| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Lの猫背と食事量

今日、気を抜いてダラーッと椅子に座っていたら、それを見ていたデスノを知ってる先輩に「おい、みたいになってんで!」と怒られました。
ひどい猫背だったようです。ちょっとショックでした。いくらLが好きだとは言っても、「Lに似てる」とはあまり言われたくないものです。(というより、姿勢について注意される方が問題)

本日は、そんな出来事から派生した考え事など書いてみたいと思います。

Lの猫背は、見た目にも大変可愛らしく(L好きの欲目ですが何か)、彼のチャームポイントのひとつでもあります。しかし、Lが猫背になった原因は、そう甘いものではありません。
寝ることも忘れ、昼夜問わずPCに向かい続ける多忙な仕事。
そして、その両肩に載せたあまりにも大きすぎる使命。
Lの猫背は、それらのためになってしまったもの。もしかしたら、伸ばして開放感を味わったことなどほとんどないのかもしれない。

まぁ、今はそんなシリアスな話は横に置いておいて。

人間の体は、猫背になると内蔵がぎゅっと押し込められて、胸苦しさを感じたりします。特に、胃は丁度押し潰される感じになるので、猫背のまま食事をしたりすると、そういう意味でも怒られてしまうわけです。あと、自分でも感じますよね?このままだと、胃が圧迫されて食べづらい、というか気持ち悪い…と。
なのに、何故Lは猫背のまま、しかも、L座りなどという究極に食事に向いてない姿勢で、あんなに甘い物を食べまくれていたのか?

結論から先に言えば、LってL座りしてる時に、しっかりした食事ってしてないんですよね。つまり、食事量が思ったより少ないってことです。
故に、あの座り方で物を食べる、ということで、それほどしんどい思いをしていないのではないかと思うわけです。
あ、食事量が少ないというのは、原作に限ったことです。アニメのLたんなんぞは、これでもかと食らいに食らってましたからね。サービスカット多すぎはぁはぁはぁ。

原作(13巻のアレ)を見てみますと、どう見ても「食べる」より「飲む」ことで糖分を摂取している方が多いです。飲むだけならすぐ出るs(ry、お腹に溜まりませんもんね。なので、L座りでも平気。
チョコなんかの「ちょっと摘むお菓子」にも同様のことが言えます(お腹に溜まらないという意味で)。
ただ、ドーナッツやプリンアラモードなど、けっこうずっしりくる物を食べてることも稀にありますが、そういう時はきっとすご~くゆっくり食べているのではないかと思います。
というのも、そういう場合、食べることが目的なのではなく、糖分を摂取しながら推理をすることに重きをおいていると見られるので。プリンなんか、虫食いだらけでそれはもう無残な食べ方でした(笑)
食べた分を即燃料にして、頭を働かせているわけです。

とまぁ、以上のようなことは、あくまで「L座りをして仕事をしている時」の食べ方のことですので、Lが普通に食事してる時のこと、そしてその時までもやっぱりL座りであることについては何とも言えませんので…。
あ、でもそういう時は、

ワタリ「姿勢が悪いですよ、L」 ←背中をぐっと押す

L「むぐっ…し、仕方ないだろう。猫背の人間はついこうなってしまうんだ」

ワタリ「ならばせめて椅子から足だけでも下ろしなさい」

L「…………わ、わかった…」

みたいに、怒ればいいのかな♪
スポンサーサイト

| 語ります | 22:53 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の好きなL 四季の感じ方編

通勤路でのこと。駅へ行くまでの道は住宅街なのですが、いろんな家の庭にちらほらと金木犀の木が植えてあります。おかげで、歩きながらずっと甘い香りに包まれることに。木から離れても、風に乗ってあの強い香りは届いてくるのです。
金木犀の香りと高い空とうろこ雲…それが、私にとっての「秋」のイメージ。
あとは…秋刀魚?それから、田舎から届くじゃがいもとカボチャwww(ごっさ美味い)

というわけで、今日は久々に語ってみようと思います。ただ、なんとなく思ったこと…が季節を感じる時って、どんな時かな~?

Lは一年のうちのほとんどを室内で過ごしています。もちろん、捜査上必要があればどこへだって出て行くでしょうし、一歩も外に出たくないというほど外出嫌い、というわけでもないと思いますが、『L』の仕事上、常に情報を得たり連絡を取ったりするためには、こもりきりでいなければならないわけであって。朝も昼も夜も、パソコンに向かっている時だってざらです。
おまけに、Lはいつだってあのシャツ一枚にジーパン、そして裸足のスタイルです。真夏でも真冬でも…もしかしたら、どんな熱帯の国や極寒の地にあっても、あのスタイルは変わらないのかもしれません。まさか、何かのポリシー?いやいや、あれはきっと、ワタリが完璧な空調管理でもってLに快適な空間を提供しているからに違いない。もしワタリがいなければ、さしものLだってパンツ一丁になったり毛皮のコートに包まったりするでしょう。多分。まぁ、普通の人の場合でも、室内にこもりきりでは気温の変化を感じることはできませんが。

Lが季節の変わり目を感じる時…
新聞等の日付で?(新聞とってるのか…?)(なんとも味気ない)まさか、体内時計で日数を数えてるとか?(カレンダー見ろ)そうか、カレンダー…いや、カレンダーという形になったら、Lには必要ないものに思えてくるな…(Lどんだけ)あ、お部屋の窓から見える気色とかでわかるとか…(え、なんかそれちょっと悲しい…)あ、でもでも!庭に一本の木が植えてあって、ちょうどLの部屋から見える位置にあってそれに花が咲いたり緑に茂ったり赤く色づいたり葉っぱが散っていったりするので季節がわかるとかならいいかもしれない。もしくは、ワタリが丹精している庭の花でわかるとか。木の実が生ったりしたら、捜査放り出して木に登って腕一杯にもぎ取ってくるとか。裸足のまま庭に出たのがバレてワタリに叱られるとか。木登りの途中でリスと目が合ったりして、木の実を分けてあげるとか………

もちろん、私が感じたみたいに、散歩に出た先で風の匂いとか金木犀の香りとか空の高さとか人々の服装とか水の色とか見せに並ぶケーキとかで季節を感じてもいい。
あ、ワタリが季節のデザート運んでくれるんだ。それでわかるんだ。
きっとそうだ!

| 語ります | 22:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の好きなL 残らない写真編

今日、帰宅したら郵便ポストに不在票が入っていました。そう、『LcW』の不在票…。あああああ~~~!!!私の、私の脳内には、配達のお兄さんに連れられてワクワクしながらインターフォンを押したのに誰もいないがためにションボリしてトボトボとお兄さんと帰っていくたんの後姿があああああ!!ちょっとお兄さん!俺の嫁をどこへ連れて行くつもりだ!!すぐさま返…くっ!受付時間外~~~!!!(すみませんちょっと酔ってるんですこの人)


さて、今日は久々に原作語りをしてみたいと思います。というのも、最近『L夏』の宿題のために、原作を眺める機会があるのです。(読むんじゃなくてあくまで眺める)それでですね、4巻を眺めている時に、ちょっと気になったLの台詞があったんですね。

「実際私はどこにも写真を残していません。自分の出入りした、例えば東応大学にもです」

まぁ、これは結構有名な台詞ですから、今更取り立てて驚くようなことではないのですが…。でもですね、よく考えてみましょう。
自分が今まで写っている写真を残らず処分するなんて、本当にできると思いますか?
「Lとワタリがすることだから、不可能はない!」と言ってしまえば簡単ですけどね(笑)かく言う私も、最終的にはいつもその答えに落ち着いています。そんなの考え出したらキリがないですし、やっぱりあのLとワタリのすることですからね!(おいおい…)
Lは、キラ事件を扱う前から自分の姿を記録としてよそに残すようなことは極力避けていたと思います。『L』は正体不明、ですからね。なので、日本捜査本部内において上記のような発言をした時点で、Lの写真はこの世に99%残っていなかったと考えていいでしょう。キラ事件があってからは、さらに徹底したと考えてもいいです。まぁ、あのLが自主的にしろ偶発的にしろ写真に写った機会なんて、Lの記憶にバッチリ残るくらいの数しかなかったと思いますがね…。
さらに、東応大学の件でもわかるように、Lは日本に来てからもずっと写真に撮られることを警戒していたことでしょう。もちろん、ワタリの写真も然り…です。ほら~、「世界のLを激写!」とか言ってこっそり写メとか、いかにも松田とか松田とかがやりそうじゃないですか。そういうのは、時にはワタリが問答無用で消去したり、時にはL自身が蹴り食らわせたりしながら消してたと思います(笑)
で、Lは大学に行く以外ほとんど「外出」はしていなかったので、最も注目すべきは大学内での写真撮影があったかどうかという点です。
まず、大学側が撮影したと思われる、入学式の模様の写真等。これは問題なく消去できますね、撮影元がわかってますから。で…、何が問題なのかというと、不特定多数による撮影です。一番わかりやすいのは、京子さん(笑)

考えてもみてくれ!キラ事件だとか『L』だとか一切知らない状況で、ごっさ可愛い萌えストライクど真ん中な猫背の男が目の前をウロウロしていたら、君は絶対に隠し撮りをしないと言い切れるか?!

言い切れる人は、おそらくうちを見にきてくれてないと思います(笑)撮っちゃうでしょう、そこはもうシャッターチャンスとばかりにバリバリに撮っちゃうでしょう。一人でギャアギャア言いながら撮ってしまう人もいるでしょう。そういう人は安心です。後で絶対にワタリに目をつけられてデータを没収されますから。(ワタリは陰ながらLの周囲の状況をくまなくチェックしていると仮定)だがしかし、撮影者が非常にムッツリであった場合は…ワタリでも気付けないくらい、密やかに写真を撮られているのかもしれないのです、Lたんは!
これが、99%と言った理由のひとつです。(どこまで突っ込むねん…)
まぁ、たとえどこかにこうして写真が残っていたとしても、「その写真の人物=L」という式とさらに「キラが接触できる可能性」がないとまったく意味をなさないので…安心ってことですね!

でもって、99%と言った理由のもう一つ…。まったく写真が残っていないのは、なんだか寂しい気がするものですから、妄想で補ってみました。
Lが心から信頼している、Lが過去に出会った特別な人たち(ごくごく少数。もしかしたら片手で足りるかも?)ならば、Lの写真を自分の最も大切なものと同じくらいに大事に持っておいてくれているかもしれない。
きっとそこには、『L』ではなく、ひとりの人間としてのLの姿が、今でも鮮やかに残っているのでしょう。

≫ Read More

| 語ります | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の好きなL 特殊すぎる座り方

すでにご存知の方も多いかと思いますが、私の方からもお知らせを。
今週発売のWジャンプによると、今年でWジャンプは創刊40周年を迎えるそうです。おめでとうございます!だから、映画等で大活躍したの特集をがっつり組んで下さいよ集○社さん!!!!!

それで、なんと某コーヒーメーカーと歴代のジャンプヒーローが、ポスターでコラボするってことらしいです。詳しくはジャンプ読んで下さいね☆私は立ち読みしちゃったので☆

ジャンプの代表作とも言える「デスノート」から選ばれたヒーローは…もちろん我らがたんです!!!はい、当然当然!!Lを措いて他になし!!!
コラボポスターは、全国五ヶ所で確認できるとのこと。実は、私昨日某所で見たいと叫ばせてもらったのですが…ちゃんと大阪でも見れるんですね~~~!!!嬉しすぎる!幸せすぎる~~~!!!Lた~~~ん!!!も、あのしりもちポーズでも、変な台詞でもいいの…会えるなら

<Lたんのポスター要約>
・NOTカラー
・死神の存在にビックリして転倒→しりもちついたあのポーズ
・台詞「二度寝を二度して遅刻した」   ぷふっ
・コラボってるコーヒーの種類がブラック無糖(不満だ!)


大阪は、阪急梅田駅の動く歩道のところです。以前は映画のポスターも張ってました。
公開は6月1日までらしいので、今度の土曜日に用もないのに梅田をうろつきたいと思います。動く歩道の進行方向と逆に頑張りながら写真撮ってるカエルがいたら、それは夜崎です。


さて、本日はその「しりもちL」を見ていたらなんとなく思いついたことを書いてみたいと思います。ずばり、俗に「L座り」とまで呼ばれるようになった、推理力維持のために欠かせない、Lの特殊な座り方についてです。
長いので、続きを読むところに収納~。

≫ Read More

| 語ります | 20:40 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の好きなL 愛すべきパーツ編

本日は、久しぶりに語ってみようと思います。
テーマは「の愛すべきパーツ」です。昨日のコメレスをしてる時に「あ、これいいなぁ」と思ったので、色々と妄想を膨らませてみました☆
原作がお手元にある方は、パラパラとめくりながらLを観察して「はは~ん、なるほど」と軽く頷いて下さいませ。


さて、ずっと前に確かバトンでLのカラダについて語ったことはありますが、今日はLのパーツのバランスについて掘り下げたいと思います。
バランスと言いましたのは、他の人が一見するとLの身体は「バランスの悪い体」に見られてしまいがちだと思ったからです。でも、そうじゃないんですよ!!よ~~~く見てもらえるとわかりますが、Lほど私好みにバランスが整った体をしている男はいません!!(自分のことかよ!)
え~と、先へ進みましょう(笑)まず、Lの身長体重ですが、推定の数値で179cm・50kgです…。
ど ん だ け 細 い ん だ と !!
え~、Lという人は、背が高いのにかなり痩せ気味だということですね。実際Lを見ると、腕は細いわ背中は薄いわ鎖骨はくっきりだわで、お世辞にも「逞しい青年」とは言えません。初期Lなら言えそうですけど。少年漫画の主人公クラスのキャラだというのに、少年たちには「弱そ~☆」と言い捨てられてしまいそうな男です(笑)←いや、ごめんよL…
数値で見ればそんなLですけど、どういうわけかそれほど弱弱しい男には見えません。(まぁ、子供の視線は別として)何故か。よくよくLを見ればわかります。
Lって結構骨格がしっかりしてそうです。例えば、初登場時の「Lです」の場面。薄そうなシャツ一枚とダボダボのジーンズ一丁の格好なのに、どっちもきちんと体で着れてます。特にシャツなんて、肩幅がないとあんなにカッコよく着れません。ジーンズだって腰履きしてるんだから、腰骨がしっかりしてないと落ちちゃうもんね。
細いけど、骨格がしっかりしている。それがLの体の魅力(ってこう書くと別の意味に聞こえるな)の一つだと思います。
他にも見てみましょう。特に注目したいのはLの手や足です。また1巻から引っ張りますけど(最初の方がこういうことはよく描かれているので)、捜査員たちを前にしてキラに対する考えをLが話すところですが、手と足が大きいと思いませんか?!
口元に持っていく指や、話しながらもぞもぞと動かす足の指も長めです。ああ…、こういうのってあれですよ…すごく…野生的な魅力を感じます☆あひゃひゃ☆←すみませんストライクなので壊れてます
支柱は細いのに、その先は大きい、このアンバランスさ!でもこれが最高のバランスなんです~!可愛いですよ、ほんとにもう!「Lの魅力の一つはアンバランスである」とはずっと言ってきましたが、本当にそうなんですよ!(力説)
もっと言えば、脚は細いのにあのキック力。これも、アンバランスでありながらバランスの取れた魅力と言えます。

腕や脚はほっそりとして、手足は大きく野性的。
全体的に華奢なのに、必要なとこの骨はしっかりしてる。
とどめは、こんなに魅力的な体をしているのに、あのたまらない顔(笑)

目が~!クマが~!眉毛ねぇし!鼻が~!くちびるが!ほっぺのラインが~!あははは!!
もう、どうしようもねぇな可愛くて。


どうしようもなく終わります。すみません。


↓お知らせ記事があります↓

| 語ります | 22:22 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。