| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛で生まれるココロの話

ある子供と老人の話。


その子供は、選ばれた大人ですら足元にも及ばないほどの、脅威の頭脳を持っていた。
見るもの聞くもの全てを理解し記憶するその子供は、同じ立場に置かれたほかの子供たちの、羨望と嫉妬の眼差しを一身に受けた。
子供は、鶏群の一鶴と誉めそやされる代わりに、文字通りひとりぼっちだった。
誰とも話さず、誰とも一緒にいない子供の姿は、周りの大人の目にひどく寂しく映ったが、本人は意に介したふうでもなかった。それどころか、心配して声をかけてくる大人を冷たくあしらった。
子供は毎日、難しい問題を解いて褒められたり、将来を期待されたり、他の子に憧れられたりしていたが、その顔は無表情を保ち続け、あらゆることに対して全く何にも感じていないかのようだった。
激励にも、妬みにも、好意にも、いたわりにも、子供は応えなかった。
いつしか、子供に声をかけてくるものは、誰もいなくなった。
そして、誰もが影でこう言っていた。
「彼にはココロがないのだ」、と。



kokoro.png


ある日、子供の前にひとりの老人が現れた。
その老人は、身なりが良く立ち居振る舞いが紳士的でいかにも好々爺然としていた。
しかし子供は、いくら身なりが良く立ち居振る舞いが紳士的でいかにも好々爺然としている者でも、自分自身の態度が永遠にこのままである限り、その素晴らしい人間性を保ち続けることなどできないことを知っていた。
老人が優しい言葉をかけてくるのを、子供は無視し続けた。
自分は何も感じないのだ。そんな無駄なことはやめて、早く諦めるべきだ。
無言のうちに態度で語った。
しかし、老人は引き下がらなかった。
面白い話を聞かせましょう。もちろん、あなたが知ってるはずのない、私の冒険譚を…
その理論には矛盾が生じます。子供では知り得ないことです…
こういうケーキがお好きでしょう。同じようなのを以前食べていました…
よくできた。いい子だね。さぁ、ご褒美をあげよう…

老人の言葉のひとつひとつは、子供の胸の奥にあって堅く閉ざされていた小さな扉を、コツ、コツ、と優しくノックした。



やがて、子供は、
老人がいつも訪ねてくる時間のずいぶん前から、
彼を待つようになった。

優しくノックされるたびに、分厚い扉が少しずつ薄くなっていくその部屋の名前を、子供はまだ知らない。





ある動画を見て、「ココロ」っていいなぁと思ったので。(ニコ厨やめられね~)
スポンサーサイト

| 妄想文・SS | 23:59 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨雨ふれふれじいちゃんが

みなさまが子供の頃に、もしくは、今現在、傘を持たずに外出した時に、傘を届けにきれくてた人は、誰でしょうか?
一番多いのは、お母さんでしょうか。それか、お父さん。二世帯や近所に暮らしてる場合なら、じーちゃんばーちゃんもあるでしょう。兄弟がいる人なら、そういうケースもあるでしょう。恋人は却下。子供時代の話なので。
私の場合、大抵は母が予報を見て口うるさく「傘持っていけ」と言っていたので、それほどまずい状態になったことはありません。けど、いったん忘れたらそれはもうひどいことになるわけで。あれは忘れもしない小学六年生の時母に言われたにもかかわらず何となく面倒で傘を持っていかなかったばかりに下校時台風のような豪雨に見舞われ雨宿りすれども一向にやまずでも早く家に帰りたかったので走れば五分だしとちょっとアウトロー気取りで濡れて行こうじゃないかと一歩屋根の庇護から外れた瞬間、ぱんつまでびしょびしょになって帰宅したという…非常に馬鹿な思い出があるわけです。
それで風邪のひとつも引けばよかったんですがね。まぁ、翌日も元気で登校したという。馬鹿が証明されただけでした。

それは置いといて。

は、そんな心配しなくても、どこにいたってきっとワタリが車で迎えに来てくれるんでしょうね。
というか、もし迎えが来れなくても、Lの中で雨宿りより優先順位の高い物事があれば、迷わずに雨の中歩いて移動しそうだと思います。自ら濡れることには無頓着。これが、誰かに水掛けられたとかだったら、三日先まで恨み倒しそうです(対夜神月専用態度)好きな人に濡らされたのなら、一生覚えていて時々思い出を反芻してそうです。可愛いな。

それも置いといて。

ここから先は、昨日のイラストの謎の妄想文。

≫ Read More

| 妄想文・SS | 23:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私のいいひとつれて来い

それほど雨も降っていないのに、じめじめな日々が続いております。
中途半端に湿度があるからね!降るなら降るで、ドバッと降ればいいのに!(同じ事を毎年言う私)
ところで、今日のFC2トラバテーマは「初デートの思い出」なんですが。(話の飛び方に定評がある私)
初デートといえば、忘れもしない去年の2月10日、グループ交際的な感じから始まったわけです。
なんつって。
先日の日曜に、またまた呪音ちゃんとデートしてきました。初デートの時の初々しさに比べると、お互いすっかり気心が知れていますので、遠慮なく熱く萌え上がりまして大変興奮s楽しかったです。ありがとう、マイハニー!また、×××しようぜ!(そして誤解を生む私)
デートの成果が、「LAST:BRAIN」にあがってますので、気になる方はどうぞ♪

さて、話は戻りまして、雨の話。というか、イラスト。
この時期の雨は鬱陶しくてじめじめとした気分に侵食されてしまいがちですから、せめてちょっとでも気持ちが晴れる萌えなどに変換してしまおうじゃないですか。
というわけで、とこえるを同時に描いて、晴ればれ気分二倍作戦!とう!

rain.png
どうやら、大人Lが、うろうろしていたこえるを迷子と勘違いして声をかけたようです。
こえるたんは、別に迷子じゃないので、きょとんとした顔してます。
むしろ、迷子だったのは、こえるたんが抱いている猫さんでした。
ていうか、子供にホイホイ声かけたら、周囲に怪しまれるぞL…(そんなLが大好きな私)
ズボンの裾が濡れるとキモチワルイので、無理やり捲り上げてみました。明らかに変。
そういえば、真っ白なレインコートって見かけませんよね。だって、雨の中だと保護色になりますもんね、白は。目立たなきゃ意味ないのに。
ビニールの透明傘が好きです。明るいし、水滴が綺麗だから。
ふぅ。


雨に、「私のいいひとをつれて来い」なんて頼む歌詞は、Lにハマリすぎてて、晴ればれするどころじゃなく切なくなったという…。

| 妄想文・SS | 23:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ワタリにHAPPY BIRTHDAY !!

HAPPY BIRTHDAY dear WATARI !!

はい、というわけで、今日はワタリの76歳の誕生日でした!
おめでとう、ワタリ!ありがとう、ワタリ!私、おじいちゃんの中であなたが一番好きです愛してる!
の側には常にワタリあり。
ワタリがいなければ、『L』は誕生しなかったと言っても過言ではありません。
ああ、ワタリ…あなたが全ての始まりなんですか?

というわけで、本日はワタリをお祝いするために妄想文を載せてみました。
過去二回、L日々ではワタリの誕生日を祝って、妄想文を載せております。ワタリの妄想文はLと同じく、とても楽しく考えられますね。
あ~大好きだよぅ!

それでは、続きを読むところからどうぞ。

※登場人物:ワタリ、こえる、ワタリの旧友
※その旧友視点の文章
※ワタリ萌え注意←

≫ Read More

| 妄想文・SS | 22:19 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

妄想劇場~桜並木~

Lと一緒の春休み」サイトにて、「おふれぽ」がアップされました!
L春当日の模様を、実行委員6人の目線で振り返った公式レポです!
LとB(主にBの進行)の司会による「おふれぽ」、必見です!



二日間お休みしてる間に何が起こったのだ。

なんだこのスポンサーサイト広告は。

こんなん出るなんて聞いてないわよFC2~!

「いえ、きっとFC2からはお知らせのメールが来ていたと思いますよ」

え、そんなん見てないもん!

L「当然でしょう。見る前にあなた削除したんですから」

…………………(※夜崎さんはいつもお知らせメールを無造作に消します。馬鹿ですね)
これも時代の流れか…。


【追記】4月11日

Lさん聞いて下さいよ~。↑のように、突如現れたスポンサーサイトについて文句を書いたら、親切で優しいL好き仲間さんたちが、理由と消し方を教えて下さったんですよ~!

L「それはよかったですね、夜崎さん。あなた、ひとりだと本当に何にも気付きませんね」

この際、私への嫌味は甘んじて受けるので、Lたんから教えて下さった方たちにお礼を言って下さいよ~。

L「なぜ私が…仕方ありませんね。真優美さん、若子さん、ご親切にどうもありがとうございました。いつか、夜崎さんのいないところでお会いしましょう」

そりゃどういう意味じゃ。



今日は、久々の流河旱樹と黒猫の妄想劇場です。お花見シーズンなのでいつかアップしようと、ぼちぼち打ってました。昨日上げたかったんですけど、ちょっと私事でバタバタしていたので、今日に持越しです。
大阪の桜は今週が見ごろ…ですが、もう葉がちらほら出ちゃってるんですよね~!
なんか…純粋に花だけの満開って、今年見てないような気がします。どこに行けば見れるのかしら?京都?奈良?もう無理だな~!

※大学生なL(流河旱樹)と、その飼い猫である黒猫(B?)の物語。

≫ Read More

| 妄想文・SS | 23:59 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。