2007年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

まつ×える! ぱーと1

土日で考察言うてたのにすんません(汗)途中まで書いたところで時間がなくなってしまいまして…。
明日か明後日にはアップできると思いますので、よろしくお願いします!お題は例のアレです(笑)


さてさて、最近ちいこいばかり描いてたら、なんだか大きくてかっちょいいLも描きたくなってしまいまして。またまた新コーナーを作ってしまいました☆
「まつ×える!」シリーズです。「まつ」は決して松田ではありませんよッ!(いや、最近は大概松田好きですけどね…)映画でLを演じてくれた松山ケンイチくんの「まつ」です。松Lが映画で披露してくれたあんなポーズこんな仕草を、原作Lにもしてもらおう!というのがこのコーナーの主旨です。松Lは美しく可愛く、ともすれば妖艶にも見えるのですが(ぎゃ!)スラリと男らしい体つきもしております。それゆえ、ちょっとした仕草も大変かっこよくなるのです♪そして、松ケンが演じるからこそのLらしいファインプレーな仕草の数々、これを原作Lにもしてもらわない手はないッ!!
というわけで、さっそくやって頂きました。紅茶を最後の一滴まで飲み干そうとするLです。

IMG_000066.png

L初登場時に見せてくれましたね♪なんともLらしい仕草に、当時私はかなり心臓撃ちぬかれたものですよ…。


まだまだ、あれもこれもしてもらう予定です(笑)

スポンサーサイト

| イラスト | 21:53 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

L好きのためのバトン 作っちゃった☆

えっと~、作っちゃった☆
シリーズ「L好きのためのバトン」、その名の通り、Lに関することだけを質問し、Lのことだけを考えるバトンです。
以前から、有り難い事に私の記事に対して「これ、バトンにしたら面白そうですね!」というコメントをちょこっと頂いておりました。バトンとか質問とか(カテゴリーの数は少ないけど)大好きな私です。これはワタリに船!(漢字使え!)とばかりに、本日ようやくそれを形にすることができました~!ワードンドンパフパフ~♪
いや~、応えたことはあっても作るのは初めてなんですよね!ていうか、バトンとか質問て勝手に作ってもいいんだよね?!(ええ、そこから心配するんかい!)うん…、まぁ、いいよね。どこかにバレてもせいぜい「大人なんだから…」って怒られる程度だよね。
さっ!では、とにかくご覧あれ!


※以下のバトンは「Lと過ごす日々」が製作元です。
※バトンはフリーです。L好きのそこのあなた!お気に召しましたら、どうぞお持ち帰り下さい。
※あなたのブログ等で回答される際、一番最初の方は「L日々」からもらったよ♪と一言書いて下さると嬉しいです。
※ご意見ご感想、何かありましたら、↓のコメ欄まで。

☆ここからこぴー☆

「Lの体を徹底大解剖☆バトン」

Lの体の各部位について、あなたの思うところをぶちまけて下さい。体の部位や、質問の数は変更可能です。お好きなだけどうぞ。既存の質問のままの回答でも問題ありません。さぁ、ぶちまけて下さい!!


☆こぴーここまで☆

こちらのバトンは、以前の私の記事を参考に致しました。記事はこちらになります。このバトンは、特に質問内容も質問の数も決まってません。あなたが回答可能なら、髪の毛から足の指の爪に至るまで思う存分回答してLの体への思いをぶちまけてください。バトン回答最初の方は、こちらの記事を参考にしつつ、お好きなように回答して下さい。
↓ベースの質問です。このまま応えてもOK♪↓

☆ここからこぴー☆


①Lの頭脳!


②Lの目!


③Lのクマ!


④Lの唇!


⑤Lの髪!


⑥Lの猫背!


⑦Lの服装!


⑧Lの肌!


⑨Lの指!


⑩Lのお腹!


⑪Lの脚!


⑫Lの足!


⑬パンチラ


最後に、このバトンを回すL好きの方を指名して下さい♪




☆こぴーここまで☆
…とまぁ、こんな感じです。
もし、「楽しそうや~ん!」と思ってくれたなら、ぜひとも回答してみて下さいな!あなたのLに対する見方がよくわかりますよ~?
もちろん、ブログやサイトをお持ちでない方も、お気軽に回答してみて下さいね!これは、L好きの人のためのバトンですから☆

たくさんのL好きの方に回答してもらえたらいいな~!いつかどこかで巡り会おうぜ!バトン!




「ちびちびアルバム~金沢の旅~」最終夜は、続きを読むところから…☆

≫ Read More

| バトン・質問 | 23:59 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

こえるとこねこ そのいちにゃん♪

「そういえば、私が子供の時…、こんなにちいさな仔猫が、屋敷に入ってきたことがありましたね」
ワタリ「ホホホ…、そうでしたね。あなたはいたくその仔猫のことを気に入って…」
L「とても可愛かった。私の行く後をずっとついてきて」
ワタリ「私はびっくり致しましたよ。気がついたらあなたが、仔猫を連れてあちこち歩いていらしたんですから」
L「フフフ…、懐かしいですね…」


…というような会話が密やかに交わされたかもしれない秋の夜。今夜は、以前ナコさんがリクエストして下さった子Lと仔猫のイラスト・リライトです☆
ところで、そのいちにゃん♪とあるのは、続くかもしれない…、ということです。リライトする時に、次々構図を考えてしまったので(笑)あああ~、Lと猫がいれば私は永遠に幸せでいられます~!


ある日、Lがゴロゴロしていると、開けっ放しの窓からちいちゃい仔猫が入ってきました。

IMG_000063.png

L「………?」
仔猫「にゃーん」
Lのおめめ、キラキラ☆

仲良しになったふたり。泣いた時には、いつの間にかそばにいてくれる。

IMG_000064.png


可愛い仔猫。一緒にいると、Lも子供らしい顔を見せるように…。

IMG_000065.png




な~んてことが、あったらいいなっ。


土日のどこかで考察できたらいいな、と思います~。



「ちびちびアルバム~金沢の旅~」第二夜は、続きを読むところから…☆

≫ Read More

| イラスト | 21:58 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

メロ「アニメDVD10巻が届いたぜ…」

ととと届きましたッ!!えっと、なぜ初っ端からこんなに焦っているのかと言いますとッ!!初回特典のメロがすごいんです!!!

えっと、まずはこちらをご覧下さい!9巻のショックを拭い去ってくれそうな凶悪なメロたんです!

blog-123.jpg

ジャケットの裏ッ!

blog-124.jpg

超カッコイイ~~~!!!
チョコ食べながら銃構えてますよッ!

さて、とりあえず仕様の報告をしたので、いよいよメロたんをご覧下さい!私的には、に継ぐ出来のよさだと思います!!

blog-125.jpg

あわわわわ!何その服装~!何その装備?!やっぱり、片手にチョコ持ちながら片手で銃ぶら下げてるじゃん!あ、ロザリオがないけど…、すごいメロって感じ~♪ていうか、細ッ!!
(興奮しずぎて、わかりにくい写真になってますね…、バック黒にするんじゃなかったな。すみません)
この写真ではわかりにくいですが、顔に傷があります。そして、驚くなかれ…、なんとこのメロたん襟ぐりが大きく開いた服を着てるから肩にも傷があったことが発覚したのです!!!

blog-127.jpg

見えますか~?!きゃ~~~☆(すごいテンションの高さだな)
ライバルのニアと並べてみました!うひひ~、身長では勝ってるのにな~。

blog-128.jpg

やる気ねぇ(笑)

いや~、二部仕様、二部仕様ですよッ!お子ちゃまメロも見たかったけどね。九死に一生を得て男前が上がったメロと、Lたんがついに出会いますよ~!!!


メロ「よう、久しぶりだなL。全ッ然変わらないなぁ、あんた!」
L「メロ…、長く見ない間に、随分危ない橋ばかり渡ってきたようですね…」

blog-129.jpg

メロ「なんだよ、冷たいんだな」
L「そうですか?だとすれば、あなたの中にやましく思う気持ちがあるからじゃないんですか?」
メロ「…なぁ、ニア。Lのやつ、なんで怒ってるんだ?せっかく久しぶりに会ったのにさぁ」
ニア「そうですね…、あなたがマフィアなんかに身を落としたことを今更怒ってるわけでもなさそうですし…、ああ、わかりましたよメロ」
メロ「何だよ?」
ニア「ちょっと…」

blog-131.jpg

L「…ニア!人の目の前でこれ見よがしに小声で話さないで下さい。私に言うことがあるなら、はっきり言ったらどうです?!」
ニア「では、言いますが…、L、あなたがメロに冷たいのは、メロが立ちポーズだったからでしょう?」
L「!!!」
メロ「ぶくっ…あっははははは!ひゃひひひふふくくく!なっ、なんだよL!まだそんなこと気にしてんのかぁ?!ニアの時も、そうやって拗ねてたんだってなぁ!」
L「…!…!!……」
メロ「あひゃひゃひゃひゃひゃひゃ!!」
ニア「メロ、もうその辺にして下さい…、Lが泣いてしまいますよ」

L「………こ、子供のくせに…、立ちポーズがそんなに偉いんですか…、ひ、人のこと必要以上に見下ろして……」

blog-133.jpg



うん、子供だ。気が済むまで拗ねさせてあげよう(笑)




「ちびちびアルバム~金沢の旅~」第一夜は、続きを読むところから…☆

≫ Read More

| 2.5次元L | 22:21 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちびちび「♪」 ※訳:おみやげです♪

実は…。
この間の旅に、ちびちびが同行しておりました☆ひとりだけだけど。
ナコさんに言い当てられた時はドキッとしたです)
ええ、もちろんうっかり鞄に入っていたのではなく、連れていったのですが(笑)旅の写真を撮りたい一心で、「まぁ、家族ならいいか…」と開き直って終始連れ回しておりました。家族は生暖かい目で見守ってくれていたよ。(さすがに大きい子達は連れてけませんでした)
というわけで、今日はちびちびちゃんからみんなにおみやげです♪
石川屋本舗」というお店の「かいちん」というお菓子です。綺麗でで可愛くて美味しいよ♪


ちびえる「おや、おかえりなさい。楽しかったですか?」
ちびちび「☆」
ちびえる「ふふ、そんなことがあったんですか。いい旅でしたね。あ、それはお土産ですか?みんなに?ありがとうございます」

ちびえる「わぁ…、綺麗なお菓子ですねぇ!」

blog-117.jpg


ちびちび「♪」
ちびえる「はい、とても嬉しいです♪これ、私の分ですか?こっちは、この子の分?これは、あなたのですね…、はい」
ちびちび「◎」
ちびえる「わかりました。ニア!夜神さん!それからエル!おみやげですよ~」

blog-118.jpg


blog-119.jpg


blog-120.jpg


ちびえる「さぁ、これでみんなに行き渡りましたね…」
ちびらいと「ああそう…、はっ、小さくてもやっぱりお前だな、竜崎。いいよ僕は別に。甘い物なんか好きじゃないしね」
ちびちび「…」
ちびえる「ええ、そうですねちびちびさん…、彼もここの住人ですから。今度は彼の分も買ってきてあげましょうね」

ちびえる「月くん!私の食べかけですが、よかったら半分いかがですか?」
ちびらいと「…よしてくれ、変に気を遣うのは」
ちびえる「何言ってんですか!あなたもここの住人なら、おみやげはきちんと頂くべきですよ?一口だけでもいいですから、食べなさい。ね…?」
ちびらいと「………」

blog-121.jpg



よかった、よかった♪

旅の写真は、おまけっぽくこれから紹介していこうかな~、と思ってます。

| 2.5次元L | 22:13 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワタリ「竜崎!アニメDVD12巻ですが…」

ワタリ「初回特典のフィギュアが誰なのかわかりました」
「本当ですか!ついにこの時が…、で、一体誰なんです?!」

ワタリ「松田さんです」

L「…………………松田の馬鹿


松田の馬鹿~~~!!!(もはや私の口癖にもなってるような)
と、とりあえず先に挨拶しよう。
みなさん、ただいまです!楽しい旅でリフレッシュして、無事に帰ってこれました~!
さて、とうとうアニメDVD12巻の発売が発表になりましたね。私にとって、初回特典フィギュアはDVD本体よりも大事なものであります。Lたんが出たあの日から、今日まであの人の登場を待ち望んでおりました。新作が出る度に一喜一憂し、嘆き叫んだりもしました。そして、とうとうこの日がきたのです!12巻!待望のあの人は登場するのか…?!
さぁ、みなさん、私の期待のほどをわかっていただけましたでしょうか。その勢いで、こちらのページでご確認下さい。

7&Yの商品ページ→こちら


松田………orz

はああぁあああぁあ~~~………

L「正直、どこかでくるんじゃないかと予想はしてました…。しかし、高田清美が出た時点でその可能性はほとんどなかったわけです。私的には、ジェバンニの方が有り得ましたよ。なのに、ここにきて松田。松田…松田…、ああ、どうして私が松田ごときに何度も振り回されなくちゃいけないんですか?!」
ワタリ「竜崎、”ごとき”なんて、心にもないことを言ってはいけませんよ。松田さんのこと、結構好きじゃありませんか」
L「でも、私はワタリがよかったんだ…」
ワタリ「はい、私も寂しゅうございます…。竜崎のお世話をさせて頂きたかったのですが…、残念でございますねぇ…」
L「うぅっ…、ワタリ、ワタリ!」
ワタリ「よしよし」


悲しくて悲しくてとてもやりきれないよ…。


メロ「おい!馬鹿だな二人とも、泣いてる暇があったら嘆願書を書けよ!」
L「馬鹿?」
ワタリ「メロ、嘆願書をどうするのかね?」
ニア「DVD化はこれで終わりではないんですよ。12巻に収録されるのは、34話と35話のみです。なので、通常よりいくらか安くなってますね。つまり、36話と最終話は13巻に収録されることになります。まだ終わってはいません」
ワタリ「なんとまぁ」
L「そうか…、ならこうしてはいられません。メロ、ニア、すぐにワイミーズの子供たちに連絡を。全員のネットワークを介して、世界中から13巻の特典フィギュアをワタリにしてもらうよう、嘆願書を送るのです!」
メロ「ラジャー!」
ニア「仕方ありませんね、私もワタリがほしいですから」
メロ「あ、お前も集めてるんだったな。キラの奴はどうしたんだっけ?」
ニア「犬にあげました」

ワタリ「おやおや…、みんなこの老いぼれのためにここまで…、胸が熱くなってきたよ…」
L「ワタリ、よしよし」
ワタリ「フフフ…」

ああ、ワタリ!!最後にして最強のおじいちゃん執事!!ぜひとも、最終巻であなたをゲットしたいのよ~~~!お願いお願いお願い!!!
ちょっとメール送ってみようかな…。
今日の記事は、LMNWに私の気持ちを代弁してもらいました。サンキュー、みんな!(軽いな)これでショックもだいぶ和らいだよ。


ワタリ「…竜崎、12巻を注文なさっているんですか?」
L「ぎくり。いえ、決して『松田の馬鹿』ごっこをしようとか、夜神さんと一緒に『捜査本部ごっこ』をしようとか、そんなやましいことは考えていません。これは確認のためです。はたして、松田さんの髪型は一部の長髪なのか、二部の短髪なのか…、私はそれが知りたいだけです決してやましい気持ちはありません本当です」
ワタリ「ホホホ…、松田さんがいらしたらやりましょうね、捜査本部ごっこを…」
L「………うん」

なんだかんだで楽しみなのでありました…。



※迷作劇場にご感想、ありがとうございます!!たくさん頂けただけでも嬉しいのに、みなさん心を込めて「お帰りなさい」って言ってくれるんだもの…、隊長、ぶっちゃけ旅よりも心癒されたよ。みなさん、なんて可愛いのッ!お返事ですが、お言葉に甘えさせて頂いて明日させて頂きたいと思います。お待たせしてすみません。でも、ねっとり愛を込めてお返事したいので♪
とりあえず、ただいま!と、ありがとう!をお伝えしたかったのです☆

| Lと過ごす日々 | 23:13 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

迷作劇場 えるずきん 最終話

現在、管理人は逃避行のため留守にしてます。
帰ってきたら真面目に考察します(汗)こんなんでも楽しんで頂けたら幸いです。



今日の記事にはコメント・トラックバックできます。ご意見ご感想、お待ちしてます!

では、つづきをどうぞ。


迷作劇場「えるずきん



シャワーの音はすれども…、えるずきんはいつまでたってもバスルームから出てきませんでした。
キラは準備万端、全裸になってベッドの中で待っていたのですが、次第にイライラしてきて、ひっきりなしにしっぽで布団を叩いていました。

キラ「…遅い!何をしてるんだ全く…。あんな大見得切ったんだ、逃げるはずもないが…」

とうとう、キラはベッドを抜け出しました。一応、パンツだけは穿いて、バスルームの前までくると、キラはよく聞こえる耳をドアにくっつけました。…どうも、シャワーの音以外には何も聞こえません。

キラ「もしかして、怖気づいたのか?はは、可愛いとこあるじゃないか。だが、こっちもそう待ってはいられないよ。よぅし…、強行突破だ!」

キラが舌なめずりをしながらドアを蹴破らんと足を上げたまさにその時。

??「そこまでだ!このエロオオカミ!」
??「観念しなさい」

玄関のドアを蹴破る音と共に、二つの声が乱入してきました。
片足を上げたマヌケな格好のまま、キラはぽかんとして二人の闖入者を見ました。ひとりは、金髪の子供、もうひとりは、銀髪の子供でした。ただ、見た瞬間キラの顔を凶悪に歪ませたのは、ふたりがそれぞれの手に拳銃を持っていたからでした。

メロ「僕たちは狩人だよ。えるずきんと一緒に、お前を捕まえる依頼を受けていたのさ」
ニア「あなたはまんまと罠に嵌められたんですよ。後ろをご覧なさい」

慌ててキラが後ろを向くと…、そこには、えるずきんがちゃんと服を着たまま立っていました。ただ、今までと違うのは…、バスケットの代わりに、黒光りするマシンガンを抱えているのです!
驚愕に目を見開いて、キラは床に尻餅をつきました。
先ほどまでとはうって変わって、今度はえるずきんが、妙に怖い笑顔を浮かべてじりじりとキラに迫り始めました。

えるずきん「キラ、これは全て私の計画通りのできごとです。私がロジャーを見舞いに行ったのも、あなたが先回りをしたことも、全て私が仕組んだことです。お前を捕まえるために。私のバスケットを調べなかったのは迂闊でしたね。パンやぶどう酒なんて入ってません。代わりに、この子達に連絡するケータイと、このマシンガンが入ってました」

後退っていたキラが何かにぶつかって振り向くと、狩人の双子がえるずきんとそっくりな顔で笑って見下ろしていました。銃口が、まっすぐにキラの心臓を狙っています。

ニア「さあ」
メロ「大人しくしろ」
えるずきん「キラ…、パンツ一丁で申し訳ありませんが、お前を捕まえます」

IMG_000060.jpg


キラ「うわあああ!ちくしょう!こんなことで捕まるなんて…!!!」


こうして、史上最悪の犯罪者キラは無事に捕まり、村には平和が訪れました。
めでたし、めでたし。











月「何が、めでたしめでたしだ!」

IMG_000061.jpg


L「どうでしたか?私が作った絵本です。面白かったでしょう?」
月「面白いわけないよ!絵本の中でまで僕をキラにして…、本当にお前の疑い深さには頭が下がるよ。捜査には意欲がないくせに、そんなことにばかり力を使ってさ。いい加減にしてくれよ…」
L「月くん、怒ったんですか」
月「ああ、怒ったよ。さぁ、どうしてくれるんだ?」
L「怒ると、このオオカミキラにそっくりですね」
月「……お前ってやつは…!くらえっ!」


おしまい。

お付き合い下さってありがとうございました~!(汗)

| 妄想文・SS | 19:00 | comments:36 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

迷作劇場 えるずきん 第2話

現在、管理人は逃避行のため留守にしてます。
帰ってきたら真面目に考察します(汗)こんなんでも楽しんで頂けたら幸いです。

ちょっとBLちっくな表現があります…。

留守中、レスが出来なくなりますので、今日の記事はコメント・トラックバックはできなくなります。ご了承下さいますようお願いします。迷作物語に感想下さるお優しい方は、最終日にお願いします!

では、つづきをどうぞ。


迷作劇場「えるずきん



えるずきん「ふぅ、ようやく辿り着きました。ロジャーの家なんて一度しか行ったことないから、さんざん迷いました…。う~ん、おやつも底を尽いてしまいましたし、帰りはどうするか…」

まぁ、ロジャーのとこから巻き上げればいいですね。
そう言うと、えるずきんはさっそくおかしな手つきでドアをノックしました。

ロジャー?「ああ、えるずきんかい?ワタリから聞いてるよ。お入り」

それを聞いて口元だけでニヤリと笑うと、えるずきんはいそいそと家の中に入っていきました。
小さな部屋では、ロジャーがお気に入りのナイトキャップを被って、ベッドで横になっていました。えるずきんに背を向けています。えるずきんは、持っていたバスケットを抱えなおすと、踵をはき潰したスニーカーを引き摺ってロジャーに近づきました。

えるずきん「ロジャー、具合はどうですか?」
ロジャー?「ああ、大分よくなったよ。えるずきんが来てくれたから、元気になったよ」
えるずきん「そうですか、それはよかった。では、元気なお顔を見せて頂けませんか?」
ロジャー?「すまないねぇ、今は腰が痛くて、寝返りが打てないんだよ」
えるずきん「そうですか…」

IMG_000058.jpg


えるずきん「ところでロジャー、何だか随分声が若返りましたね?どうしたんですか?」
ロジャー?「ああ、きっと元気になったからだよ。君が来てくれたから、興奮しているのかもしれないね」
えるずきん「興奮ですか…、ところで、そのナイトキャップですが………、あなたそんなものいつも被ってましたっけ?」
ロジャー?「ああ、被っていたよ。確かに被ってた…、僕が、ここへきて彼を襲うまではね!」

ばばっ!と、掛け布団とナイトキャップが中に放り投げられると、なんとそこで寝ていたのはロジャーではなくオオカミのキラでした!
ベッドの上で仁王立ちになるキラを、えるずきんは目を見開いて見上げました。

キラ「驚いたか?えるずきん…、そう、僕がキラだ。初めまして。お前がここへ来ると思って先回りしていたんだよ」
えるずきん「お前がキラ………!ロジャーはどうしました?!」
キラ「ああ、あいつなら向こうの部屋でおねんねしてるよ。老人をいたぶるのは僕の美意識に反するからね」
えるずきん「…は…、悪逆非道で鳴らしたあなたが、甘いことを言うんですね」
キラ「何とでも言えよ」

キラはベッドから降りると、ゆっくりとえるずきんに近づきました。えるずきんもじりじりと後退りますが、所詮は小さな家、すぐに壁際へと追い詰められてしまいました。バスケットを抱えたまま、えるずきんはそれでもキラを睨みつけていました。

キラ「ははは、そんなに睨むなよ。せっかく、世紀のキラと凄腕の探偵が邂逅してるんだ。もっとこの素晴らしい巡り会いを楽しもうよ」
えるずきん「私をどうする気ですか」
キラ「そうだなぁ…、セオリー通りなら、お前はここで僕に食われてしまうんだよ。文字通り、頭のてっぺんから足の先までね…」

キラの目が凶暴な光を宿してギラリと光りました。その視線が、えるずきんの体の上を舐るように降りていきます。惨忍な性格で、ひとをころすのも何とも思わないオオカミ…、えるずきん、絶体絶命の大ピンチ!!!

えるずきん「わかりました…。抵抗しても無駄でしょう。でも、せめてシャワーだけでも浴びさせて下さい。汗臭いまま食べられるのは嫌です…」

えるずきんが目に涙を溜めて俯くと、キラは満足げに笑って少し離れました。

キラ「いいよ。僕だってその方が有り難いしね。じゃあ、そこのバスルームで…」

えるずきんは、バスケットを抱えたままバスルームへのドアを開けようと、取っ手を握りました。すると、後ろからキラの手が伸びて、えるずきんの手を上から押さえました。ギクリとする、えるずきん。

IMG_000059.jpg


キラ「風呂の窓も開かないようにしてある…、逃げようなんて思うなよ?」
えるずきん「私だって覚悟を決めてますよ」

冷たく言い放つと、えるずきんはさっさとドアを開けてバスルームへと姿を消しました…。


つづく!!
(ていうか、どんだけ書いてんだ!)


| 妄想文・SS | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

迷作劇場 えるずきん 第1話

本日からの三連休、管理人は逃避行のため留守にします。ということで、またまた自動更新で続きものの記事を用意しました。え~…、タイトル見ただけでアフォな記事なんだなというのはお分かりかと思います…。夜中に呆けた頭で考えるもんじゃないですね(汗)でも、やってみたかったんだ!ていうか、ブラックですよ。ご注意下さい!!!
帰ってきたら真面目に考察します(汗)こんなんでも楽しんで頂けたら幸いです。あ~、誕生日もうすぐだな!何しよっかなぁ~!(唐突に叫ぶ)


留守中、レスが出来なくなりますので、今日と明日の記事はコメント・トラックバックはできなくなります。ご了承下さいますようお願いします。迷作物語に感想下さるお優しい方は、最終日にお願いします!

では、どうぞ。




迷作劇場「えるずきん



IMG_000056.jpg


あるところに、赤い頭巾をかぶったそれは奇妙な風貌の男がいました。
みんなは、トレードマークである頭巾と、男の名前(仮名)をたして、彼を「えるずきん」と呼んでいました。
えるずきんは、大きなお屋敷で、ワタリという老人と一緒に暮らしていました。
ある日、ワタリはえるずきんにお使いを頼みました。

ワタリ「えるずきんや、いい子だからこのパンとぶどう酒を、寝込んでるロジャーのところへお見舞いに持っていっておくれ」
えるずきん「嫌です、行きません。あそこまで行くのにどれだけ歩くと思ってるんですか。それに私には仕事が…」
ワタリ「…先ほどから仕事もそこそこにおやつばかり食べているようにお見受けしますが?いいから、行きなさい。でないと明日のおやつはありませんよ?」
えるずきん「…わかりました、行ってきます…」

優しいえるずきんは、ワタリの言うことをよく聞いて、すぐにロジャーの家へと出発しました。

えるずきん「はぁ…、日差しが眩しいですね…。頭巾をかぶっていてよかったですよ…」


一方その頃…


この村の界隈では、最近「凶悪なオオカミが出没する」という噂がありました。さて、その噂のオオカミ…「キラ」と呼ばれていましたが、本当にこの辺りを徘徊しては、あくのかぎりをつくして村人たちを泣かせておりました。誰もがキラを捕まえようとしましたが、オオカミのくせにとんでもなく賢い奴は、どんな手を使っても捕まえることができません。とうとう、村人たちは声高に叫びだしました。「キラを捕まえられるのは、村一番の探偵『えるずきん』しかいない」と…。

キラ「えるずきんだと?ふん、ふざけた名前だな。そんなどこの馬の骨とも知れない奴に、この僕が捕まるわけがない。逆に、こっちが先に捕まえて誰が一番か教えてやるよ」

というわけで、キラは独自に調べあげた情報を元に、えるずきんが住むといわれるこの森を、今日もうろうろと徘徊していたのです。

キラ「!!きた、あれが『えるずきん』…」

キラは、初めてのライバルを目の当たりにして、息を呑みました。まぁ、キラでなくても、青白い肌に赤い頭巾を被ってその下から大きな目をギョロつかせてる男を見たら、誰だって息を呑むでしょうけどね。
木陰に身を潜めたキラのすぐ横を、えるずきんは悠然と通り過ぎていきました…。

IMG_000057.jpg


キラ「ふふ…、あれがそうか…、成る程確かに僕のライバルに相応しそうな男だ。滅多に外へ出ない奴が外出…、これはチャンスだ!あの荷物…、さては親戚のロジャーの家へ見舞いに行くんだな?よし、先回りしてあいつを捕まえてやる!」

こうして、独り言の多いキラは、音もなく森を駆け抜け、ロジャーの家へと走ったのです…。


つづく!!

| 妄想文・SS | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

L「おみやげ忘れないでください」

わかりましたよ、そう何度も何度も言わなくても買ってきますから!

明日から三日間旅にでます。久しぶりに家族と旅行なので、たんは連れてけません。しくしく。
でも、寂しくないですよ!留守中、変態な物語を毎日更新するようにしましたので、興味のある方はご覧下さい☆(対象範囲が狭すぎだろ)

それでは、旅を記念してひとつ。

IMG_000062.png



留守中、頂いたコメントは(今日の記事の分も含みます)帰ってきたら小躍りしながら返信させて頂きます♪
メールの返信も滞ってて、本当にすみません!!大事に読んで、必ずお返事しますね♪
そんでは!

| イラスト | 22:12 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大天使エル様ご光臨!!! その2

ちびじゃないけど、「ちびえるの日々」カテゴリーに入れられるエル様☆改訂するまでお待ち下さいませ~!


さて、本日も萌え心いっぱいにエル様のお写真を載せてみましょう~!
と言っても、今日は旅行の準備とかで忙しかったので(汗)昨日撮った写真の残りと、新たなポーズがちょこっとなのですが。私の脳内は、早くも旅行を終えてエル様で遊ぶことでいっぱいです。絶対禁断症状でるよ。旅行鞄に忍ばせようかな(なくしたらやだからしないけど)

では~、昨日のユルダレ立ち姿の別アングルから♪

blog-109.jpg

おおお~!なんとっぽい猫背なんでしょう!奇跡のS字カーブですよ!こうして見ると、ほんとに姿勢悪いね!背中だけじゃなく足も曲がってるって、L座りのしすぎじゃないかな…。お風呂上りとかにストレッチ…、ししししてあげようか?!(暴走は計画的に)
前からだけじゃなく、後姿も味があります☆

blog-115.jpg

こ、こらこら!そんな庇護欲をそそられる姿でフラフラ歩くんじゃありません!!どっか連れていかれても文句言えないよ?!今なら「お菓子をあげよう」の一言で、子供よりもあっさりついていっちゃいそうだな…。

あ、そう言えば、甘い物の献上がまだでしたよね?!も、申し訳ありませんエル様~~~!!!すぐご用意…、って言っても!あいにくナマ物のスイーツは切らしておりまして…、おまけに専用のテーブルもないので、おもちゃのお菓子もどうやって出したものやら(写真的にも(汗))…かくなる上は!

blog-113.jpg

描いちゃった(汗)
すみません…、次までには何か手を打っておきます…。でも、フォーク持ってくれてよかったです(笑)摘む指の隙間が結構開いてるので、なかなか持ってくれなくてねぇ…。

blog-116.jpg

お茶も飲んでもらいました♪
ちびえるには大きすぎたカップとフォークが、エル様のものになってよかったです。
さっそく、原作のマネをするエル様(笑)

おまけの二枚~。

blog-112.jpg


blog-114.jpg

記念撮影☆


今度は、ちびたちとも共演させてあげたいです。
それでは!

| 2.5次元L | 22:48 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大天使エル様ご光臨!!! その1

↓一番下にお知らせがありますので、よろしくです。↓


本日、ついにご光臨!!!

キター!!!あわわわわああああw!!!!!
Real Action Heroes L」デスヨ!!!
感無量、感無量です…!ついに、この手に抱ける日がきたのですね!さっそく、バリバリ箱を開けますと…、おお~!っぽい箱にちゃんと入ってます!(リュークが邪魔だけどね)

blog-105.jpg

大きさ比較のため、黄色い電気ネズミさんと並べました。え?こんな写真撮ってないで早く出せって?さすがは大天使様、大きいと言う事も大きいんですね!(私のことじゃないの)
まぁ、ちょっと待って下さいよ~。ちなみに、箱の裏にはデスノートの使い方が全部記載されてました。寄り目にしたら『L』の文字が浮かび上がるのかと思ったよ。
さて、中はどんなんかな~??

blog-106.jpg

ぎゃ~!いるいるいる~!黄色い電気ネズミさんが興味津々でビックリしてる様子(笑)ていうか、ご本人さんもそうですが、フタの裏側…!!!

blog-108.jpg


blog-107.jpg

かぁわぁいい~~~♪♪♪
何?この子超可愛いっ!こんなこともできちゃうの??
わ~い、さっそく箱からお出しして進ぜよう!パーツの手がアダ○スファ○リーみたいで怖いけど、作りはとっても綺麗♪はい、手に取りましたよ~。うわっ、重みがある…!これが愛の重みか…、じゃなくて(笑)
これはね…、買ってよかったよ。Lはどうしても首元や手首が見えちゃうから関節が丸出しだし、原型の人形がガタイがいいから、肩幅とか胸囲とかお尻とかがっちりしてるのだけど…、見れば見るほど可愛いと思えてくるから不思議。服もちゃんと作られてて手触りいいです。関節の稼動も結構自由がききます。
さっそく、目をギラギラさせながら、色々と関節を曲げてポーズをさせようと必死になる夜崎。とりあえずL座りを目指したのですが(ヤンキー座りとも言う)、関節を思い切り曲げる勇気がありませんでした(汗)動かしてるうちに慣れてくると思うんですけどね。
とりあえず、遊んでばかりいないで何かLっぽいポーズを撮らねば!ってことで、さっそく手のパーツを付け替えてみました♪

blog-110.jpg

立った!ちゃんと立ったよ!!!
すごいさすが大天使さま~!!!ちゃんと猫背にもなるし、こらたまらんでぇ!

blog-111.jpg

はい!もう全ッ然気にしません!!!
うわ~、もう大事にするよ~~~♪
ちなみに、遊んでる途中でしっかりシャツやジーンズを捲って確認しました(!!)
腹筋がすごい割れてました。仮面○イダーですか??
腰が…、腰が細かったデス!!!
そして、トランクスを履いていませんでした
あひゅう…!!!


明日も、引き続き大天使様のお姿をお届け!!!



☆カウンターがもうすぐ40000になります♪おそらく、今日か明日です。が…、ついこの間30000を祝って頂いたばかりですので、大変申し訳ないですが次のお祝いは50000の時にさせて頂きたいと思います。すぐに次のお祝いがやってくることはとっても嬉しいのですが、頻繁にお祝いコメントを頂くのも申し訳ない気がするので(笑)なので、50000の時まで「L日々」をよろしくです!!!今週の三連休は留守にする予定でして(今度は旅行です♪)その間に自動更新の特別記事を用意しましたので、代わりと言ってはなんですがそちらをお礼にさせて下さいね☆

| 2.5次元L | 21:45 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Lギャラリー無期限開催中☆

「L図書」と「L日々」のコラボレーション!!
「Lに捧げるちいさな図書館」さんで、夜崎のイラストが『Lギャラリー』として無期限開催中です☆


すでにご存知の方もたくさんいらっしゃることと思いますが、改めてここで紹介させて頂きます♪
いつもお世話になっているさんのご好意で、私が描いたのイラストを樹さんのブログにて随時紹介して頂けるようになりました!すごいよすごいよ!L好きの輪だよ~!!!
樹さんは映画のLを一番に愛していらっしゃる方ですけど、原作Lのことも可愛がり涙される素敵な方です。そんな樹さんが「Lの絵をもっと色んな人に見てもらいたい!」という願いを込めて作って下さった『Lギャラリー』には、実に様々なL描きさんの手によるLのイラストが飾られています。あなたの知らないLにも、出会えるかもしれませんよ♪
さぁ、百聞は一見にしかずです!今すぐ「L図書」を訪れて、Lのための素晴らしいギャラリーのドアを開いて下さい!

『Lギャラリー』への入り口はこちら!

二回目も開催して頂きました!
え~、こちらのギャラリーはL好きなら年中無料で入場OK!順路を守ってご鑑賞下さい(笑)開催期間は無期限!私たちのLへの愛と同じですよ♪ご意見・ご感想は、こちらの記事で随時受付中で~す☆
↓開催記念にLたんをお祝いしてみました☆↓

IMG_000055_1.jpg

とっても嬉しそうです♪


樹さんは、私の描くLを「男前!」と言って溺愛して下さいます。Lを想って辛い時は、ここへきてLに会いに来て下さいます。本物のL同様に、私のLも愛して下さいます。
樹さん、何度お礼を言っても足りないけれど、ありがとうございます!
一緒にLを幸せにしていきましょうね♪

| Lに関するリンク集 | 22:10 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Lとワタリ その2

いいい行ってきたぁああ~~~!!!
ようやく行けましたよ!延長に延長を重ねたご生誕日(発売日)はインプットしてましたが、通知のメールのチェックが遅れたッ!え?何に行ってきたのかって??
大天使様のお迎え準備ですよ。(コンビニ入金ね)
やばい、嬉しさのあまりベランダから山に向かって吠えそう。いや、吠えないけど。大天使様が来られたら吠えるかもしれないけど!!
今週のどこかで、ぶっ壊れた記事が上がると思います!覚悟してください!!


「敬老の日にワタリを敬おう企画」なのに、初っ端から暴走しててすみません。本日は、その2です。↓の昨日のイラストから何気に続いています。では、どうぞ♪

death7.jpg

これ、敬う事になってないでしょ。(あいたたた)ていうかなんで竜崎??
Lはワタリには敵わないんだ~、みたいな感じで(笑)
だって、ワタリはスーパー執事なんだ!そして、だけのスーパーおじいちゃんなんだ!Lは何でもワタリに教わってきた、というのが私の設定です。勉強も常識も人間性も社会性も基本的なことはみんなワタリに教わって、そこから自分なりにアレンジしたのです(食事マナーも一通り教わったけど、速攻で忘れることにしたらしい)ワタリは何でも知っている!上手なお洗濯の仕方から、ライフルの扱い方まで!(幅広すぎるよおじいちゃん!)
人を愛することも知っている。ワタリが数え切れないくらいの愛をLに注いでくれたから、Lは「愛」を知っているんだと思います。
ワタリ、いつもありがとう!

Lとワタリが一緒にいるのが大好きです♪


レス遅延のお知らせに、暖かく優しいお言葉の数々、ありがとうございました!!!みなさん、愛してるよ!!!そんでもって、みなさん暴走しながら待ってる♪と揃って仰るのに笑いました♪幸せなことです。今日から通常に戻ります。ご心配おかけしました。


続きを読むところに、砂糖の雫さんからのナイスパスを受けた、妄想文シュートを載せました。砂糖の雫さん、いつも広げてくれてありがとう!!砂糖の雫さんの妄想力は、類を見ないほど魅力的だと思うよ!(カステラじゃなくなっちゃったけど…)

≫ Read More

| イラスト | 21:29 | comments:16 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Lとワタリ その1

フライングで敬老の日ッ!
そんなん言うてますけど、ただ単にワタリの組み合わせたが大~好きなだけです。いつか、膝枕ワタリとか描きたい。耳掻きワタリとか描きたい。亭主よろしく、ワタリに至れり尽くせりなLが描きたい。どういう趣味だッ!(ワタリが大好きなんです)

というわけで、敬老の日でワタリを敬おう企画その一。Lとワタリのこんな一シーンはいかがですか?どういうシチュエーションなのか、描いた本人ながらさっぱりわかりませんが、どうやらLは親孝行をしているようです。キラ事件が始まってからはこんなことできないだろうけど、親孝行するならこの時しかないんじゃない?Lたん!

IMG_000054.jpg


L「あ、ワタリ、ほら、キラですよ」
ワタリ「ホホホ…、さようでございますね、エル…」

よくわからないシチュエーションだけど、泣けます。ぴーぴー(泣き声)
その2は明日!(えっ、こんなネタ続くの?!)



最近、コメレスやメールの返信が遅れがちで申し訳ないです…。不安にさせてごめんなさい。私生活がちょっとドタバタしてます。もうすぐ元に戻りますので、どうぞお見捨てにならないで下しゃい!!

| イラスト | 21:29 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちびえるにゃんとちびちびえるにゃん

早口言葉のようなタイトルになってますが(笑)
またまたやってしまいました~ん☆(もはや開き直った)ちびえるちびちびえるシリーズ、今夜はいつものこの子達と違います!
はい、猫ですよ(またかよ)
以前に一度やらかしたことがありますが、楽しかったので再びやってしまいました♪萌えてくれればこれ幸い!

ストーリー形式になってます。前回の記事はこちらから。私の開き直り具合がわかろうというものです(汗)
ではどうぞ♪


ちびえるにゃん結婚疑惑

blog-100.jpg

私は猫です。名前は「える」。
ワタリという老紳士が私の飼い主です。
緑に溢れた閑静な高級住宅街が、私とワタリのお家です。

ワタリ「える、食事ですよ。いらっしゃい」
える「はい、今行きます」

ワタリは私専用のテーブルを用意してくれています。今日のご飯は何でしょう?ケーキでしょうか?シュークリームかな?私は猫ですけど、甘い物が大好きなんです。

blog-101.jpg

ロールケーキ!美味しそうです…、では、いただきま~…

ワタリ「おやっ?!える、ちょっといらっしゃい。あれを見なさい」

んえ??何です、猫がせっかく食べようとしてるのに…。はいはい、何ですか?何があるんです?見ますけど、動きませんよ私は。

ワタリ「ああ、入ってきてしまいましたね…、さて、どうしたものか…」

blog-103.jpg

え………、な、何ですかあなたたちは?!ここは私とワタリのお家ですよ?いくら子供だからって、勝手に入ってくるなんて非常識です。
どこから来たんですか。お名前は??

ちびちび「「…………」」

はぁ、これだから子供は。わかりました、もう行っていいですよ。ワタリ、この子供たち、見送ってやって下さい。……ワタリ??

ワタリ「………える、この仔猫たち、お前にそっくりじゃないかね」

えっ。
………わ、ワタリ、まさかとは思うが………、わ、私の子だと思ってないか?!?!

ちびちび「ままぁ!」「ぱぱぁ!」
える「?!」

blog-102.jpg

ば、馬鹿な…、何を言い出すんです、これだから子供は!ワタリ、ワタリ違うぞ?この子供たちは、親が恋しくて仕方がないだけだ。私が同じ黒猫だから勘違いしてるだけだ。第一、私に身に覚えはありません!

ワタリ「う~ん…、外に出したりするのではなかったな…、これは困った、一体どこのお嬢さんと…、う~~~ん…」

blog-104.jpg

える「待ってくれ、ワタリ!私の飼い主だろう?!私の言うことが…、いや、通じる訳がないが…、!こ、こら、くっつくんじゃありません。ワタリに益々誤解されてしまうでしょう!ああ、なんてこと…、こんな小さな子供にこの私が混乱させられるとは…!ワタリ、早く戻ってきてくれ…!」

ちびちび「まま、まま!」「ぱぱぁ、だっこ!」

える「………ケーキが食べにくいです…」



何か、とんでもないことをやらかした気がする(汗)
ごめんね、ちびえる!
(あ~ん!保存方法間違えた~!写真が汚い!ごめんなさい…)

| 2.5次元L | 23:06 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の好きなL Lの声を聞こう編

アニデス解析本の記事(こちら)のコメ欄で、興味深いご意見がありました。いつもお世話になってるナコさんと砂糖の雫さんが、の声からLの性格を考察されていたのです。大変興味深いテーマだったので、私もいざ参加せん!と息巻いていたのですが、途中で脱落してしまい…、すみませんでした(汗)
というわけで、本日は思考回路もスッキリ!新たな気持ちで、このテーマを記事にしちゃいました!私の考察はこんな感じです。お二人とも、ぜひ読んで下さいね♪(お二人の考察も必読ですよ!)


まずは、ご挨拶。こんなふうにみんなで意見を出しあって、Lのことを考察できることを嬉しく思います!思うことは一緒!ただ、あの子をもっとよく知りたいだけなの!みなさん、ありがとうございます!!!


まずは、私の「原作Lのイメージ」を語っておきましょう。実は私、デスノートは映画前編から入りましたので(ファン歴浅いのです…驚いた??)、原作より先にLのイメージが「松Lのイメージ」で固まっていました。でも、この頃はまだ「Lって人、面白いなぁ」くらいにしか思ってません。本格的に好きになったのは、やっぱり原作のあの笑顔からでしたね(笑)一生忘れられない出会いです…。
原作Lの第一印象は…、容姿言動嗜好喋り方全てにおいてスゴイキャラが出てきちゃった…!という鮮烈な驚きでした。でも2巻を読み進むにつれ、すぐにLの内面に惹かれだしました。「この子は(すでに”この子”呼ばわり)世界的な立場でありこんな外見にも係わらず、なんて心が豊かなんだろう」…、そう思ったのです。すなわち、根明なイメージ。←ソッコーで纏めたな(汗)
だから私は、色んなところで「Lは感情が無い、人間らしくない」みたいな意見を聞くたびに、首を傾げていました。どうしてそう思うのかと、不思議にすら感じたものです。だって、原作をよく読めばわかることです。2巻だけでも事足りるはずです。初登場時をご覧下さい。
「バーン」ですよ?!
ちょ、ええ??一体、どこの世界の探偵が、初対面で人を指鉄砲で撃ったりするでしょうか?!しかも、分別をわきまえた大人が。しかも、あんな緊張の場面で。捜査員たちが名乗ったのを聞いて、咄嗟に思いついたのでしょう。ただ淡々と注意をしただけでは、彼らはイマイチ危険を感じることはできなかったかもしれません。根暗というか、人の心を知らない人間にはできない芸当だと思いませんか?
それに、「正義は必ず勝つ」というあの笑顔!仲間を鼓舞するために、力づける言葉と共に笑ってみせるなんて、感情を知ってないとできませんって!

というわけで、結構最初の方から私は「Lの声には感情が篭っている」と思っていました。それで、アニメを最初に見た時…、か~なりショックだったんですよ(汗)勝平ショックもあったんですけど(汗)それはこの際置いといて…。
アニメでは、わりとボソボソ喋ってたじゃないですか。なんか、しんどそうな?喋るの億劫なんです…、みたいな、口を大きく開けない喋り方って言うんですか。砂糖の雫さんの「エネルギーでも節約するかのような話し方」という表現がまさにツボに入ってるような♪これはとってもLっぽい表現だと思います。でも、私的には、Lはもうちょっとあっけらかんとした声と話し方でもよかったんですね。そう思ったのは、原作のLの喋ってる時の顔や、動きの影響が大きいです。
例えば、「おひさーっ」の場面とか(笑)Lったら、回を重ねるごとに、人見知りが解けたせいか、のびのび捜査してるように見えるんですよね(笑)この場面なんて、本当の業界人っぽく喋ってるじゃないですか。作戦を遂行するだけなら、ここまでカンペキにする必要ないですよね…(そこまで演技する必要ないってこと)
Lには、それなりのユーモアのセンスがあると思うんです。ちょっと話がずれますけど、あれだけ頭が良くて知識の豊富な人なら、ある程度社交性があると思うんですよね(13巻のグラフの数値は納得いかない!)社交性があるということは、話し方にもある程度感情が篭るということで…。
…これだけ書くと、「じゃあ、Lって明るい奴なの?!」ってことになりそうですが、そうでもないんですよ(汗)ああ、ナコさん、本当に難しいですね、コレ考えるの!
最初に戻りますけど、Lは根明なんです。人と接すれば、社交的にそれなりに明るくユーモアも交えて話すことができます。どちらかというと、行動力がある分、普通の人より接触濃度も高いくらい。ナコさんのおっしゃる通り、テニスもケンカもダンスもやっちゃいます!決して引きこもりではありません。
心が豊かなので、言動も独りよがりではありません。自由奔放で思い通りにならないと不機嫌になりますけど(笑)仲間の気持ちは誰よりもわかってました。お見舞いの言葉も言うし、身内がキラと疑われる者の気持ちを考慮することもできたんです。お菓子も嬉しそうに食べるし、松田にツッコミも入れるんです♪
それ故に、気だるい感じはしても、Lの声や話し方はそれほど暗くボソボソとした感じではなかったと思います。お茶目なとこがあって、時に自分の感情に正直に声色を変え、一度聞いたら聞き逃せなくなるくらい、Lのおしゃべりは千変万化します。
でも、私の理想は…「高くもなく低くもない、静かだけれど、不思議と人を惹きつける強さと暖かさを持った声・話し方」というふうに安定してるんです。それは何故なのか…。

それは、Lが『L』であるが故の、他人には計り知れない深い悲しみが彼の中に常にあるからなんです…。
Lは一見、猫のように自由気ままで我儘放題で考えたことは一歩も譲らず甘やかしてくれる人には甘やかされっぱなしに見えます(ていうか、言い過ぎか(汗))でも、彼は「世界最後の切り札」とまで呼ばれる、トップシークレットな人物です…。決して、自分ひとりの考えで動いてはいけない人です。Lは、常日頃から、普通に暮らしてる私たちには想像もできないような制約にがんじがらめにされていることでしょう。その制約によって、一体普通の人が当たり前にしてるどれほどのことが、Lには制限されているのでしょうか?!
Lは今まで3000もの事件を解決してきました。それらは、Lにどんな気持ちを残して、Lの事件簿に記録されていったのでしょう…。キラ事件…、LABB殺人事件…、規模は違えど、これらの事件のようにLに深い悲しみをもたらした事件だってあったはず。何より、本当は優しいLのことです…、データとして解決済みの事件を処理することを覚えても、特別に係わった犯人や被害者の末路や悲劇的な事件は、忘れようとしても忘れることができなかったのではないでしょうか。
それに、いくら解決しても解決しても、日々世界のあちこちで繰り返される事件…。世界を守る『L』として、これほど日常的に繰り返される悲しみがあるでしょうか。

『L』として生きている、だから、Lの全てはL自身によって制されているのだと、私は思います。だから、千変万化してるように見えても、Lのペースは一定に保たれているんです。
そして、Lの全ては、豊かな心と深い優しさと消えない悲しみに裏打ちされているんです。



…何か、テーマから大きく逸れてしまったような気がしますが…。
しかも、これだけ偉そうに語っておいて、まだまだまだまだ研究が足りない気がします!Lよ、あなたが世界で一番の謎ですよ!!
わ、わかってもらえたでしょうか…(憔悴)遠慮なく質問とか指摘とかして下さいね(汗)

| 語ります | 21:47 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猫まみれLまみれ

秋刀魚が美味しい季節ですね。秋刀魚と大根おろしとビールを前にした時、日本人でよかったなぁ、としみじみ思います(日本女子オッサン化現象)
たんは、お砂糖たっぷりのホットコーヒーやココアが美味しいなぁ、ということで季節の変わり目を感じればいいよ(25歳の男子の方がが女子っぽいってどういうことなの?!)

本日は、以前猫まみれのLを描いたときに、ナコさんが「子Lと猫のも描いて!」とリクして下さったので、可愛いナコ隊員のお願いなら~♪と、浮かれまくって描いた絵を載せます!ナコ隊員!ナイスリク、ありがとうッ!!!
子Lと猫だなんて、世界の果てまで萌え転んでいきそうに強力なカップリングですよ?!ウホホオホホ!(描いてる間ずっとこうして笑ってた女)ていうか、お姉さんのことも構っておくれよ~!猫と子Lと、両方から構ってくれたら、私、も、もう、発作が!あへ~。

と、妄想だけはたくましい私…。ところが、あへあへ言いながら描き終わってみると…

IMG_000053.jpg

あれ??これじゃ、子Lじゃなくって三頭身のLかも…??
まぁ、これはこれでいいか♪描き終わってからイメージしてたのと違うって気づいたので(遅いな!)こんなん言うてますが、これも好きですよ(だから載せてるのだ)
ごめんね、ナコさん、子供じゃなくなっちゃった(汗)でも!子供のLと猫たんにはもう一度チャレンジします!ていうか、Lと猫なら何枚でも描いていたいんだけどね!

この中に、ナコにゃんこがいます(笑)どの子でしょう??

| イラスト | 22:59 | comments:25 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEATH NOTE/A 感想 その2

一日開きましたが、本日は「DEATH NOTE /A」の感想記事その2をお送りします。
その1では全体について触れましたので、今回は掲載されていたインタビューページを通して、アニメの例のアレやコレにもう一度触れてみたいと思います。

↓それではどうぞ♪↓


○大場先生&小畑先生○

大場先生ッ!私、何より気になったのは「番外編」という一言なんですけど?!もしかして、子Lの話を作ろうとなさってたんですか~?!?!わぁああぁあ!!いっそ知りたくなかった~!!悔やまれてしょうがないよぉ!!計画的に連載終了したのはいいけど、番外編とかはぜひやってほしかった…。ううん、今も待ってるよ…!
お二人とも、まるで一ファンのようにはしゃいでおられましたね(笑)両先生とも、魅上のアクションに大喜びでしたし♪
大場先生の「は感情を入れないで…」という注文は、Lのキャラがアニメ的に大げさにならないようにってことかな?と思ったり…。勝平さんの演技にも感動していらしたので。

○その他のインタビュー○

井上敏樹さん(脚本・シリーズ構成)…「哀しいっちゃ哀しい奴だよね」という言葉に頷く…。
北尾勝さん(キャラクターデザイン・総作画監督)…Lの話に食いついてる気が(笑)Lラブなんですよね♪
松山ケンイチくん(ジェラス役)…ジェラスのことよく考えて真剣にやってくれたんですね。松山くんのジェラスは本当に上手かった!

○荒木哲郎さん(監督)○

荒木監督に質問することと言えば、25話と最終話のオリジナルシーンしかありません!放送時、オリジナルシーンについて文句を言ったりもしましたが、「そのままなぞっても読後感は再現できない」んですよね~。勉強になりました。
で、問題のオリジナルシーン…。監督の意図はわかったけど、やっぱり思うことは色々あるわけで。
デスノートは月を中心にして話を作ったという監督。最終回は、その意図通りに原作では描かれなかった月の悲哀を見事に表現してました。アニメとしては、あの終わり方でよかった…、ということなんでしょうね。最後にLの幻を登場させたのも、二人の最期を同じ構図にしたのも、Lと月の関係を軸にして物語を書いた結果なんですね。う~ん、やっぱり原作は原作で、アニメはアニメなんだなぁ。別物だわ…。そこが面白いのだけど(笑)
そして、25話の足拭きシーン…、明確な意図をもって書いたとのことですが、どういう意図だったかはもう明確ですね(汗)Lがイエスだったということか…。しかし、この回、やたらと台詞が少ないと思ってたら、これも意図してのことだったんですね(悲)だから胸中がなかったのか…な…(やっぱり不満)
「見る人の望むものが映るように…」と監督は答えてましたが、確かに、見る人には「Lの勝ちにも取れる」作り方はいいと思うし、感謝もしてます!自由に解釈できることは、ある意味幸せなことです。でもぶっちゃけると、私足拭きシーンなんかは望んでなかったんですけどね(もう何度でも言うさ!)そのことに関しては私と監督の意見は平行線だな(笑)私自身は、「Lの勝ちにも取れる」とは思ってなくて、あのシーンは絶対に「月がLに負けた」シーンだと思ってますから♪
しかし、Lの「もうすぐお別れです」の台詞は、私も大切な台詞だと思ってます。意味もどちらともとれるし…、何より、それを言った時のLの気持ちを思うと、胸が痛くてたまらなくなるのです。
…やっぱり、アニメがあってよかったな。監督、感謝です!

25話・最終話放送当時の感想記事はこちらから♪スクロールしてね♪

○宮野真守さん&山口勝平さん○

私、この方たちのインタビューを読んだ時に、思いっきり感動してしまいまして…!!!お二人とも、とてもデスノートとご自分の役を愛していらっしゃいますよね。しかも、キャラへの思い入れが強く理解も深く、相手のキャラのことまでよくわかっていらっしゃる。このお二人がLと月を演じてくれて本当によかったと思います!
もう何がよかったかって、いっぱいありすぎて書ききれないんですけど(笑)お二人の話されることが、私の思うこととまったく同じだったので、本をお持ちの方はぜひ熟読して頂きたい!そこには、演技以外にもお二人のキャラに対する愛情が満ち溢れてます。
原作もちゃんと読んで下さってたようで、オリジナルシーンを撮る時は、監督と納得いくまで話し合われたそうですよ♪やっぱり、Lと月になってくれた人は、監督よりキャラを分かってるね(笑)勝平さんは、25話でLが「ワタリ…?」と震える声で呼びかけた(泣)シーンに、「一人の人間としての証」を見せたかったと語っています。そうなんですよ!あの子は本当はそんな子なんです!本当は…、辛くて苦しくて怖かったに違いないんです…(涙)
興奮しすぎて文章変になってないかな(汗)もう、ここまでシンクロするか!っていうくらい、お二人の意見は合ってるんです。私の意見にもね。月とLは似てます。それは、幼稚だとか負けず嫌いだとか性格的なとこだけでなく、もっと中の方が似てるんです。けれど、決定的に違うところがあるんです。だから、理解はし合えても「月とLは絶対に相容れない」んです。それが、「キラ」と「L」の対立であり…、相手の命を奪うまでの戦いになってしまったんです。足拭きのシーンは本当に象徴的ですね(でも嫌)ああ、これも語ると長くなるな(笑)もうやめとこ。脱線してるし。
その他、ポイントとなった箇所をいくつか…。「生まれてから一度でも~」は本当にシビレました!お二人が語るように、Lだから月に届く言葉なんですよね。「彼の退屈を埋めてくれるのは~」そうそう…、だからあの子たちはお互いしか見てなかったんですよ…、本当によく理解していらっしゃる。
そして、個人的にものすごく共感した箇所。
「シリーズを通して心が交わったのは~、今度一緒にテニスしよう」
大場先生が、この前にある「はじめての友達」宣言を大嘘と言われた時、しょんぼりしたものですが…、その分、私はこの台詞こそLの本心だとずっと思ってきました。友達じゃなくてもいいんです。ただ、二人でやったテニスが楽しかったから…、だから、もう一度月とテニスしたいなんて思った。それだけのことなんです、でもそれが、大事なことなんです、Lには。月にしたって、テニスをしながらの頭脳戦に高揚していたはず。攻めの態度で張り切ってたし(笑)負けず嫌いなんだもんね♪
それに、この約束は月がキラの記憶を捨てる前、というのがポイントなんですよね~。だから…、たとえこの約束が「嘘」になるのだとしても、約束をした時の気持ちは「本当」なんです。

関連記事→「Lと月の関係性※BL要素あり


インタビューはやはり読むべきですね、関心のあるところはね(笑)

| Lと過ごす日々 | 21:55 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Lと模木完造

を描くのは楽しいなぁ♪
会社でヤなことがあっても、帰りに雨に降られても、Lの落書きしてるとすっかり気持ちが晴れるよ。
もうすぐ10月…、あの子の生誕月だよ!ていうか、9月も半ば前にすでに楽しみにしている私ってばどうなの??
だって、初めてのお誕生日会だもん!いっぱい楽しいことしてあげたいじゃな~い!
というわけで、あれこれ考えてはボケーッとLに想いを馳せる初秋の日々でございます。

で、今日の更新は全然誕生日関係ないです(笑)まだフライング祝いとかしませんよ(当たり前だ)
以前、Lと模木さんの仲良し妄想文を書きましたが、今日はその延長みたいな漫画を描きました。頂いたコメでも、Lは模木さんのことが好き・または気に入ってるという意見が多かったです♪やっぱり、できる人は好きなんでしょうね~。や、松田のことは嫌いじゃないと思いますけど(笑)
仕事ができるだけじゃない、模木さんは気は優しくて力持ち!その上料理も得意ときたら、Lとの相性は良さそうじゃないですか??

death6.jpg


くんは、本当に失礼ですね(お前が一番失礼だろ)

| 漫画っぽいもの | 22:10 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

DEATH NOTE/A 感想 その1

アニメスペシャルが終わってから、アニメ公式解析ガイドなるものが発売されましたね。
その名も「DEATH NOTE /A」ドイツ語ですかね?コミックス14巻のような扱いだそうですよ。
【訂正】
本当にごめんなさい(汗)コメ欄にて「タイトルは『スラッシュ エー』と読むんですよ」と教えて頂きました。表紙では『14』に見えるけれど、奥付では確実に『/A』になっとるがな!めっさ恥ずかしい~!!!穴があったら埋まってしまいたい!Airさん、ありがとう…。とりあえず問題ありそうなタイトルとリンク誘導だけ直しました。ていうか『/A』ってなんだよ!紛らわしいよ!ごめんなさいよ!(逆キレ)


blog-96.jpg

中身は文字通りアニメ解析本で、1話につき2ページで進行、アニメ版キャラ紹介や、レアな設定資料の数々、監督や声優、それに原作者へのインタビューもあり、かなり充実した一冊に仕上がってました。お値段もお手ごろですし。言うまでもなく、インタビューと設定資料以外はみんなカラーです。表紙と同じポスターもついてます。(北尾氏の描き下ろし♪)

…とまぁ、形式的な紹介文はこんな感じで(笑)でもって、ここはブログですから、萌えがなければお話になりませんよね!ていうか子Lのお顔が出たとあっちゃ、黙っていられんでしょ!
というわけで、今日はインタビュー以外で夜崎的にオススメの所を萌え話しを交えつつご紹介したいと思います。インタビューについては別に記事にしたいと思ってます。明日か明後日には~。


○キャラクターファイル○

いや~、しかしね!こういう一冊にされると、アニメでの「Lの扱い」がよ~くわかりますよ…。全体にうっすら流れてるから(汗)各キャラの名台詞が、紹介ページにひとつ選ばれて載ってるんですけどね…、それ選ぶか…っていう…。あ、そう…、やっぱそういう扱いなんだ、ふ~ん、みたいな…?別に今更すぎるからいいですけどね。
あ、キャラ紹介ページについてでしたね(笑)聞き返すLが切れてましたが、ケーキ食べてやる気ないLがいたので、満足です♪生年が原作とは違ってました。アニメ放送合わせですね~。
表情集の設定資料も掲載してあり、Lは「目力は強いが、表情のバリエーションは少ない」と書かれてましたが…、私には表情豊かに見えるのですが(笑)よく見て~!キュッと閉じた唇とか、意外とよく語る目とかさ♪可愛いよ!

○ストーリー解析○

基本的に、大筋を追っていけるように分かりやすく作ってあったと思います。私は、画面のチョイスがいい感じだと思いました♪Lたんの可愛い顔、ナイスショットがよく選ばれてるよ~!救急隊員コスなんか、大きく載ってるし!個人的に23話「狂騒」で、叫ぶ前のLが、ぐっと唇を結んでいるのがレアだなと思いました(どんだけ~)画面の説明や名台詞のチョイスも悪くないです。
たまに「コラム」がくっついてまして、そこに書かれてる内容もLのが多くて楽しいです♪寒天タワーとか、ミサのマネっことか。あ、二部もそれなりに載ってますよ(ついでか)
25話と最終話は4ページで解説。

○美術ボード・絵コンテ○

私、スタッフさんには全然詳しくないので…、素直に絵の美しさを楽しみたいと思います♪
Lの部屋…、やっぱりパソコンしかなかったか(笑)スピーカーとマイクはどこいった??
月の部屋…、こうやって見ると、17歳とは思えない整理整頓ぶり。彼こそ潔癖症なのか??
ホテル②…、なんで暗いのかようやくわかったよ(汗)映像の鑑賞・分析のためには暗い方がいいのよね。
ミサの監禁部屋…、!!!酷似って?!それはないだろ…多分Lビル内だろ…???
Lビル…、いつ見てもカッチョイイし、とても23階建てには見えない。
SPK本部…、Lビルの方がカッチョイイもん!!
ワイミーズハウス…、質素な方が良し。ところで、こないだ実家に寄った時にハウスにそっくりな絵がありました。写真に撮ったよ。どこだろね??

blog-97.jpg

Lの幻…、この段階から細かく描き込まれていて、監督の思い入れを強く感じる。対照的な二人の位置は、こちら側とあちら側…。
後期OP…、なんで回し蹴りLたんを載せない~!!

…詳しくないくせに、やたらと語ったな…(汗)

○設定資料○

キタキタキター!!!もう、このためだけにこの本買ったっていいくらい!!(そんなことないです楽しいです解析本すごい!)残念ながら、Lたんは『L』制服着用のため設定が少ないのですが、ポーズはたくさんあったと書いてありました。こうして見ると、姿勢の悪さはハンパじゃなく、しゃがんでる姿は丸くて可愛いです♪雨に濡れLも載ってます…、これは…、ブラックにはたまらんです!!(じゅるり)ある意味、子Lより重要だ。
「Lのおやつ」としてあんみつのお膳があったんですけど、ちゃんと塩こんぶもついてたよ!愛を感じるね♪Lは食べないだろうけどね(笑)
そして、いよいよ「ワタリとL」通称「爺さんと孫」の登場!!!

blog-98.jpg

背丈はワタリの腰までしかないから、大体8歳くらいとかになるのかな?ふ~む。ところで、ワタリは全然変わってないね!
子Lのお顔は、子供の顔だけど表情は今とまったく変わらず…読めない感じ。無表情で睨むようにして前をみてるけど、ワタリの手はしっかり握ってる。大き目のコートとズボン、顔が隠れちゃうくらい巻いたマフラー。誰が巻いてくれたのかな?君がここへ来る前のこと、そしてここへ来てからのこと、また想像してみたくなったよ~♪
あと、マットの素顔には驚きました!超美形なんですけど~!ゴーグルなんかやめなさいって!

blog-99.jpg



次回は、インタビューページに触れつつ、例のアレや最終回のアレについて書きたいと思ってます。ちょっと考えまとめよう…。

アニメを振り返るのに最適!(多分、スペシャルより…)今の時期購入された方は、帯は外してどっかにしまっておきましょう。

| Lと過ごす日々 | 21:20 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Lに似合うデザートを探求する会

コメ欄で教えて頂いた「DEATH NOTE/Aアニメーション公式解析ガイド」なるものを購入しました。ん~、テンション上がったり下がったり…。そのうち、記事にしたいと思います。


本日は「に似合う」シリーズ~♪
このシリーズ、お題をみつけるまでが長いけど、そのお題に添って妄想しだしたら止まらないのよね(笑)
さて、今日のお題は「Lに似合うデザート」です…。みなさん、今、画面の向こうで突っ込みましたね??

Lには世界の全てのデザートもしくは甘い物が似合うんじゃい!

はい、そうです。もちろん、Lに似合わないお菓子なんてこの世の中にはありません!なんたって、Lはスウィーツ界のプリンセスですから!あ、間違えたんじゃないよ!これでいいのですプリンセス!
でもまぁ、その中でも特に似合いそうなデザートをピックアップするのも楽しいじゃないですか~。
というわけで、今回は何度か描いたことのあるケーキやアイスはお休み。かわりに、Lが喜びそうなデザートを別に選んでみました♪

まずは、プリンセスに相応しいデザート「パフェ」

IMG_000052.jpg

あれ、一緒に入っちゃったよ?
わかった、入ってていいよ。お客さんに一緒に食べてもらうから…!
パフェの語源は「パーフェクト」だそうですね。パーフェクトなデザート。アイスもケーキもクリームもフルーツも、何だって乗っかってる♪DVDのジャケットでも食べていたし、パフェを目の前にしたらLの真っ黒な目もきっと輝くはず!

そんでもって、パフェとは格段に差があるけど、これまた甘党心を擽られるデザート「プリン」

IMG_000051.jpg

しかも、ぷっちん♪
プリンアラモードは原作で食べてたから、ぷっちんの楽しみがあるやつをLにあげてみました。ものすごこく…嬉しそうにぷっちんしている…!!
きれいにぷっちんできたら、Lだって嬉しいでしょうね♪

L「松田!いえ、松田さん、ぷっちんプリンをぷっちんしないで食べるとは何事ですか」
松田「す、すみません、竜崎~!」

ぷっちん奉行竜崎。


Lに関する探究は尽きない。

| イラスト | 20:39 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アニデス最後の打ち上げ花火?!

アニデスで盛り上がった2006年後半~2007年前半…、好きだけでなく、多くのデスノートファンを熱くさせたアニメ化の締めくくりは、夏の終わりと同じ日でした…。
しかしッ!まだまだ、アニメの勢いは終わってなかったのです!

アニデス公式サイトのグッズコーナーが大変な事になっている!!!

実は久しぶりにアニデスサイト見たのですが、以前見たときより格段にグッズの数が増えているような?!すごいなぁ、これ全部持ってる人とかいるのかなぁ。いるんだろうな~!
しかし!注目すべきは新作グッズ!アニメも終わったというのに、まだまだ勢いは衰えない様子…。それどころか、ここへきてとんでもないもの出してきたよ?!私が日参している大好きブログさんでコレを知った時には、腰が抜けました。いや、マジで。ついでに椅子で頭も打った。痛い!
というわけで~、もうご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、今日は夜崎的に気になるアニデスグッズを、新旧交えて紹介したいと思います♪アレが出たら…ぎゃー!と叫んで下さい!


公式サイトのグッズのページはここから!→Lが、Lがぁ!
♪スクロールすると新着順にグッズを見られます♪
↓では、どうぞ!↓


○DEATH NOTE 2008年カレンダー○

2008年も変わらずアニデスで盛り上がっていこうぜ!という熱い方にはオススメの超定番グッズ。部屋がデスノ色に染まります。アニメならでわの質感を伴った、キモエロカッコカワイイLが満載になるはず?!カレンダー用に描きおろしもあるそうです!しかし、L好き的には非常に警戒心が必要とされる商品。購入は、中身を見てから検討しましょう。どうせなら、Lオンリーにしてくれればいいのに~。

○ジグソーパズル(300ピース)○

で…出たッ!ついに出た~!ニアの一番のお気に入り、ワイミーズ特製のLロゴ入りホワイトパズルだ~!私、これ結構本気で欲しかったんですよね…。大場先生はなんて素晴らしいアイテムをニアに持たせてくれたのだろう!妄想が広がりまくりです。サイズも原寸ぽいですよね。でもこれ、発売が8/9予定になってるけど、ほんとに発売してる??購入ページになかったけど…。

○ハンドタオルL○

これはびっくりした(笑)かつて、うちのコメ欄で泣いちゃったL好きさんに、私は架空のLロゴ入りハンカチを配ったりしてたもので…。途中から、ハンドタオルタイプもあることにしてね(笑)黒はあいにく用意しなかったけど、こんなとこにあったのね!ひとつ買っちゃった♪

○ブロマイド(2種)○

ぎゃー!
やばいやばい、コレほんとやばいでしょ?!やっちゃったでしょムー○ックさん!!どうして私がスーツLを溺愛してることをご存知なの??いや、これはL好きみんなの夢だよ~!!本当にありがとうございます!!発売したら、速攻で買わせて頂きますッ!(こんなとこで…)
↓以下、激しく暴走気味のブラック夜崎な感想なので反転↓

「とってもかっこいい」と形容されているのですが…、なんちゅーかね…、エロイ。そんな上目遣いで見るな。もう、もうどうしていいかわからなくなるだろ?!スーツが嫌で、早く脱ぎたくて(!!)仕方ないように見えるだろ?!そんな中途半端に、そんな挑発的に脱ぎおってからに!!絶対一人で着たんじゃないな?!袖のボタンはそうやって外すものじゃない、が、よし!ッ!ちょ、おま、襟元が、襟元が、あああそのズボンすでにベルト抜いてない?!ていうか裸足?!下、裸足か?!やばいよもう…私が

は、はやく発売してくれ~!禁断症状がでるッ!
あ?となりの何とかさん??目に入らなかったよ。ていうか、あいつすでに大人になってスーツ着てるじゃん。ていうか、あの色はホストじゃん…。

他には、ミニクリアファイルもオススメ♪ちびな絵柄がとってもキュート♪Lなんかカップに入っちゃってるし(笑)ニアもメロもたまらんよ!(は鉛筆がでかいからなぁ)
あと、女子にはあまり関係ないリュークの男物下着とかあったので、どうせならLたんの水色トランクスを出してくれればいいのにと思いました。買って履くよ?

| Lと過ごす日々 | 22:14 | comments:8 | trackbacks:4 | TOP↑

≫ EDIT

Lとワタリの子供たちのためのリンク集

私が尊敬していたブロガーさんが、ブログを無期限休止されたのを受けて、このリンク集を作りました。
hanakaさんは、と、俳優の松山ケンイチさんをとても愛して尊敬していらした方で、彼らの為に、彼らに関係したり彼らに似合うと思う福祉や環境問題のサイトを、とても吟味されてリンク集として私たちに教えて下さいました。
私は、リンク集の内容もさることながら、一生懸命にリンクを探し、それを暖かく謙虚な言葉とともに紹介して下さったhanakaさんご自身に、とても深い感銘を覚え、尊敬の念を抱きました。
hanakaさんのブログが大好きでした。

微力ながら、なんとかリンク集を引き継げないかと思い、色々と悩み、結局こういう形に落ち着きました。
当ブログは「DEATH NOTE」のLのブログなので、彼に似合うリンク集…という形のつもりです。
継ぎたい気持ちだけで作ったのではありません。どんなに些細なきっかけでもいい、ひと目だけでも見てもらえたら、あなたの中に福祉や環境問題を考える気持ちが小さく芽生えるからなのです。私は、それが一番大事なことなんだと思っています。

タイトルは、ワタリが世界中に子供たちの養護施設を創設していることと、Lがワイーミーズの子供たちを大切にしていたことからつけました。
それでは、どうぞ。(紹介の仕方や添えられた一文はhanakaさんのものを使わせていただきました)


◎セーブ・ザ・チルドレン
http://www.savechildren.or.jp/index.html
 子どもたちのための民間の国際援助団体です。


◎世界の子供にワクチンを
http://www.jcv-jp.org/index.php
 2000円で約100人の子供にポリオワクチンを贈れます。


◎チャイルド・スポンサーシップ
http://www.worldvision.jp/over0702/info_child.html?banner_id=ggl-sav
 1人の子どもを月々4,500円で継続支援します。


◎みんなのチャリティーコンサート 5
http://homepage2.nifty.com/Ainoyume/page064.html
 臓器移植支援のコンサート。演奏する事も聴く事も寄付になります。


◎絵本 【地雷ではなく花をください】
http://www.aarjapan.gr.jp/shop/sunny.html
 難民を助ける会の地雷廃絶キャンペーン絵本です。


◎イーココロ!
http://www.ekokoro.jp/
 クリック募金等で無料で国際協力NGOに募金できるサイトです。


◎地球の秘密 
http://www.aikaeye.com/main.html
 環境問題を考える作品を完成直後、12歳で亡くなった少女の本。
 国連環境計画より賞を授与され各国語に翻訳され広まっています。


◎もし世界が100人の村だったら
http://homepage1.nifty.com/hiroshi127/100people.htm
 二つの詩を読んで、考えてみて下さい。
めぐるん♪さんに教えて頂きました)


自分でも増やしていけたらいいなと思ってます。
「こういうのもありますよ!」というご報告も大歓迎です。
あなたの中に、小さな芽が生まれますように…。

| Lに関するリンク集 | 21:00 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

L「今度は私が相手ですよ」

ぎゃ~!やっとキター!!!

「オーシャンズ13」は観に行ってないし、発表になってから少したってますが、公式をチェックしに行ったら見れるようになってましたよ!
私と同じように、まだ見てなかった方は今すぐご覧あれ!

スピンオフLの予告編第三弾!!!

公式サイトはこちらから!→あのワタリが唖然…

オーシャンズの今度の敵は、FBIに助けを求められた「世界の切り札」?!
名探偵には何だってお見通しなのだ!
第三弾は、まさかのあの人、いや、あの馬鹿が登場します!
まさかの馬鹿発言!

このおおおおお!おみゃあはどこまで阿呆なんじゃッ!!!

あまりと言えばあまりの発言に、でなくても頭が痛い私です…。ほっぺた抓ったろか!
おめーのような奴は、漫画にして扱き下ろしてやる!

IMG_000050.jpg

Lもとうとう匙を投げました(笑)

ところで、「馬鹿」っていう松Lにときめきまくりました…!
なんて可愛くて憎めない「馬鹿」なんでしょう。
笑って「出なくていいです」って言う辺り、松Lの方が愛嬌あるかな…??
不機嫌を隠そうともしないLは好きですけどね(笑)


関東地方のみなさま、どうかご無事でいらっしゃいますように!!!お気をつけて~!

| L change the WorLd | 23:11 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の好きなL 潔癖症疑惑?編

ただいま~♪
空中庭園は面白かったけど、絶対日に焼けたわ…(汗)


本日は「私の好きなL」シリーズ、潔癖症疑惑?編をお送りしたいと思います。
あのアニメスペシャルでの、のりライトされた出会い…、ビデオが終わるまでの恐怖の凝視タイムが始まる前に、我らがLたんはとんでもないことをやらかしてくれました。
自ら握手を求めたにも関わらず、相手の目の前でハンカチで手を拭く暴挙。
これのおかげで、全国のデスノ初心視聴者に「Lは潔癖症で、あととんでもなく嫌味」というイメージが植えつけられたことと思います…(真偽はともかく)

そもそも「Lは潔癖症」という設定は、13巻の小畑先生のインタビューからきてるんですよね。「最初、Lは潔癖症だと思ってた…」とういことで、そこからあの奇跡の持ち方が生まれたのだから、非常にありがたい設定なわけですよ(笑)そんでもって、原作のLの所作というのは、少なからず小畑先生の「Lは潔癖症だと思ってた」設定に裏付けされている可能性が高いわけです。
でもでも。じゃあ「Lは潔癖症なんだ」と思って原作を読み返してみると…?う~ん…、どうもそうとは思えないようなシーンがいくつかあるのです。ていうか…、当のL自身が、世間一般で言う「潔癖症」とは無縁そうな存在なんですけど…??みたいな?!(私の潔癖症のイメージは、服装も髪型もキチッと清潔で折り目正しい人、という感じ。眼鏡装備だとなおいいです←何が…)
これは…、妄想家の血が騒ぐぜ!!(ついに変な肩書きを背負うように…)前々から疑問に思ってたことなので、ちょうどいい機会です♪
というわけで、今日は一体どの辺までがLの中で「潔癖症」ということになってるのかを、勝手に分析してみたいと思います。
一応、これも「私の好きなL」シリーズです(汗)こんなふうに、自分勝手に考えるLが好き!ってことで…!


Lは、およそ潔癖症な人間には見えない。少なくとも見た目は…、ボサボサ頭に、ずっと着たきりのようなシャツ、ヨレヨレで擦り切れたシーンズ、おまけに、裸足。本当に潔癖症な人(あくまでイメージ)が見たら、眉を寄せそうな見た目かもしれない…。
おまけに、初登場時はやたらと体を掻いてたし、お菓子の食べかすはポロポロ落とすしで、いっそズボラと言われた方が納得のいく有様。いや、私はそこが好きなんですけどね(笑)推理に集中しだすと、寝るのも忘れそうな人だから…、お風呂に入るなんて事は、その時には綺麗サッパリ忘れているのかもしれないなぁ…。う~ん、そこは入ってほしいとこなんですが…。
裸足なんて、一番の疑問点ですよ?ホテルは通常土足で室内を歩きます。捜査員たちが歩き回ったカーペットの上を、Lは平気で裸足で歩き回ってました!これは以前にも他の記事で書いたことがあるのですが、どうにも矛盾を感じずにはいられない…。

しかし、Lが潔癖症かもしれない、という裏付けはあるのです。あ、あくまで私の推測交じりですけど(汗)
一番はっきりした証拠は、やはりあの持ち方ですね。あれは…、やってみると意外とクセになってやめられないもので(やったんかい)私は潔癖症ではありませんが、ついやってしまうのですが…。いくらなんでも、水筒まではあんな持ち方できません(笑)推理力に関係あるのかな?とも思いましたが、そんな細かいこと気をつけるくらいなら、推理に集中しますよね…。なので、あの持ち方はきっとL的な「潔癖症」故の持ち方なんです。
持ち方以外にも、Lの普段の姿勢が「潔癖症」を物語っているように思えます。Lは、推理のためですが、座る時はいつだって体を丸めて手を膝の上に置いてます。まるで、他人からの接触を拒んでいるかのような防御姿勢です。手を膝に乗せているのも、自分から接触することはないという表れのように見えます。
その証拠に、仲間である捜査員たちとのスキンシップは、ほぼ皆無。数少ない接触は、やむを得ず…が理由のものばかりです。
ついでに、頭のいい人は(偏見かもしれないけど)何かしら自分にしかわからないこだわりを持っていることが多いので…、Lもそうやってこだわっていたのかもしれない…?自分が使うカップやスプーンは、全部ワタリが専用のを用意してるとか(汗)自分のパソコンは誰にも触らせないとか(これは機密の意味もあるか)…やりかねないよ…?


…で、結論はどうなったかというと…、やっぱり、「Lは潔癖症だけど妥協してる面もある」という曖昧なところにしか落ち着けませんでした…。不甲斐無くてすみません…。まぁ、原作では「ハンカチで手を拭く」という決定的なことはなかったですし…、松田の手を掴んだ後、こっそり拭いていたのかもしれないですけどね(笑)
私が個人的にイチオシなのは「Lは潔癖症だけど案外ルーズなので自分がいいと思うことは平気」という理由です(笑)つまり…

誰が触ったのか分からない手摺りなんかは触らないけど、裸足が気持ちいいから常に裸足でどこでも歩く。
他人に触れるのは(怖いし)嫌だけど、腹が立ったら手も胸ぐらも掴む
24時間他人と一緒なんて許し難いけど、楽しくなってきたから必要以上に触ってみたりする…。

お菓子食べこぼしても平気です。掃除するのは私じゃありません。
あ、お風呂はちゃんと入ってますよ?服だってちゃんと着替えてます。失礼ですね、人として当たり前でしょう…、ああ、それはさっきソフトクリームを食べた時の染みです。


ただのわがままじゃん。
何が潔癖症だ。

| 語ります | 22:09 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

360度OSAKA!

20070905131611
今、時間があいたので空中庭園にきてます☆
いや~、通天閣もいいけど、やはりここはすごいね!高所恐怖症の人は、瞬時に昇天できるよ。
夕暮れからは、遊歩道に星屑が浮かび上がって、ロマンチックらしいよ~♪

ニア「そんなことはどうでもいいです」
メロ「どうでもいいことないだろ?女と来たら一発で落ちるだろうな。夜景も見えるし…」
エル「メロ、あなた遥々大阪まで来て、ナンパなんてする気なんですか」
メロ「僕はそんなことしない!マットの奴が言ってたんだよ!」
ニア「そんなことはどうでもいいです」
エル「そうですね、せっかくこうして観光に来たんです…、素晴らしい眺めを楽しみましょう」
メロ「見て、エル!海が見えるよ、あれは…大阪湾だよね」
エル「そうですね…、ずっと遠く、大阪平野が一望できます。あ、ほらメロ、大阪城ですよ」
メロ「おおっ、強そうだな…!でも、日本の城の屋根ってあんな色だっけ??」
ニア「そんなことはどうでもいいです」
メロ「それもそうだな」
エル「………ニア、あなたさっきからどうしたんです?まさか…」
メロ「そういえば、ずっと目を閉じてるよな…、ニア、お前…」
ニア「いいえ、あなた方の考えていることは全然違います、とんでもない誤解です」
メロ「目を閉じたまま言われても」
エル「では、あなたがずっとこの景色を見ないのはどういう訳なのですか?」
ニア「私はむしろ楽しんでいます、目を閉じているのはイマジネーションを膨らませているからで、あたかも空を飛んでいるかのような錯覚を…」
エルメロ「「なんでやねん」」

それでは、また夜に!

| Lと過ごす日々 | 13:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Lと猫と猫と猫!

3万打のお祝いをして、アニメスペシャルの感想は書きたいことをあらかた書いて、考えたくない事にはフタをしたら、残ったのは「を描きたい」というよくぼーでした。
Lが好きなんだ。大好きなんだ。だから、毎日だって描きたいし、いくら描いたって、飽きることなんてないんだよ~!(青い空に向かって)
都会の片隅でLばっかり描いて暮らしてぇなぁ…。

というわけで、こちょこちょお絵かきしました。
最近、うちのマンションに、野良なのに超美形の茶トラ猫が住み着いてるのです。目は金色。とってもやせっぽち。でも、フワフワして暖かい。昼間は自転車置き場で昼寝して、夜は自転車置き場で(定位置)お座りして住人をお出迎え。可愛い♪
猫を見ると癒されます。私が猫をちぬほど好きというのもありますが、最近は猫を見るとLを思い出すから
…猫の話が出た時点で、Lと絡めてくるのバレバレだった気もしますが(笑)
Lが猫だったりする絵は描いたことあるので、今回はLと純粋な猫ちゃんにしました。

IMG_000048.jpg

猫を見つめてはいけません。猫たちはシャイ(?)なのです…、そんな、人間でも目を逸らしそうな目力のある目で見つめてはいけません。
え?目は見てませんって?あ、雄か雌か見てるのか…。それもあまり見るのはどうかと思うよ…。

IMG_000049.jpg

いっぱい乗せてみた(笑)
結局、好かれてしまったようです…。


あああ、楽しいな~♪Lと猫、猫とL、無限幸せループだわ~♪
さぁて、寝る前にコミック読まなくっちゃ。Lたん、Lたん♪

| イラスト | 22:46 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

30000hit!ありがとうございます!

早くも、コメント欄からお祝いのお言葉を頂けて、とっても幸せでございます♪
30000hitだよ~!
ありがとうございます!!!

ちょっと前に祝ったじゃん、とか突っ込まないように。

うん、今回は忘れてなかったよ!自分でもちゃんとチェックしてたよ!(小心者)
というわけで、いつも遊びに来てくださってるみなさま、おかげ様でございます。「L日々」を愛してくれて、ありがとうございます。
週末の感想記事をアップした時も思いましたけど、萌え語りだけでなく、こんなふうに感想を言い合って話し合える場となれたこと、とても嬉しく思っています。みなさん、優しく愛に溢れた方ばかりで、「L日々」を励みにしてると言って下さいますが、私にとってもここはかけがえのない場所です。ここを作って本当によかったです!
これからも、よろしくお願いします!


さてさてさて…、今回もちゃんとお礼を考えましたよ♪
壁紙にチャレンジしてみました。食欲の秋です。秋らしさは微塵もありませんが、食欲だけは(甘欲?)旺盛な三つ子Lです(笑)
なぜ三匹なのかとか、そのケーキはどんだけ大きいのかとか、気にしてはいけませんよ。妄想の産物とはそういうものです。
サイズはどれも1024×768です

kabe-w.jpg

ホワイト

kabe-p.jpg

ピンク

kabe-b.jpg

ブルー

お好きなのをど~ぞ♪日替わりで色を変えてもお楽しみ頂けます(笑)


そしてそして~!もしカウンター30000踏まれた方がいらしたら、イラストのリクエストなど受けさせて頂きたいと思ってます♪30000踏んだよ!の報告と共に、お気軽にリクエストしちゃって下さい~。
それでは!

| イラスト | 21:17 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デスノートアニメスペシャル感想 リライト・ラスト編

これが最後です。
感想記事第三弾…「デスノートアニメスペシャル感想 リライト・ラスト編」

第二段はこの↓、第一弾はそのさらに↓です。
それぞれの記事に、たくさんのコメント、ありがとうございました!
読んで頂けて、ほっとするやら嬉しいやら…。
そんでもって、今回も頑張って書きましたので、読んで頂けると幸いです。
月の台詞とか引用してます。
あのラストが辛くて仕方のない方は、ちょっと時間を於いてからご覧になって下さいね。

アニメは、これで本当に一区切りついてしまったけれど、2月にはスピンオフだって控えてる!まだまだ、メディアのデスノ熱は衰えないぜ!!!
これから涼しくなりますけど、季節に負けないくらい熱く、とデスノートを応援していきましょうね♪


それでは、続きを読むところからお願いします。
読んでくださる方、ありがとうございます!



早くも、3万hitのお祝いのコメント、ありがとうございます!!またもやちょっと遅れてしまいますが、お祝い記事の更新は月曜日を予定しております!お楽しみに!

≫ Read More

| アニメ感想 | 15:29 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。