2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その25

夏休みということで、はやぶさの持ち帰ったカプセルが相模原のキャンパス内で一般公開されています。
しかし、ただいま長蛇の列ができているようで、何時間も待ちが出ています……。
ああ、こんな時、ドラえもんがいてくれたらなぁ。
ドラちゃんも、宇宙とかハワイとかに小学生連れて行かずに、こういうところに一瞬で連れてったげたほうがいいよ!
東京でも公開されるそうですが、大阪にはきてくれません。
きてくれないかなぁ……(はかない願い)

では、はやぶさLの続きです。気になる引きで大変お待たせいたしました(汗
今回もちょっと引いてますが……。

hayabusa-4coma-25.jpg
別名、ふあふあぱんつの回(台無しだ

さて、ここが「イオンエンジンをお菓子にする」設定での一番の難所でした。
何せこの、管制室の根性の救出作戦が漫画上では水の泡になってしまうのですから(汗)
現に、メロの台詞が途中で切れてて素晴らしい作戦の全貌が明らかにされない、という事態になってしまいました。
楽しみにしてくださっていた方には深くお詫び申し上げます……。

ここで説明させていただくと、このはやぶさの最大のピンチを救ったのは、限られた予算内でありとあらゆる危機的状況を想定した装備を詰め込むことができた管制室チームのド根性でした。
イオンエンジンは、キセノンガスという物質をイオン化し、その時にできるわずかな推進力をまとめてはやぶさを進ませる仕組みになっています。キセノンガスを排出する装置Aと、イオン化する装置Bのふたつがあると思ってください。
そして、イオンエンジンは4基あったうちの1基しか今はまともに動かず、さらに2基が「装置Aか装置Bのどちらか一方が使えない状態」になっていました。
そこで管制室は、2基の装置Aと装置Bを組み合わせて、正常に動く1基のエンジンにしようと思い立ったのです。
しかし、思い立ったとて実行するのは難しい……ところがどっこい!(どっこいて)管制室はちゃんとはやぶさの中に、それを可能にするための回路を搭載させていたんです!
まさに、「こんなこともあろうかと」な展開!
そうして、エンジン2基の推進力を得たはやぶさは、無事に進み続けることができたのです……。

長くなってすみません(汗)
ミネルBもとんでもないとこからジャムを取り出してますね。あ、ぱんつの中に入れてたんじゃないですよ?!
「先生」というのは、イトカワのことですね。
さて、このジャム……いったいどういう経緯でミネルBのぱんつ……じゃない、服の中に入っていたのかというと、それは、次回へ続くのです!
スポンサーサイト

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 15:22 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その24

続きです。


最大のピンチと言えるかもしれない……。

はやぶさLのイオンエンジンを「お菓子を食べて進む」設定にしたのはいいものの、そのせいでここからの表現が微妙になるんじゃないかという点が悩みどころでした(汗)
本来は、イオンが尽きるわけではなく、4コマ目の解説のとおり、稼動していた二基のうちの一基が使えなくなってしまったのです。はやぶさの旅は当初の予定よりもずいぶん長くかかっているので、いろんな部品や計器類は老朽化のためいつ壊れてもおかしくない状態でした。ひどい怪我も負いましたしね……。

絶体絶命の危機に立たされたはやぶさLとミネルB。
彼らはいったいどうなってしまうのか?!

続く!

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その23

『Lと過ごす日々』33万ヒットありがとうございました!

実は、下の記事でキリバンリク受け付けますって書いてたんですよ。そしたらね……
自分でキリバン踏んだっていう。

そんな、暑さどころかうっかり自分の間の悪さにもへこたれそうになる日々ですが、日々遊びに来てくださってるみなさま、コメントや拍手をくださるみなさまに、改めて33万のお礼を申し上げます!

ここでお知らせです。
「Legendary Brains」が更新です!めでBパートに引き続きまして、今回は領主Lパートです。
メデューサの一件も解決し、再会したふたりに、淡い(?)恋心が芽生えはじめます(´∀`*)

そして、本日のはやぶさLです。


ゆっくりゆっくり地球へ近づいているはやぶさLとミネルB。
ミネルBの大きさが定まらないのはご愛嬌ということで……。

イオンエンジンで加速しつつ地球に近づいた後は、精密制御でぐいぐいと地球の引力圏に近づけます。
ここまで、本当によく帰ってきてくれたものです……。

さて、次回、何やら不穏な引きかたしてますが……
続く!

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 21:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その22

私、今からこの時期限定の禁句を言います。


暑くてしにそう(#゚Д゚)


すいませんすいません悪いのは全部夏ですから。

というわけで、今日のはやぶさLです。
3コマ目にこっそりアレが登場してます。


はやぶさの帰り道にかかった時間は4年余り。さすがに、そんなに長い間彼らの帰りを待ち続けられた人たちは限られていたことと思います。
私達が地上で普通に生活している間にも、はやぶさは遠い遠い宇宙で必死で飛んでたんですよね……。
4年前の自分か……まだLのこと好きになってなかったなぁ。それくらい遠い日々かぁ。

地球から最も遠いところにいるのになぜ通信がうまくいくのかといいますと、それははやぶさの太陽パネルと通信のためのアンテナの位置が関係してきます。
今までの場合、充電のために太陽に背中を向けると、頭の上にあるアンテナは上手く地球の方を向きませんでした。
でも、この場所は地球-太陽-はやぶさ間の離角が小さいので(地球から見たらはやぶさが太陽のすぐ側にある)、上手いこと充電しながらアンテナを地球に向けることができたのです。

ちなみに、電波は秒速約30万km(地球7週半くらい)の速さです。



続く。


カウンターがもうすぐ33万ですね!
久しぶりに330000をキリバンにしてみたいと思います。
踏んじゃったよチキショー!という方はすみやかに手を上げてイラストでもマウスカーソルでもお好きなものをリクエスト(あれば)してやってくださいどうぞよろしく

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 21:12 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その21 +おまけ

間に妙なパロ漫画を挟んでしまいましたが、お待たせしました、はやぶさLです。
今回からラストスパートです。いよいよ彼らは地球へ帰ってきます!
いや、でも帰り道は甘くない苦難の道のりですので、そう簡単には帰ってこれないんですけどね。
暑さでダレたり、他の萌えモード(9割LB)に気をとられたりしつつも、大事に描いていきたいと思います。

そういえば、学生のみなさんはそろそろ夏休みなんですよね……
青い空……青い海……弾ける水しぶきと日焼けした肌と水着の跡……いやいや、途中から変になっとる。
そんなものとは無縁だったあの頃の夏……
戻りたいようで戻りたくないね!

これ以上脱線する前にいきましょう。

hayabusa-4coma-21.jpg
Lにとっては大問題(命の危機なのに!)
2コマ目で、Lは再び帆船になるために姿勢変えようとしてます。決してヨボヨボしてるわけじゃ……(汗
ミネルBはそれを一生懸命手伝ってるんですね。可愛い。

地球へ帰るために、はやぶさLはあと一回大きく軌道を変更します。その時はもうだいぶ地球に近づいていて、イオンエンジンを再点火させ、一気に地球への道を走るんです。
でもこの回の時間軸は2007年。
帰ってくるのは2010年。
実に三年間もの長い長い長い間、はやぶさはお腹に老朽化した部品を抱え傷を負い心もとない推進力で懸命に地球を目指して飛んだのです。
ただひたすらに、故郷を目指して。


続く!


そして、↓にも続きが。
前回ちょこっとお話した「はやぶさマウスカーソル」をDLできるようにしました。
ご興味がおありの方はぜひどうぞ。

≫ Read More

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 11:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

とある星のちいさなお話

お待たせしました続きうpしました!


はやぶさLの続きを……と、残り話数をカウントしてる間に色々浮気しておりました。
アレをしたりソレをしたりありおりはべりいまそがり。暑いんです!
本物のはやぶさのマウスカーソル作っちゃったんですけど、需要がさっぱりないような気もするんですけど、近々ここに上げてみたいと思います。

さて、本日の更新は、先日ちょっと思いついちゃったパロディー漫画を載せちゃいます。
何やってんだ、と突っ込まれること請け合いです。
『WALL・E』っていう映画ありましたよね。あの小さな臆病なロボットと、真っ白で可愛いロボットの恋物語?(夜崎さんは本編を全部観てません←)
あれを、LBでパロったらどうなるかな~、と、常々思っていたのですが、こないだちょうどチャットで話が出たので、思い切ってやってみました☆
何やってんだ。

ウォーリーがこえるで、イブがこびー(子B)です。
擬人化が適当でいっそ恥ずかしいですがこれで押し切ります。
配役は逆でもいいんですけど、イブが豹変するところがBっぽいかな~と最初に思ってたので、こうなりました。
元ネタをご存じない方は、映画『WALL・E』の公式ページに行って予告動画をご覧下さい。ネタバレです←

人類のいなくなった星でたったひとり、お片づけをし続けるロボット、ウォーリー(L)。そんな彼の夢は、いつか誰かと手を繋ぐこと。ある日、謎の飛行物体が星に下りてきて、ウォーリーの前に、見たこともない綺麗なロボット、イブ(B)が現れました。スイスイと飛び回るイブを、ウォーリーは物陰からドキドキしつつ見守りますが……
では、どうぞ。


wall-e-2.jpg
コマ割がやっつけすぎて残念……動画には敵いませんがもっと動きが欲しいですよね(汗)
この設定に萌えたよっていう雰囲気だけわかっていただけたら幸いです。

Bの格好には突っ込まないで下さい。←

| 漫画っぽいもの | 23:48 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その20

今日でちょうど一ヶ月。
先月の今頃は、B誕を祝いながら、はやぶさがふるさとの上空をゆっくりと横切っていく姿を雲の向こうに思い描いて、胸を詰まらせていました。
はやぶさは、苦しい思いをしながら飛んでいる。早く「おかえり」と言ってあげたい、と思いながらも、言ってしまったらはやぶさの冒険は終わってしまうから、まだ言いたくないとも思いつつ……。
いよいよとなった時、ネットで中継を見ながら、燃え尽きるその姿を見ながら、涙ながらに「おかえり」と言っていました。
もう、一ヶ月も前のことなんですね。

ついったーではやぶさ情報をフォローしているので、時々スタッフさんが「その後のはやぶさ」の情報を丁寧に教えて下さいます。
はやぶさが守ったタマゴであるカプセルが一般公開される運びになっているようです。
今のところ、相模原と東京しか場所は決まってないんですけどね……。大阪とか周辺にこないかなぁ、カプセル。燃えるはやぶさが、私達に託すように落として無事に届けてくれたカプセル、見たいなぁ。

というわけで、今日のはやぶさL。
一ヵ月後の今日、帰還開始の回を持ってきたのは、偶然なのか必然なのか←

hayabusa-4coma-20.jpg
一見、元気になったように見えるはやぶさLさんですけど、まだまだ重症なんですよ(´・ω・`)

カプセルのフタ閉めは最後の大仕事。
これができていなかったら、たとえ地球まで帰り着いたとしても、大気圏突入の際にカプセルの中身は燃え尽きていたでしょう。本来なら、タッチダウンのすぐ後にすべきことでしたが(漏れたら大変なので)、はやぶさは直後に意識不明になってしまったので、この日まで持ち越されていました。大事な仕事だからこそ、行う時期ははやぶさの体調が万全になるよう、慎重に選ばれました。

はやぶさLとミネルBの、史上で一番長いお使いの帰り道、はじまりはじまり。
続く。

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 23:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その19

今週、はやぶさのタマゴであるカプセルに、微粒子が入っていることを確認したというニュースがありました。
でも、カプセルには、初めから地球上に存在する物質の微粒子が入っていた可能性もあるんです。
地球上で造られてる限りは、どんなに処理を施しても、中に決して何も入らないようにするのは不可能なことです。
だけど、「じゃあやっぱり違うんじゃない?」なんて早々に諦めてしまうことはできないですよ。
数十個の中のほんのわずかでもいいから、イトカワの砂がはいっていればいいと、何が何でも願わずにはいられないですよ。
あの子が長い長いおつかいから帰ってきた姿を見た者にとって、その願いは決して諦めてはいけないものだと思うのです。

そんなこんなで、今日のはやぶさLとミネルB。

hayabusa-4coma-19.jpg
一度きりの弱音。ミネルBがいたから言えたんです。

弾丸発射のための信号は発令されていましたが、何らかのトラブルがあったようで、管制室は「完了」の報告をどうしても見つけられなかったそうです。
当初、採集成功とされていましたが、後々はやぶさLの状態を良く確認できるようになってから、徐々に解ってきた事実でした。
けれど、はやぶさがイトカワまで行って、降りて、触れて、再び飛び上がることができたことも、紛れもない事実。
頑張ったんだよ、はやぶさ!


次回、いよいよ地球への帰還開始!続く!




大変空気読みませんが、左下に肉球置いてみました。「Lが猫になったらこんな感じ」という私のイメージが「えるえる」という名の灰色の猫でして。実はツイッターの壁紙になってるんですが。
クリックするとえもいわれぬ幸せを感じます。どうぞ1ぷに。

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 23:29 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その18

一時的にものすごい雨が降って、すぐやんだあとには、ひんやりと冷たい風がよく吹いてくる。
そんな今頃の気候はわりと好きです。ジメジメ降りさえしなければいいのだ!
でも、もうちょっとしたら、部屋でカーテンを開けるのも恐ろしい真夏の直射日光ジリジリの8月がくるのだ……。

そんなこんなで、今日の七夕は、上手い具合に夜空が晴れてます。
織姫と彦星は一年に一回のデートだね~よかったね~とほのぼの(乙女として一応は)思っていたのですが、某呪音ちゃんの織姫Bを見て、そんな甘い妄想は吹っ飛びました。
男なら 渡ってこいよ 天の川。
(いやいや織姫Bはこんな荒々しい俳句詠んだりしません)
星たちの寿命のうち一年ってあっという間なんだろうけど、たまにはガッツ見せないとフラれちゃうよ彦星さん。(余計なお世話)

さて、間二回にへんてこな漫画を挟んで、ようやくはやぶさLの登場です。

hayabusa-4coma-18.jpg
まねっこミネルBたん。
イオンがお菓子なら、イオンエンジンを稼動するためのガス=サブ位置=氷砂糖(なんとなく)、という考えを経てこうなりましたとさ。

太陽光の圧力(放射圧)で宇宙を旅するという構想は昔からありましたが、実用化に繋げられたのはここ最近のこと。燃料や発進のためのブースターを搭載することなく、ただ風を受けて海原を滑るかのように宇宙空間を進むことができる「太陽帆」の構想は、まさにSFアニメなどだけに許された夢のようなお話でした。
しかし現在では、「ソーラー電力セイル」という、イオンエンジンと太陽帆を推進力とする実証機『IKAROS』が、今この時間も宇宙を飛んでいるのですから、人間の宇宙に掛ける情熱というのはすごいものですね。

関係ないけど、ついったーのイカロスくん可愛いよ。


続く!

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 23:54 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LとあいふぉんB 音楽篇

しつこく、愛ふぉんネタもう一本。
これが一番やりたかったんです(´∀`*)


オチも何もあったもんじゃないですが、手をばたばたさせながら歌う愛ふぉんBはきっと可愛いだろうなぁ、と思ったので、遠慮なくやることにしました。
ちなみに、くしゃみは、本物の愛ふぉんで言うなら、曲ジャンプです。主に、視聴中にちょっと激しく動かしたら飛びます。あれ何で飛ぶんでしょうね。私のだけですかね。
「自分でアレンジ」ってのは要するに「歌ってみた」です。JPOPもロックもアニソンも演歌もボカロも全部Bが歌ってるんです全部Bの声。
なんというBマニアぷりだ、L!

私のちびBがどんどん本家から離れていく件。

ていうか、みなさん前回の記事でどんだけぷにる気ですかwww
私だって!私だって!いくぞBそれぷにぷにぷに ガブッ





気が済んだので、次回ははやぶさLに戻ります!

| 漫画っぽいもの | 22:47 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

LとあいふぉんB 紹介篇

昨夜、いつものようにくらびー仲間でチャットをしていたら、某若子さんが「ド○モのCMみたいにミネルBがケータイだったらいいのに」とのたまってくれたので、勢い余って妄想を形にしてみました。
本当は、ケータイ→Bなら絶対高性能だからノーパソ→いやむしろ愛PAD→愛PAD構える姿って今にも人の頭はたきそうだよね、という一連の妄想から愛PADにしようと思ったんですけど、あれは電話ができないので(できたら滑稽だ)私も持っている愛ふぉんにすることにしました。


要するに、ミネルBのほっぺぷにりたかっただけです、私が。
もちろん、本物の愛ふぉんに音声認識システムなんてありません。この子はLが改造したL仕様!
カラーはブラックでもよかったんですけど、Lのだし、黒くするとミネルBと被るので、ホワイトです。

はやぶさLもまったり進行してます!

| 漫画っぽいもの | 23:24 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

故郷の空が見えるまで その17

日本、負けちゃいましたね……(´・ω・`)
でも、帰国した時のインタビューでは、みんながとてもいい笑顔で話していたので、ああこのチームのことを応援できてよかったと思いました。このチームをベスト8に入れようと、日本中が声を張り上げて応援したことを、四年後に私は思いだせると思います。

それから、宣伝でーす!
Legendary Brains」にて、待望のBパートが更新です!
今回のお話では、見てるこっちが照れるくらいめでBが胸きゅんきゅんしてます。ごっさ可愛いです。初々しい恋心(?)を見守ってあげて下さい♪

さて、本当は真夜中も真夜中に投稿のはやぶさLです。
ミネルBとの再会を、多くの方に喜んでいただけて嬉しかったです!やっぱり、はやぶさLの隣には彼がいないとね。ミネルBがいてくれるから、はやぶさLは頑張れるんですよ。
これから先は、ふたり支え合って懸命に地球を目指す帰路のお話です。


ワイミっ子が出てくると画面が鮮やかになる(笑)

漫画ではやぶさLは普通にワイミっ子たちと会話してますが、実際のこの時のはやぶさは、非常に微弱な電波でしかも遅い速度でしか通信できませんでした。おまけに、姿勢制御がままならないためすぐに長期の音信不通に陥る可能性もありました。
チームのスタッフたちは、弱々しいはやぶさの声に全力で耳を傾け、猛スピードで彼の姿勢制御のためのプログラムを書き込み、地球帰還への軌道へ導こうとしてくれたのです。
また、エンジンも動かせないはやぶさの角度調節を助けたのは、イオンエンジンを動かすためのキセノンガスの微妙な放出による反動でした。もちろん、本来そのような用途には使わないのですが、使えるものは何でも使うという精神が、今日の成果を残すことになったんですね。

はやぶさLは、そういう精神を自分で持った子なんです♪


続く!

| 漫画「故郷の空が見えるまで」 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。