PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ウィンチェスター旅行記 その1

年の瀬も押し迫っている中、お久しぶりでございます。
カエルです。
夜崎です。

大変長らくお待たせいたしました!
本日より、ウィンチェスター旅行記の連載を始めさせていただきます!

【ウィンチェスター旅行豆知識】
毎度おなじみ「CLUBLB」のメンバー中、紗々、まあむ、Yukito、夜崎の4人が計画したLやBやワイミーズの故郷とも言うべき地、ウィンチェスターを訪れるための計画。初めてのオフ会時に立案されたため計画から実行まで二年と数ヶ月を要した。12月1日~9日までの7泊9日をかけて他にロンドン、ウィーンを訪れた。


いや~、イギリスなんて9時間も時差あるような所だし、自分の人生で行く機会なんてあるのかと思ってましたけど、ちゃんと計画したら行けるもんなんですね!
というわけで、ここぞとばかりに現地の写真を撮りまくってきました。
本当は街ごと端から端まで撮りたかったんですけど、一日しか滞在できなかったので、メインとなる場所を主に撮影しました。なんだか、焦ってシャッター切りまくるよりは、自分の目でじっくり見てゆっくり歩き回りたくなるような街なんですよ。
今度は二週間ばかり住んでみたいなぁ。

前回の記事にも書きましたが、今回の旅行の記録は、ウィンチェスターだけとなります。
それでは、続きを読むところから旅行記スタート!

tabinosiori1.jpg
今回の旅行のためのイラストです。


ウィンチェスターに滞在できるのは一日…。
我々は考えた。どうすれば、この限られた時間の中で彼の街を存分に楽しめるのかと。
冬のイギリスは16時には日没して急速に暗くなってしまう。

……単純に朝早く着けばいいんじゃね?

というわけで、当日、6時起床。
まあ、例によって宵っ張りだったりやることあったりで大体夜寝るのは日付変わってからだったんですが。
こんな早起きは後々の起床時間に比べれば余裕余裕。
さあ、身支度して出発しましょう。今日は比較的暖かい模様。(でもヒートテックは上下共二枚重ね)ホテルをチェックアウトして、ロンドンに別れを告げます。
朝食は美味しかったし部屋も綺麗だったけど着いた早々に火災報知器の誤報で二度も屋外に強制退去させられ雪の降る中30分は放置されたこんなホテルには二度と来ません★

そういえば、TDL行った時も火災報知器に夜中にたたき起こされたな……
のろいでもかかってるんだろうか。

☆☆☆☆☆

まだ真っ暗なロンドンの街をスーツケース片手に大移動。
ウォータールー駅から一時間ほどでウィンチェスターへ行くことが出来ます。都心からこの近さという点も、ウィンチェスターで暮らしてみたい!と思う要素の一つです。

243ウォータールー駅から (3)
切符。

243ウォータールー駅から (6)
あ、乗ったのは9番線の電車だった…

電車の中で、スーパーで買ったサンドウィッチとジュースの朝食を。
クリスマスなので、ターキーとクランベリーソースの具材をチョイス。甘っ!うまっ!

243ウォータールー駅から (8)
車窓から見える可愛い家並み。しかしこの景色も、ウィンチェスターに近づくにつれ一面真っ白な雪景色になっていきます。春だったら菜の花畑になるんですって!
今度は春かなぁ~。

252ウィンチェスター駅と駅前

252ウィンチェスター駅と駅前 (2)
ウィンチェスター駅に到着!この辺りから徐々にテンションが上がってきて…

252ウィンチェスター駅と駅前 (1)
キタ━━━━(゜∀゜)━━━━ッ!!

ここがウィンチェスター!
憧れの街、うぃんちぇすたー!
LがBがワタリがワイミっ子が暮らしたかもしれない街…
とくと目に焼き付けようじゃないかっ

252ウィンチェスター駅と駅前 (4)
霧深っ…

☆☆☆☆☆

あらかじめ、現地のガイドさんにツアーを頼んであります。午前中はツアーで一巡りして、午後からは自分達の好きなところへ行く計画です。
ツアーまで時間があるので、駅前でタクシーを捕まえてホテルにチェックインしに行きましょう。
駅前に立った一台止まってるタクシーの運転手のおっちゃんは……いないと思ったら、近くのカフェでごはん食べてました…。

ウィンチェスターでのホテルはこちら!

Mercure Wessex Winchester

なんと、ウィンチェスター大聖堂の真裏にあるんです。部屋の場所が良ければ、窓から大聖堂が見えちゃいます。私の部屋は真裏の真正面!(?)嬉しくて、霧深いまま記念に一枚。

262部屋の窓から
木が邪魔だったか…

各々荷解きをしてから、ロビーへ集合。(こちらでは一人一部屋でした。セレ部ですよセレ部)ガイドさんの待つツーリストインフォメーションを目指します。
ホテルから一歩出るだけで、こんな荘厳な光景を見ることができるなんて。

274ウィンチェスター大聖堂

274ウィンチェスター大聖堂 (2)

274ウィンチェスター大聖堂 (3)
Lも霧に包まれた大聖堂を見たかなぁ。

ここへ来たからには、大聖堂の鐘を聴いて帰る、というのが、私の目的の一つでありました。
事前調査では8時と16時には鳴る、ということしか分からなかったので、16時を目標にここへ戻ってこようと心に決めつつ、いざガイドツアーに出発!
ハイストリートをとことこ歩いてツーリストインフォの前までくると、呼び止められました。
担当してくれるのは、パメラさんという女性。シルバーの髪がくるくるしてて眼鏡でほっぺが赤くてマフラーやらコートやらをいっぱい厚着してるのに足元はストッキングと履きなれたパンプスだけで手提げカバン一つの身軽な格好のおばちゃん。愛称はパム。胸元にツーリストの立派なガイドであることの証のバッジがキラリ☆
しかしまあ…このツアー…英語なんですよね!
というわけで、ツアーの間(ていうか旅行の間ずっとですが!)英語のできる紗々様がずっと翻訳してくれてました。紗っちゃんは大変だっただろうけど、私たちは本当に助かりました。
ありがとう紗っちゃん大好き!

パムからウィンチェスターの地図を貰って、いよいよツアー開始。
まずは大聖堂から。



続く。

| ウィンチェスター旅行記 | 22:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。