| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キラゲームプレイメモ Ep11-竜崎

長かった「DEATHNOTE キラゲーム」のプレイメモも、今回でラストとなります。みなさん、私のグダグダメモにお付き合い下さってありがとうございました。
さて、今回は攻略本にも載ってるように、隠しシナリオのプレイメモです。おまちかね、真打竜崎の登場ですよ!
この展開のためにゲームを買ったと言っても過言ではありません。そして、その中身は期待を裏切らない竜崎と竜崎ファンに優しい作りになっていました。よかった、ここまでやって本当によかった!
今までで一番長いメモになりそうですが、ここまできたらもう何かの縁です。どうぞ最後までご覧になっていって下さいな♪

※隠しシナリオなので、続きを読むところに隠しました。
未クリアの方はご注意下さい




FC2ブログランキングに登録してます。
よろしければポチッと押してやって下さい。

≫ Read More

スポンサーサイト

| 『キラゲーム』プレメモ | 21:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キラゲームプレイメモ Ep11

さて、キラゲームプレイメモのお時間となりました。
早いですねぇ、一週間経つのって…。
さて、いよいよ最終章です!長かった…ここまでくるの…。まったくプレイしながら書けばいいものの、クリアしてから大分経ってるので常に攻略本と首っ引き状態でした。それでも何らかの形で記録しておきたかったので、ここまでやってきましたよ…。
というわけで、今回の記事には最終章とEDのネタバレがあります!未プレイの方はスルー推奨ですよ!さらに、原作に添ったシーンもありますので、嫌な方も華麗にスルー推奨です。
未クリアの方はご注意下さい



Episode11 神曲-1
ついに追い詰められた火口!前門のパトカー、後門のヘリが火口を取り囲む…
竜崎ワタリ、タイヤを狙え
ええ~!竜崎の指示だったんだ~!言わなくても撃つのもいいけど、命令されてから撃つのもいいですな~(そんな話はいい)
そして、いよいよノートの存在が明らかとなり、竜崎と月がそれを手にする…。ハイキタ!月の記憶がフラッシュバック!!
竜崎の同じカットが2回も出てきたのはそれだけ印象深かったからですか月くん?
…とまぁ、こんな感じで大興奮の導入部でした。そしていよいよ舞台は本部に。少しづつ、でも確実に近づく終わりに怯えながらも、なんとか頭をキラゲームに切り替えます。ノートの科学検証が終わるまで…、キラの思考回路をもう一度検証したいという竜崎の提案でゲーム開始です。
それにしても黒月の顔はドッキリするほど怖い。

プレイヤーキャラは竜崎でL役です。ボーナス条件は「崇拝者を検挙した状態でクリア」です。またややこしいですが、最終章なので仕方ありませんね…。どうしても誤認逮捕になるので、発言力が減ります。その後の発言力回復のためにも、信頼度を上げれたら上げておきましょう。
Ep11は最終章ですから、ここの二つのゲームは難易度が一番高く設定されています。常套なら、信頼度を100にしているキャラを疑い、疑惑度を上げる発言等をして崇拝者共々アタリをつけるところですが…。
も、もう、笑いをこらえるのに必死だったんですが(こらえる必要ないのに)

黒月キラは竜崎…そんな気がするけどね」 疑惑度↑↑
竜崎「…!」(明らかに怪しい…

どこの世界に初っ端から疑惑度上げまくる奴がいる?そんなことするのは神を自称する夜神月、すなわちキラのみ!

あっという間に竜崎(私)の目を釘付けにしましたよ。まぁ、ここで「月がキラならネタ的に最高なのにな~」と思っていたこともあるのかもしれませんが、2回目にこの回で遊んだときも月がキラでしたので、案外そういうものなのかもしれませんね…。で、そこから攻めていくと崇拝者が松田(どこまでも邪魔を…)だということが分かりました。もうおしまいですか?まだ1ターンめですよ月くん。
さすがに1ターンでは疑惑も集まらないし終わらないので、さっさと松田を逮捕して(キラに裁かれてはだめです)月を調査。やっぱりキラでした。
その後は一気に月に集中攻撃をかけます。さすがはキラ、自分への疑惑にはしつこいくらいに反論してきます。でも、月くん、負ける訳にはいきません。たとえ発言力が低くても、あなたはキラです。私が言い負かされる訳にはいかないのです!(負けず嫌い発揮)
さすがにここまで一騎打ちになってくると、他の面々もアシストをしてくれるようになります。月の疑惑度100!さぁ、勝負です!

全員月に投票。
投票結果を見て竜崎の発言「キラ…これで私の勝ちだ
黒月馬鹿野郎!誰を検挙してるんだ!

ら、月…すごい変貌ぶり…(泣)

いや~、手に汗握りましたよ。ものすごい展開です。まだあのエピソードがあるのに…。(リンゴもゲット。あと一つ!)

※「神曲-2」のプレイメモはEDネタバレありのため、続きを読むところに隠しておきます。




FC2ブログランキングに登録してます。
よろしければポチッと押してやって下さい。

≫ Read More

| 『キラゲーム』プレメモ | 22:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キラゲームプレイメモ Ep10

こんばんマックス!!

あ、うそうそ、ごめんなさい、見なかった事にして下さい。
決して新しい挨拶を流行らせようとしてるんじゃありませんよッ。

月曜日はブルーマンデ~。休日に萌え尽きたり、ふと現実に引き戻されたりしちゃうマンデーに、あえてキラゲームプレイメモという需要の少なそうな記事を持ってこようと思います。どうかガッカリしないで下さい。私のブログの前で泣かないで下さい。あと2回です。
未クリアの方はご注意下さい



Episode10 終焉-1
ようやく竜崎が出てきてくれました!お帰り(?)竜崎…あなたがいないとやっぱり温いんだよぉ~(何様)
しかもまたまたを食べてくれてます♪クリームがついてるからケーキですかね?そんでもって取って置きの苺ですね!(どこを観察してるのか)
さて、火口がキラと確定したため、捜査本部はいよいよ火口がキラである確たる証拠を得るために罠を仕掛けます。竜崎が提案する計画…偽のTV番組に出演し、顔を晒すという一番危険な役に、ついに役立たずの松田が名乗りを上げる!若者が犠牲になる必要はないと反対する総一郎を押し切って、汚名返上のためのゲーム開始です!また松田かよ!

松田がプレイヤーキャラでキラ役です。ボーナス条件は「全員からの信頼度が60を下回らない状態でクリア」です。ここでは全員の初期信頼度値がすでに60で設定されているので、全くいじることなく条件を満たせますね。おまけに発言力の回復量も多いので言うことなしです。あとは、信頼度を下げる発言をせずに、いつも通りLを探しだせばいいです。難易度が高いパートですが、基本は同じなので大丈夫ですよ♪
もちろんリンゴもゲット。竜崎がLだったのが面白かったです(Lっぽくなかったのに~←竜崎の作戦?)

Episode10 終焉-2
さあ、いよいよ終わりに近付いてきました…!
松田が囮となることが決定し、奈南川尾々井にも協力を求めるために、ヨツバへ赴く。だが、奈南川たちは信用のためにLの力量を測らせることを提案する。
Lの力量を測る…?誰に向かって口きいてんですか?(目が据わってる!)
進行上しかたないとはいえ…複雑な気分のままゲーム開始です。

さて、エピソードも残すところあと一話(二話!)…難易度はかなり上がってきてますよ!
プレイヤーキャラは月でL役です。ところで今気付いたんですが、竜崎もいるのになんで月の力量測ってるんでしょう?これも囮だったのかな~?(もう内容忘れてる…)
ボーナス条件は…「キラを一回目の投票で検挙してクリア」!もはや勘に頼るしかないですね…。
時間がないので、それぞれの発言をしっかりチェックし、怪しい人物の疑惑度を積極的に上げましょう。発言力もあまり回復しないので、どんな発言をするか慎重に選びましょう。チャンスは一度しかありません!

で…、そんな手に汗握る終焉間近の曲面…、私(月)を常に励まし、助けてくれた人がいました。
竜崎ですッ!!
まず、月の隣に座ってたんですね…(私の想像では参加者たちは円形に並んでいる)
月(私)が疑えば竜崎も同調したり疑ったり…
月(私)が疑われれば限界まで反論し…
なんて…なんて可愛いんだ!なんて愛しいんだ!!息がピッタリだね…ウフフフ…。
竜崎…君がキラじゃないって僕(私)は信じてるよ。もしかしたら、僕(私)をキラと間違えてる崇拝者なのかもしれないけど…(それほどの庇いっぷり)そんなことはどうでもいいッ!
お前だけは僕(私)が守ってあげるからな!!(時間ないっつーに)

でもその回で竜崎は裁かれてしまいました(キラ検挙できず)Lと間違われたんです………

僕(私)のせいだ竜崎ぃ~!!←号泣

勝負に色恋はご法度。気を引き締めて再び挑戦しました。この回も何度がやり直してリン
ゴゲットしましたよ…






FC2ブログランキングに登録してます。
よろしければポチッと押してやって下さい。

| 『キラゲーム』プレメモ | 20:45 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キラゲームプレイメモ Ep9

こんばんは。
本日は、プレイメモの続きです。
もう9話めですか…、早いですね…。でも、7月になるとゲーム第二弾が発売されてしまいますし、それまでに終わらせないとですね!
いつまで「キラゲーム」のプレイメモとか言ってんだ、とか言わないで下さいな。本人が一番よく分かってる
未クリアの方はご注意下さい



Episode9 対面-1
はっきり言いましょう。この回は楽しくないです。だって竜崎またいないんだもん。
舞台はずっとヨツバで、ミサコイル火口の対面がメインなので…。なので、読み飛ばしてもらってもかまいませんよ☆
さて、人員不足が甚だしい捜査本部。竜崎の捨て身の死体役もあったことですし、コイルは一体誰がやるんでしょうか…?

ジャジャーン☆ ワタリでした!

ワタリ駄目ジャン姿現シチャー!!!

アハハ…もういいの?ねぇ?確かに、ワタリは貫禄あるけど…、金に汚い感じはしないですよ?英国紳士ですよ?
でも、ありがと、ワタリ…。かっちょいいよ…やっぱり万能執事ですよ…。
そんでもって、今回はワタリがプレイヤーキャラで、L役です。ミサが信用できるかどうかテストする流れなんですね。ボーナス条件は「奈美川、火口、尾々井からの信頼度が50を下回らない状態でクリア」です。これは、ワタリの初期信頼度値がすでにそれぞれ40あるので、最短でも3回発言すれば条件が満たせます。信頼度は減る心配ないですが、上げすぎると疑われるので長期戦の構えで挑みましょう。
でも、私がプレイした感じだと、信頼度↑↑の発言でそれぞれ順に上げていっても全然疑われませんでした。ワタリの人柄でしょうか(信頼度高いからだね)キラ特定に集中するためにも、最初のうちにちゃっちゃと上げちゃうのがいいです。50を越えたなら、あとはキラを探してとっとと検挙しましょう。ヨツバの誰かがキラでも、同調反論のチャンスを伺ったりすればすぐに疑惑度が上げられますよ。
前回に比べれば随分と楽勝!キラは尾々井で、リンゴもゲット!

ワタリ勝利の発言「Lの勝利は私の勝利です

老人キャラにときめいたのは初めてです…!!

Episode9 対面-2
さて、眠たいヨツバ編が続いていますよ…(やる気がないにもほどがある)
今度はミサ火口に取り入るためにゲームをします。わかったわかった(!)
プレイヤーキャラはミサでキラ役。しかし、なんと今回は火口からの信頼度が100にならないとクリアできないようになってます!面倒ですね
さらに、ボーナス条件は「火口の疑惑度が0の状態でクリア」…ややこしい、ややこしいよ!でもまぁ頑張ります(やる気…)

信頼度を100にするには、ミサの必殺発言を使うしかありません。初期信頼度値があまりに低すぎるので。とりあえず最初に使いましょう。Lの情報が得られるし、発言力の回復量も増えます。後から発言力が必要になるので、ここは大事です。当然、自分への疑いの色が濃くなりますが、この際自分の疑惑度は危険にならない程度に目をつぶりましょう。崇拝者が下げてくれたりもします。
発言力が回復したら、同調や反論を見極めて火口の疑惑度を下げます。勝負は0になってからです。Lが誰か分かっても、そのターンの終わりまで発言力は残しておいて下さい。最後の最後で火口に疑惑がかかったら反論しなければなりませんので!そこだけがネックですね。
Lは総一郎で、リンゴもゲット。特にネタはありませんでした。

ああ~!次回はいよいよ火口追跡劇のはじまりだ~!




FC2ブログランキングに登録してます。
よろしければポチッと押してやって下さい。

| 『キラゲーム』プレメモ | 21:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キラゲームプレイメモ Ep8

こんばんは。
週末の動画祭(笑)いかがでしたでしょうか?
まだ、ご覧になってない方も、お時間のある時にでもぜひ覗いてみて下さいね♪

本日は「キラゲームプレイメモ」の続きです。
まったく個人的な記録として残しておくために書いているプレイメモですが…、少しでもどなたかの参考になったら幸いです。
でも…参考にしたいようなこと全然書いてないですよね!
未クリアの方はご注意下さい



Episode8 潜入-1
ハイキタ!きましたよ!「キラゲーム」始まって以来の難所が!
今回、私の一番の難所でした…。こんなとこで…、しかも松田…松田ですよ…!松田の馬鹿…!(結局は自分のせいだろ)
いよいよ、ヨツバ編に突入です。監禁を解かれた後、竜崎はボッコリ落ち込んでいるご様子…。可愛いお顔が「けっ」となっていて面白いです。一方、未だに(!)役に立てない松田はやたらと張り切ろうとしましが、そんなこたどうでもいい竜崎の返事は冷たい。

竜崎「お役に立ちたいですか?」松田「はい!」
竜崎「では紅茶のお代わりをお願いします。ああ…あと甘い物の買い忘れのないように…」

…だからって松田、やっていいことと悪いことの区別くらいつくだろう?いくらコネで入ったからといって、お前は刑事だろう?
おみゃーがウッカリ潜入捜査なんかするから無限ループに陥っただろコンニャロ!!
でも、ここの竜崎はほんっとーに好きです!「はぁ~…松田の…馬鹿…」と心底呆れながらもちゃんと「助けてやりますか…」なんですもの!やっさし~!(ファンクラブ)
というわけで、助けられるまでの時間稼ぎのためにキラゲーム開始です。

プレイヤーは松田でL役。ボーナス条件は「自分の疑惑度が0の状態でクリア」です。まぁ、疑惑度0は残り発言力に余裕を持っていれば、同調反論で簡単です。が!この回で問題なのは参加人数の少なさです!ヨツバだというのに色んな都合上3人しかいません!これじゃミツバだよ!(寒)
キラが圧倒的有利なこの回、もし誤認逮捕でもすればキラの裁きが敵中してしまいます。キラとふたりだけになってもキラの勝ちですし。なので、疑惑度は常に低く保つようにするのですが…、ヨツバの仲間を信用しない結束力が大きな壁として立ちはだかる!誰もが誰かを疑う状況!キラどころか崇拝者の影すら見えず!プレイヤーはただひたすらに疑惑度を下げようと奔走するのみ!はい、これでは「私がLです」と言っているようなものです。結局、キラは検挙できず誤認逮捕となり(人数少ないから即決)キラの裁きも間違ってキラとふたりだけになり終了。

…こ、こんな屈辱は生まれて初めてだ…!!

そこからはこんな調子が無限ループですよ。何回やり直したかな…10回はやったと思いますよ…。時にキラとして検挙されたり速攻裁かれたりしながら。勝負がつくのが早い分、何度も何度もやらねばならないッ!最終的にバグまで疑いだした…。
そのうち、ずたぼろになりながら勝利…。リンゴもゲット…。
…松田の馬鹿。

Episode8 潜入-2
さて、泣きながら(本当に)ようやく2パートに進むことができました。
でも、その甲斐あってか、今回はとっても楽しくて美味しい展開に♪
ようやく登場したミサのおかげで、ヨツバ接待に持ち込まれる現場。しかし、そこへ現れたのはモデル仲間の女の子ではなく…総一郎が扮する事務所の社長とバイトくん。男ばっかで接待ですか!ムサイ!しかも社長はノリが悪いし…バイトくんは本名バラされてヒヤヒヤだし…ミサはお馬鹿だし…いやぁ、面白かったですよ~!(鬼)
そんなこんなでキラゲーム開始です。まだまだ面白シーン盛り沢山!続きは後ほど~♪

プレイヤーキャラはミサでキラ役です。ボーナス条件は「疑惑マークを2個つけられたこどがない状態でクリア」ちょっと難しいですね。
キラ役なので、さっさとLを見つけて勝ちにいきたいところですが、必殺発言などを使って信頼度を急激に上げると疑われてしまいます。なので、情報を得るための信頼度上げは慎重に!マーク1個までなら大丈夫ですが、できれば1個もつけられない状態で進めたいです。
あまり発言はせずに、同調と反論に供えましょう。自分の疑惑度さえ減らしておけば、疑われることはほとんどありません。
あと、月か総一郎がLである可能性もあるので、注意ですよ!
とりあえず勝ちました。誰がLだったかメモに書いてなかったですが…、リンゴもゲットできましたよ♪

そして後半の面白シーン!竜崎の素晴らしい作戦を、敵が見守る中なんとか伝えようとする社長とバイトくん。社長は松田に得意の「アレ」を披露したらどうだと提案します(頑張りました)

社長「ホラ、あの事務所の竜崎君が考えた『ベランダで逆立ち』だ!」
松田「あ、ああ!あのネクラの竜崎が!」

ま、松田あああああ!!G☆J!
事務所の竜崎君て!そうだけど!ツボってしまいましたwww竜崎君wwwwwww
そんなオリジナルなやり取りをしつつ、無事に(?)ベランダから落ちて助かった松田。模木さんがたった一人でマットを支えてくれてました。人員不足、人員不足ですよ!
なのにさあ大変!ヨツバさんが慌ててベランダの下を覗きに来ました!えっ、アイバーもいないのにいったい誰が…死体を…

竜崎「人手がないとはいえ…松田の…馬鹿…」

りりりり竜崎君ーーーーー!!!
とんでもない引き画像でしたが、死体役は事務所の竜崎君が引き受けたようです…。竜崎…きっと最後まで抵抗したに違いない…。地面にまで寝そべったんだから、松田は今まで以上に甘い物係りに励んで下さい。
文句は言わせません。

お疲れ様!G☆J!竜崎!




FC2ブログランキングに登録してます。
よろしければポチッと押してやって下さい。

| 『キラゲーム』プレメモ | 21:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。