、少しでも枷になるようにと。
月はそれを消してしまったけれど、見たからには記憶に刻み付けられているはずです…。

最期に、アニメの月はLの幻を見ましたね。原作月はひどくドライだったので…、あの演出は涙が出るほど嬉しかったです。月L派でなくても、月とLが好きな人なら嬉しかったんじゃないかな…。
月に聞こえた幻聴はきっと「月くん」だ。
そして、あの幻がアニメの月とLのお別れなんだ。
月は…大切なものをみんな、あのビルの中に置いていってしまったんだ…。

| Lと過ごす日々 | 21:15 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは…、スミマセン。コメントの長さの確認が出来なかったので
長くなってしまいました。
編集をするか削除をしようとトライしたのですが…
サーバーが違うせいなのか、不可能でした(汗。
できれば…、一端、このコメントの「削除」をお願いしたいのですが(^_^;)…
お手数をかけしてスミマセンがよろしくお願いいたしますっ。大変恐縮ですっ。

| さくらんぼ~っ | 2007/05/05 01:48 | URL |

 こんにちは。先日は足跡を残してくださいましてありがとうございました、ぺこり。
記事を読ませていただきました。私はLに関しては脆くて、アニデスもビデオにとっただけで観れません。(内容は知っている、ははは。壊れて、ほうぼうに迷惑かけました)読ませていただいた月Lの件ですが、夜崎さんのお話のとおりだと共感です!Lにとっては月以上のパートナーはあり得ないと思います、自分を殺しさえしなかったら。同じ地平をめざさなかった、これにつきますね。信玄と謙信?みたいな。ちがうか。(信玄には高坂弾正がいたっけ)でもいくらキラに憑依されてたとはいえ、月はやっぱり許せないです。関係ない話になるかもですが、男女なら理解しあえたら、一生一緒にいられるのに、同性だったらお互いの成長を見守ることしか許されない・・って辛いですね。常識的なレベルでですよ。性別って何なんだろうって思います。ネットでは恋愛にちかい感情、同性に感じますモンね、精神的には男女の区別なんて関係ないですもんl 好きな人だらけ(笑)
 興味のあるお話をありがとうございました、ラブです!!


| 樹 | 2007/05/05 10:54 | URL |

さくらんぼ~っさん、こんにちは。
えっと、削除依頼とのことでしたので、これでよろしいでしょうか?サーバのこととかよく分からずにブログやってて…すみません。
コメントを送って下さる際にパスワードを入力して下さっていたなら、それで編集できるかと思います。いかがでしょう?

でも、あのコメント消してしまうのはもったいない…!!あんなにたくさん書いて下さったのに。私のあんな長い記事を読んで下さって書いて頂いたコメント、とても嬉しかったです。ありがとうございました!
レスするのが遅れてしまったばかりに…!

受けて立ってみました。気がついたら思いのたけを綴っていましたが…まだあれは序章にすぎないのでした。好きな人に関しては語り出したらキリがないですね。
いや、キリなんかなくていい!一生語っていたい!(今、「いたい」が「痛い」に変換されました…orz)
大変興味深い話題もありがとうございました。なるほど、なるほど…!そ~なんですよ~!と、首を立てに振りまくりました。
よかったら、ぜひまた書き込んでやって下さい!

| 夜崎 | 2007/05/05 12:42 | URL | ≫ EDIT

樹さん、こんにちは♪
こんな長い記事を読んで下さってありがとうございました!共感していただけて、さらに嬉しく思ってます!わ~い!

脆くなる…わかります…。Lのことを考えると、良くも悪くも心の一番脆い部分がギュッと掴まれる気分です。いやん、もっと優しくして!
見てないうちに情報が入ってくるのって辛いですよね!私もそうでした…好奇心が勝ってしまいましたけど。壊れちゃったんですかっ。それは大変だったでしょうね…。

そうですね、月はLのパートナーとなるべき存在でした。月もまた、Lに出会うべくして出会った人間なんです。もしも、なんてあまり言いたくないけれど…、もし、月がキラになっていなかったら…。13巻にもありましたけど、Lとふたりで世界の難事件を解決する正義の『L』になれたんじゃないかと…。

>同じ地平をめざさなかった

本当にそうだと思います。私が月を許せないのは、月が自分でキラになることを選んだからです。その結果が…です。同じ場所を歩きながら辿り着く場所が違うなんて、なんて残酷なのだろう。

おっ、信玄と謙信ですか。樹さんは引き出しが多いですね。こういう関係って、男同士だからこそもどかしいのかも知れませんね。
そう、成長を見守るんですよ!男はでっかく育つものです。守り守られるのも素直にできない…だから見守るのかな?
その昔、衆道というのがありました。男同士で恋しあうのは、子を成すという生物の使命を根源とするのでなく、精神的な交わりなのだという…。人として生まれたからには、精神、とりわけ心の安定を望んでしまうのがサガ。そういう意味で、男同志の関係というのは男女以上に強い絆があるように思われます(偉そうですね(笑)

月Lの話からとんだ話に…すみません!
人を好きになるのに性別は関係ないってことですよねっ。
こちらこそ、ありがとうございました!ラブ☆

| 夜崎 | 2007/05/05 13:14 | URL | ≫ EDIT

ど~もぉ~です。「削除」の件、大変お手数をおかけいたしました(^_^;)…
誠にスミマセンっ。いえいえ、レスの遅い早いなんて全然関係
なかったんです~~。もともと最初に送信した時に、
あんまりにも、長くなってたのに自分でビックリいたしまして…(汗。
それと、内容的に自分のコトを書きすぎていたようでしたので、
それも失礼にあたるような気がいたしまして…
で、すぐに、編集か削除をトライしたのですが…
サーバーが違っていたのでやり方も違いますから…
なんだかよくわかんなくって(^_^;)…、私も自分のところしか
わかっていないまま、今までやってましたもんで…orz(汗。
なるほど、Passを入れておくのですね?…って、FC2さんでは
常識だったのかしらん?(汗。大変・不勉強でゴメンナサイっ(汗&汗。

そんなわけで…、(←どんなワケやねん。迷惑かけて…orz。汗)
純然たる、この記事へのコメントを再送信させていただきます(^_^;)…汗。
普段…、いたってノーマル?(笑)なこの私でさえ…
こと、Lとライトに関してだけは…、ど~~しても、
性別を越えて「何か」を感じずにはいられない…。てか、もう、あの2人は
とにかく惹かれあっていることだけは確かなんです…。
ただ、「恋」とかいった、そんなありきたりな言葉に属するのかどうか…
ま、私は記事では「恋する乙女」という言葉を使ってはしまいましたが…
本当はそれも少し違っているような気がしてます…。
だから…、夜崎さんの記事の、「理解はできるといっても、認め合ってる
んじゃなくって思考回路がわかる」ってところが、超納得…。
それから「好意」をもつことが「必ずしも、LOVEでなくてもいい。」
ってとこもわかります…。何か…ただただ、求めいる?
「他に代われる存在がいない・だけ」みたいな?…
そんなニュアンスが一番しっくりくるような…。
あと…、客観的に観る立場からすると?、…やっぱり、この場合、
「美形同士」ってところにポイントが高いかと(^_^;)…
Lはたしかに独特ですが、それでも可愛いし色っぽいしカッコイイ。
そして…、ライトだって、好みかどうかはさておいて…
どう見ても「ハンサム」(汗。あの「白ライト」の横顔を?…(←キラの記憶がナイのがポイント。)
いつもいつも、すぐ隣でLが見つめていたのかと思うと…
漠然と、ときめいたってなんら不思議がない…、かも。
あの頃のLは…、本当に一番・無邪気で幸せ?そうに見えて…(泣っ。
これで、ライトがブサイク(笑)だったら、お話にもならないんですが(^_^;)…。
悲しいかな、悔しいかな…、あいつはキレイ…orz。
そりゃ~、ず~~っと24時間、側で見てたら…orz。
とりゃ~~っ。(←また、ちゃぶ台をひっくり返してます。汗)
それから、あの26話は…、泣けましたよね…。
つくづく…、ライトのバカ…と思った私です…orz
一番大切なモノが、すぐ隣にあったのに…泣。(←って、結局長い?(^_^;)、汗。)

| さくらんぼ~っ | 2007/05/05 20:46 | URL | ≫ EDIT

さくらんぼ~っさん!よかった、また来て下さって!再びありがとうございます♪
でも、面白かったですよ。さくらんぼ~っさんのご意見聞けるの楽しいので、むしろ歓迎ですよん。パス入れるのは、あの後調べて私自身ようやく知った次第です…お恥ずかしい…。
さて、長い(?)コメント頂けるのも、私の記事に共感して頂いてる故と、とても嬉しく思ってます。きゃっほ~い!(←正直な感情)有り難いです!

惹かれ合う、という感情は、必ずしも男女の間でだけ成り立つ(=恋愛)のではないですよね。むしろこの場合、精神論の方が比重が大きいと思うんです。心が満たされるからこそ、人はその相手をより強く求めてしまうという…。
Lはどんな思いで月と話をしたのでしょうか。ひとつ言葉を交わすたびに、疑惑のメーターが行ったり来たり…。なのに、心は徐々に月に近づいていく…。あの人はキラなのに、あの人に近づきたいと思う自分がいる。
好きそかそういんじゃなく、ただあの人と一緒にいたい。今まで感じたことがないくらい、満たされるから。あの人と話をしたい。あの人を解りたい。あの人に解って欲しい。
ただただ、あの人だけがいい。
そんな感情、結局恋愛と変らないんじゃないの~っ?!って言われてしまいそうですが、本当はラインを引く必要なんてないんだと思います。というか、境界なんてないんだと思ってます。正しく、一線を(自分で引いた)越えるか否か、です(笑)

そうそう!客観的には「美形同士」っていうのは大事ですよ~!実は身長も同じですし♪月もモデル体型なので、華奢なLと見た目だけで優劣が決まらないのがいいですね。
可愛い可愛いLを任せようというんですもの…、やはりあれくらいの美形、そして性格もよくないことには渡せません!(父性、発揮)
しかも…Lが王女様なら…月は…白タイツが似合いそうじゃないですか…!
ずっと近くで白月の顔を観察していたL。特になんの意図もなく「月くんて綺麗ですね」なんて言っちゃいそうです。動揺するがいい、月!

月…本当に馬鹿ですよ。二次元の世界に行って「ばかっ!」って言って殴ってやりたいくらい。もうね!その心に空いた穴は一生埋まらないんだからな、月!うわ~ん!(←泣き逃げ)

| 夜崎 | 2007/05/06 18:46 | URL | ≫ EDIT

夜崎さんも 樹さんも さくらんぼ~っさんも
凄い!!!

記事とコメント感動しつつ読ませて頂きました。
何より皆さんのLへの愛に感動ですし
それぞれのお考えや好みがおありなのに
他の考え方にも理解を示されたり
「Lが幸せであれば・・」とか
素晴らしいです。

そうですよね。月。
あんなに頭もルックスも良くて
何をどこで間違えてあんなことになったのか。
キラにならずにLとコンビを組んでいたら
素晴らしかったでしょうにね。

ところで「書きたいことを書くブログ」というタイトルで
相互リンクしていただいていましたが
「松山ケンイチとLを書くblog」に変更しました。

「書きたいこと」なんて結局、松ケン、松L、Lだけだったので・・(汗
開き直ることにしました。

お手数で大変恐縮ですがお時間のある時に変更お願いできれば幸いです。
これからもよろしくお願いします。

| hanaka | 2007/05/06 21:26 | URL | ≫ EDIT

hanakaさん、こんばんは♪
おおお~っ!!感動していただけましたですかっ!僭越ながら代表してお礼を言わせて頂きます。ありがとうございます!!
この話題がこれだけ盛り上がったのも、さくらんぼ~っさんや、樹さんのように、私の思いを理解して下さり、Lへの愛を熱く語って下さった方々のおかげと思ってます。
もちろん、hanakaさんもです!この記事にコメントして下さってありがとうございます。
L好きな(もちろん松Lも!)みなさんは、本当に優しい気持ちと愛情に溢れた方ばかりで…、みなさんの間にいながら、すご~く幸せを感じる今日この頃です♪

月が、あの道を選んでしまったことは、Lも言ってましたけど、本当に不幸なことです。私は何度「死神さえいなければ」と思ったかしれません。でも、あの子は自分で選んでしまったんですよね…。
もし、月がキラじゃなかったら。若いながらも優秀な頭脳を持つ夜神刑事と、それに目をつけた世界の名探偵Lとの歴史に残る活躍劇が拝めたかもしれません…!大場先生にぜひ書いて欲しいです…!!ああ、妄想が広がる…!

ブログタイトルの変更了解です♪
ほんとだ(笑)でも、hanakaさんは松ケンと「L」が大好きなんだから、それがいいですもんね!
これからもよろしくお願いします!

| 夜崎 | 2007/05/07 21:50 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lasthearts.blog80.fc2.com/tb.php/40-6511cf53

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT